Cafe de BOSSを飲んだが、

Cafe de BOSS飲んだ。いちいち缶コーヒーの感想など書いても仕方がないんだが多分1回だけ書く。
何で買ったか?スーパーで安かったからだ。一つ38円(税別)。売れているから安いのではなかった、売れていないからだった。
パッケージは洒落ていていいなと思った。あ、いや、説明文が多いので洒落ている感じではないな。全体の色が良いが正しい感想だ。レイアウトは普通。

続きを読む

2020年7月6日のランチ。

今週はものすごい大雨。来週は晴れるといいね。月曜ランチはおなじみの岐阜県岐阜市伊奈波神社の近くのカフェレストラン ボーデン。

日替わりランチ。実はあんまり日替わってないんだけどw ボーデン入門ランチみたいなイメージかな。
3つのフライとそれぞれのオリジナルソースが特徴。

続きを読む

ロザリエッタのテイクアウトピザ。

パジェロの工場でおなじみの岐阜県坂祝町にあるイタリアン、ロザリエッタのテイクアウトピザのケース。
ケースにはオリジナルイラストのスタンプが押してあります。僕がもらったのは何も入っていなかった(どうせ描くだろうと思ったのか)ので絵を描きました。
まあぼんで描いているキャラクターのおにじぞうくんたちです。そう言えば逆さにしなくても良かったな。なんとなく逆さになっているのがいいと思ってしまった。

側面まで描いています。

中身のピザ。画質が適当になったね、すまん。

二種類あるのは二種類頂いたからです。
できるだけ早く食べるのがいいよ。

2020年6月29日のランチ。

チーズソースカツランチ。(本当はチーズソースカツ「定食」)以前にも解説はしたのでそちらを探してもらうとして

45年分の旨味が詰まったソースが何より。カツもちょうどよい厚さ。あ、これ、880円。

店はいつもの岐阜県岐阜市の伊奈波神社近くのボーデンだが、ここの味噌汁はインスタントじゃなく、だしを取っている。味噌の風味とサラッとした口当たりでソースカツを邪魔しない。
料理と見解内が割り箸の袋のデザインがなんとかならんだろうか。ここだけ和風なんだよ。味噌汁も和風だけどwこういうのって器を変えればかんたんに雰囲気変えられるし。

クリームたい焼きカスタード

また、ファミマのTwitterキャンペーンで当たったクリームたい焼きカスタード。

中身はカスタードがぎっしり入っています。ここはいいね。もちもち食感が売りのようですが、しっとりはしていまして、もちもちは少なめ。やはりジャンキーモンキー味。たい焼き型のケーキ?じゃないな、テキ屋で売ってるベビーカステラみたいなものにしっとりしてカスタードが詰まっている雰囲気。外側はベビーカステラと同じものじゃないよ、そういう雰囲気ってだけ。べったりした甘さもないし。たい焼きか!?と問われるとたい焼きではないね。焼けていない。
子供向けのお菓子は印象としてスイーツ感覚より駄菓子屋ののりがいいと思う。まぁ、成人女子に売れれば他は見た目を気にしないからね。これでいいんだろう。
文句ばっかりじゃん!でも食べないと文句言えないし。

famichiki 2020年6月25日。

ファミマのTwitterアカウントのキャンペーンに応募して当たった。
ファミチキ。
口当たりも味もジャンキーモンキー味。パッケージは考えられていていいなと思う。中学生か高校生が学校の帰りに食べると雰囲気あるよね。とか考えて作られたのかは知らない。

2020年6月26日のランチ。

外で仕事的なことがあり、時間の都合上終わってからの食事。自分としては食事は仕事の前が良いね。
で、カツカレー。カレーが池のようになっている。今から思えばここにサラダを投入すればよかった。カツがカレーを避けるようにご飯の上に乗っているのが残念だった。

ご飯もカツもカレーも全部バラバラに食べるならこれでいいけど、カツカレーライスなので、カツとカレーとライスを同時に食べたいと思います。思いませんか?3つ同時にだべることで美味しさが乗算されて美味しいと思うからカツカレーライズを頼んでいるのに別で食べてどうするんだと思います。
味は普通。

コーヒーはブレンド。高度成長期の昭和の雰囲気の味。あれだよ、コクがないのに味が濃い。ここのはコーヒーのクオリティを楽しむのでなく、時代の雰囲気を楽しくようなことじゃないかな。ただ、そろそろ単純に高齢者になるので純喫茶にいると本当に年寄りでしかないから注意したい。