映像作りをしています。

友人が映画を作るというので、何がしか協力できたらと思うが、なんと!偶然にも!僕も映像つくってんすよw!
トレイラーとかまだないですけど、スケッチはちょいちょい載せております。犬のやつです。あー、曲はちょっと作ってるな。

友人の映画同様、僕も皆様に協力お願いしたい!
できればあなたの才能で!才能のない人はお金で!それもない人は見守ってくれw

ということで、プリプロしております。

猿鬼191011

続けてみている人にしかわからないがこれは完成形ではなく、考えている途中のスケッチを公開しているものです。

基本形態の量産型鬼猿がいて、これです。

続きを読む

SDOGS image 191011

こういう本当のスケッチなどは出さないものだが、できるだけ途中経過を公開したり残したりしておきたいので。アップロードしています。まぁ、たいして進んでおらんのだがな。

紙に鉛筆(0,9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

SDOGS sketchbook

普段はそのへんの上質紙(コピー用紙)に描いていまして、侍ドッグもそうしていたのですけど、整理していたら昔使っていた書き残しのあったり、まだ使っていないスケッチブックを発見したので専用にするために表紙に描きました。余った紙とか裏とかそんなので描いているので貧乏くさいどころか貧乏そのものでありまして、それもありますが、目の前にかる紙のすべてを絵で埋めたいが、総柄的に埋めるのは自分の思いと違うんだよね、ということで描いております。紙の質はスケッチブックよりそのへんの上質紙のほうが良いです。そろそろコンテ描いたほうがいいなあ。何がいるかわからないままだものな。
侍ドッグのデザインは毎度のように描くたびに違います。

紙に油性ペン。

SDOGS gun and swords

刀と銃をはっきり決めていなかったので描いてみた。侍ドッグの前期型と後期型でそれぞれ違う形にすることにしました。性能差はほぼなく、同じ弾を使うし、一々切れるものが違ったりはしない。

紙に鉛筆(0.9mm)のドロイングにProcreateで彩色。

SDOGS cast 191005

怪人同様、何度も描いていないと形を忘れるので描いています。

紙に鉛筆(0.9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

小さい紙に太いペンで描いたのでなんだか圧が強くなってしまっている。

紙に油性ペンのドロイングにProcreateで彩色。

SDOGS 対比図191004

登場する侍ドッグたちの大きさ対比図。ところがグランドラインを適当に描いてしまったので右上がりになっている。ヒデヨシよりノブナガが背が低いように見てしまう。一番低いのはヒデヨシ。
シンゲン、ドウサンはわかりやすいように彩度を上げている。
猿鬼もの大きさも確認したかったので一緒に描いた。顔が描かれていないのはただ紙が足りなかっただけ。

紙に鉛筆(0,9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

Knuckle Barrett 190925

ナックルバレットは侍ドッグの専用銃。中折式。木製部分はすごく硬い木で出来ている。腰の鎧にホルスターが重なるのはやっぱりかさばる感じがするので鎧をつけているジョイントで取り替える方式がスッキリするなあ。ホルスターは見かけだけでも多少鎧めいた雰囲気を出そうかな。

紙にシャープペンシル(0.9mm)にprocreateで彩色。

SDOGS shingen 190925

刀、ストライクソードの説明のために描いたshingen。銃も持っていることにしたらその銃はどうやって携帯するのか考えていなかったので、それも描いている。ただホルスターをつけただけです。そうすると鎧の上に銃とホルスターが乗るんだよね。銃を携帯するときはアーマー外すか。それならホルスターはベルトじゃなくて腿のアーマーをつけていたコネクタに付けたほうがいいな。shingenは紫から黒のグラデーション。

紙にシャープペンシル(0.9mm)にprocreateで彩色。