OCTA ORCA DM M56

OCTA ORCAのデモバージョンのバリエーション。いつまで作るのか自分でも決めていないので続々出来ていきます。設定や他の絵は電子フリーペーパー北極大陸の第56号に載せました。

OCTA ORCAという名のロボットはこの映像に出てきます。

続きを読む

OCTA ORCA DM skunk

OCTA ORCA DMのバリエーションskunk。
毎度の自分で編集している電子フリーペーパー『北極大陸』の第55号に説明を掲載しています。

ポーズを付けてレイアウトするときはとりあえず絵を描いています。いくつか作っているので可動範囲はわかっているからこのように思ったようなポーズはとれないんだけど努力目標で。

OCTA ORCAという名のロボットはこの映像に出てきます。

続きを読む

刀のさし方。

OCTA ORCAに刀を持たせたいことが理由ではなく、刀と鎧兜について調べていたら刀の携帯の仕方が違っていたことを知った。知らなかったのは携帯方法が刀の種類によって違うことと刀の向きだ。太刀は帯取(簡単に言うと紐)で腰から吊るし、打刀は帯に差す。刃の向きは太刀が下向き、打刀が上向き。僕がやりたかったのは打刀のやり方だ。ロボットが携帯するので完全に同じにする必要はないが雰囲気作りしたいのだよ。
それで、違っていたのは刃の向き。下向きにしていたのだ。それぞれなぜこうなっているか理由は長くなることと、いまだ聞きかじった程度なので大して知らないからだ。ということで、レンダリングやり直し。

個展w用スケッチ

実際に展覧するかどうかはともかく、きちんと作品の形態をとったものを作りたいなと思っていて、そのスケッチ。そのへんにあった厚紙に油性のサインペンで描いてProcreateで塗り絵。

ビビリなので下書きしてから描きました。

慣れれば描けるようになると思う。このような感じの絵を描くかどうかは不明。多分面倒なのでこんな感じだろうと思っています。

ムーミンスーツ190617

OCTA ORCAの一部の形式のものをコントロールするために着る服。見た目がムーミンのようなので現場の関係者からムーミンスーツと呼ばれている。ことにしようと思ったが、せっかくなのでシュッとしたかっこいい体型が良かろうとおもって変更。

続きを読む

OCTA ORCA DM polar bear

OCTA ORCA DMのバリエーションpola bear。
詳細は僕が編集している電子フリーペーパー『北極大陸』第54号に載せています。
この絵は実物のイラストでありつつ、架空のプラモデルのボックスアートでもあります。毎度架空のと言わなくても実際に製造できればいいですね。

OCTA ORCAという名のロボットはこの映像に出てきます。

続きを読む

OCTA ORCA DM RACCOON

怪人も描きつつロボットも描いています。これのプラモの箱絵っぽいやつは作っていなかったので作成。解説は北極大陸の53号に書いたのでDLして読んでね。

毎度同じ映像なのはそろそろ気が引けてくる。今はこれが最近作なので仕方がないな。OCTA ORCAという名のロボットはこの映像に出てきます。で、今回描いたのはバリエーションの一つ。

続きを読む

OCTA ORCA DM M56 190320

OCTA ORCA DMの簡単カスタマイズはあんまり簡単じゃなくなってきているが、なにしろ色を変えるだけだったのな。オリジナルの武器とカラーリングの他に頭の飾りと方を形を変えている。で、肩の形を変えるのをよく忘れる。ある程度モデリングできたところで肩を忘れている事に気が付き、面倒になってから追加で作業することが多い。

とりあえず、これは日本刀的なものを持っているので甲冑みたいな感じにすることにした。黒いのは理由はあるけど、まだ書かない方向で。

日本刀はシンプルなので装飾は鞘くらいしか無いんだよな。かと言って唐草みたいなのも記号を割り当てているようであまり気乗りがしない。つばの部分はなにかできるんじゃないかと骸骨でなんとか。