展示用の看板作った。

ライブドローイングのときに描いた絵を展示していいよ、というか展示しなさいと言われたので渋々倉庫から絵を出してきたりポストカードを作ったのですが、暫定的でも看板があったほうが良いと思い、セリアで正方形の布キャンバスみたいなものがあったのでこれに絵を描いてなんとかならんかと思っていたら、本番の練習に切れ端になっていてたプラ段に描いてしまったので行き場がなくなったので自分用に描きました。当日までに完成できてなかったので、昨日仕上げました。大きさは良いと思って買ってきたんですが、中身がふかふかして、スポンジが入っているのかな?ジェッソ塗ってもその上から絵の具が染み込んでじんわり広がってしまう。細かく描きこむことがとてもやりづらく、ドローイングにかんたんに色を付けるなら良いとは思う。目的外使用的にみなしキャンバスにしたいならこれよりもMDF板がいいよ。

先にProcreateで下書き描いています。これを見て描いたはず。もう忘れた。見て描くのがめんどくさくて、適当に思い出して描いたかもしれん。

色はアクリル絵の具でドローイングは毎度の油性ペン。絵の具を重ねてはっきりしなくなった線にオーバードローイングしています。こう書くとかっこいいのでそうしています。単に線を上からなぞっているだけです。
あ、看板って言ってるのに名前を入れていないね。

油性ペンのドローイングにアクリル絵の具で彩色。

1月20日にライブドローイングをやりました。

1/20にパジェロの工場のある町、岐阜県坂祝町のロザリエッタというイタリアンでライブドローイングをやりましたよ。まーびんさんとまあぼんというユニットで初仕事です。一緒に描くのも初めてなので本当に初です。上の絵は看板兼練習。原案をまーびんさん、レイアウトを僕が描いて絵はまーびんさんが描きました。一緒に描くこともそうですが、本番のキャンバスにしているプラ段にジェッソで下地の練習でもあります。適当に切り出したまま描いてしまったので上が曲がって切れていますね。

続きを読む