鎌を持っているOCTA ORCAの制作中。

絵を完成形としているものなので、鎌をデザインするだけでは完成しません。
鎌を持たせます。持たせるOCRA ORCAもデザインをちょっとだけ変えています。色はかなり濃い青です。これ画像では色が分かりませんけど、黒いような青です。マークもつけています。これがやりたかったことでもあります。頭の角みたいなものも今回用に変えています。肩の青いブロックは元はレーザー砲で、小さなアームがついていて自由に動くことになっていましたが、このタイプのOCTA ORCAを機澤重工業(OCRA ORCAは架空の会社、機澤重工業製という設定です。)広報用のデモンストレーション用モデルということにして、アームを外しました。これがあると結構肩の動きに制限が出てしまうこともあります。
絵を描くことが目的なのでスケッチを描きます。鎌を掲げる様に持ったポーズにしたかったのですが、そうすると鎌の刃の部分がカメラから遠くになってしまい、それどころか殆どデザインの要素のない棒の部分ばかりが強調される残念な状態になってしまうので鎌を前に出すようにしました。このように柄の部分に両手を添わせるのはOCTA ORCAの形の都合上難しいので実際は現物合わせで調整しています。

そのうち北極大陸でメイキングなど載せる予定です。というか、実物を見れるように調整中。
下の映像は2018年6月に参加したグループ展で公開したOCTA ORCAの映像です。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

鎌を作っている。

OCTA ORCAの任意のバージョン用の武器、大鎌を作っています。リクエストには出来るだけ応えるために参考資料をさらっと見てデザインし、モデリングしつつ煮え切らない部分があったので細部をデザインし直し、これまでの傘や斧のパーツを流用しつつこんな調子。流用パーツは作業の省力化と同じような雰囲気を作ることに役立ちます。

手に持たせるとこんな具合。OCTA ORCAの色も調整してぼほ黒になりました。それでも青く感じるのは実際青いことと、おなかの明るい青色の印象が強い事に視覚が引っ張られてより青く見えているんだと思います。
ポーズをつけてイラストようにレンダリングしましょうかね。
下の映像は今年の六月ころに開催したグループ展で公開した映像。これに登場するOCTA ORCAの別バージョンを作っています。

続きを読む

大鎌のデザイン。

OCTA ORCAのための大鎌を考えています。リクエストもあったので改めて鎌と参考にしたいアニメのロボットの武装などを調べました。
日常生活で馴染みのあるものではなく、主にフィクションで見ることが殆どなので武器の印象が強いのですが、むしろ農機具としての草刈り用途が主なんですね。伸びきった雑草などをザクザク刈り進む感じです。
神話の登場人物が武器として持っているのは、農機具として実存しているものが別の用途として与えられているようですね。wikipediaによると神は大鎌で魂の収穫をするようです。人は神の生産物という発想なのでしょうか。この辺りは今探求することじゃないので追々。
僕はこういうのをデザインするときは思いのまま描きだすことができなくて、実際あった場合の使い勝手などを考えてまとめています。大きな特徴の二枚刃はリクエストで参考に挙げられたキャラクターの鎌が二枚刃だったからです。引用したのは二枚であることだけで大きさや角度などは自分で考えました。手前の幅広で小型の鎌で対象を引き裂き、後ろの長くて幅の狭い鎌で刈り取る仕組みです。刃が波打っているのは切りやすさです。刃が内側に反っているのも同様です。柄の部分は実物はS字に湾曲していることが多いようなのでそのように考えていましたが、機械的な雰囲気がいいかなと思ったので曲線を描いてからそれを単純化するように直線で結び、全体として湾曲しているようにしました。これも切りやすいように考えたからです。柄の部分がこのままだと短いのでOCTA ORCAと並べたバランスで延長することにしました。
緑の部分は電気か熱を刃に供給するパイプです。先にガンダムに登場するザクの武器、ヒートホークと同じ発想で駆動する設定なのです。どうやったら本当に切れるように見えるのか考えている割にはこの辺りの設定はなんだか凄そう見えるだけの完全なはったりです。
さて、モデリングしましょうか。

撮りに行った。

完全新作じゃないけど、3DCGを使って一つ作ろうと思って素材を撮影してきた。

地元なので馴染みのある光景とはいて、改めて作品作りの素材として見ると思ったような感じではなくて苦戦する。この信号の「ここから」という文字の書体が古いものでいい味を出している。

電線や電柱がかっこいいなと思ったが、合成するには位置関係の問題で電線が邪魔になって使えない。電柱が斜めに立っていて電線が蜘蛛の巣のように張り巡らされているのは面白いのに。絵として面白いことと社会として問題であることとは別なんだよね。

ハルピンって未だに使われている、のかどうかすら判別付かないが未だ存在するのがここがシャッター街になってしまった理由の一つじゃないかな。廃墟マニア感覚としてはいい味出しているだろうね。

続きを読む

GK White

GK Whiteとは何か。このロボットだ。少し前に作った短い映像(下に貼っておく)の続きに登場する予定の主人公の乗るロボットだ。この作品世界ではロボットは無人で自分で考えて動くが、これはサポートプログラムが搭載されているだけで人が乗り込んで動作する。市長たる主人公が失脚し、都市をある組織(ある組織と言っているのは隠したいからではなく、何かまだ考えていないからだ)に奪われてしまい、その状況を打開するために破壊されたGK-1(というのがすでにあるんだよ)を大幅に改造して建造された。という設定だ。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

これを3DCGにするか、そもそも思い付きを描き付けただけなのできちんとデザインするべきかは考えていない。全高6.1m。


to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】

OCTA ORCA

たまに貼らないと忘れちゃうねw 忘れないけどさ。
きちんと映像と言うか作品か出来たらよかったなあ。未だ展覧会ショックが強くはないが落としどころがないままになっているので、これを、さぁ!長編にしよう!とは思えないんだよな。ストーリーやプロットは考えるんだけど。

三本でひとまとめです。分かれているのはアップできる尺の都合です。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

OCTA ORCA KIZAWA DEMO

架空の名古屋市の迎撃機械、OCTA ORCAを開発した機澤重工業の自社宣伝用のOCTA ORCA。両肩のレーザー砲は偵察用のカメラやレーダーに置き換えられた偵察型をベースにしている。このOCTA OCRAもカメラなどは稼働できるようになっている。

設定などは自分で編集している電子フリーペーパー北極大陸第43号に書いている。

 

こういうのの出てくるアニメとプラモがあったらいいなと思って作っております。3Dプリンターでプリントしたらかっこいいだろうなーとか思ってはおりますが、思うのとか言うのは簡単なんですけどね。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

OCTA ORCA OST03


これはOCTA ORCAの本編の後ろにつけた機澤重工業(という架空の企業)のCM用音楽で、映像としてはピカピカのOCTA ORCAの出てくる冒頭のCM映像と対になるようにボロボロの機体と背後にプロトタイプがひっそり置かれています。曲は軽快且つまだ続きそうな感じがするようにしています。作曲どころか音楽の才能が全くなっくてもこのくらいは気を付けていますよw
これも15秒の映像なので音源も15秒しか作っていないです。

映像がないと物足りない感じが物凄くする三曲ですが、今回に限った話じゃなく、毎回絵があって成立するように作っております。これだけ切り取っても意味は無いものとはいえ、ナレーションや効果音など他の要素が入っていない状態もそれなりにアーカイブしときたかったので。

OCTA ORCA OST02


これはOCTA ORCAの本編(と言っても60秒以内)のサントラ。KIZAWA HAVY INDUSTREISって書いてあるけど、これは機澤重工業(という架空の企業)のCMじゃなかったな。そもそも単なる名古屋市名駅の風景をブレードランナー並みの死んだ未来の街にするのはどうしたらいいかと考えて、どんよりピカピカな音があったらいいんじゃないかと思って作ったのです。

これも映像が60秒弱なので60秒くらいしか作っていません。映像が最後まで尺と最後のシーンを決めかねていたのでフェードで終わることを前提にしています。