古いメディアを持ち上げて新しいメディアを落とす

ネット配信よりCDのように物体があったほうが良い。の前はな、CDなんてデジタルの冷たい音よりレコード(雑に言うと同じようにプラスチックに凹凸つけて記録してるのに)のほうが音に温かみがあるとかジャケットが大きいからよい(この良いは好きじゃなくて優れているの意)ってCDを否定してたんだよな。
ネットでテキスト通信を訝しんで電話だ。文章では気持ちが伝わらないと厳しい。その電話が良いという前は電話を否定して手紙だ。手書きの文字は温かみがある。多くの文豪は人の心を打つ文章をたくさん書いている。あれは冷たい文字列だったのか。
紙の本はそもそも小説なんか読んでるやつは不良だったのだ。書いてるなんて言ったら悪党だ。
本をめくったり紙の感触とか言う人は文字組み(書体じゃないよ)も気にしているのだろうか。聞いたことないよw
自分がついていけないメディアが出るのは悔しいのだろう。だからこのように言うのだと思う。
新しいメディアを何とかできないものかと頑張ってる人の前で切り捨てるように否定するのは人としてダメじゃないかなあ。
これからも新しいメディアが登場すればひとつ前のメディアを持ち上げながら新しいものを全否定するのだろう。
自分は出来るだけやらないようにしたい。