Procerateの塗りつぶし。

Procreate で選択範囲や線で囲まれた場所を塗り潰す事ができる。凄く便利に見える。しかし、境界線部分は色が届いていない。Photoshopなどだと境界線の色の範囲というか、どこまでの精度で塗り潰すか設定できるが、Procreate ではそういった設定が出来ないようで、結局手作業で塗らなくてはならないんだよ。下塗りでここをきちんとやっておくとアルファマスクを指定して色塗りするときにはみ出すことがないので境界の際の部分に神経質にならずに済むので勢いよく塗ることができます。

もしかしたら選択範囲をあらかじめ調整できるのかもしれない。ご存知の方がいらっしゃったら教えてほしい。

https://procreate.art/

https://itunes.apple.com/jp/app/procreate/id425073498?mt=8

Apple Pencilのごく小改造

一世代前のApple Pencil.なので同じような改良をされている人は多いと思う。新しくなったApple Pencilであっても、手で持つ部分が滑り止めも太さも何も考えられていないのでラバーグリップをつけた。買った時からつけたかったがラバーグリップだけはなかなか売ってないし、あっても微妙に高いのだ。そして一年ほど経って見かけたのがドン・キホーテのレジ付近で売っているボールペン。これのラバーグリップが使えました。ややApple Pencilが太いのできつめだがねじ込めば入ります。新しいApple Pencilの場合はラバーグリップを切り開いたら使えるんじゃないかな。あれはマグネットでiPadにくっつけて充電するからその部分だけクリアランスとる必要があるからね。
なんでドンキのボールペンかと問うならば、安いのだ。一本10円だった。別の店では38円だったんだよね。店舗によって価格が違うのか?まぁとにかく、ラバーグリップがいるときはドンキのボールペンだ。

Procreateについて、そんなに書くことがない。

iOSのペイントアプリ、Procerateを使っているが、そんなに書くことがない。自分の利用方法が大体確立しているし、あえて道具の限界を追求しようとも思わないので、不都合があればトラブルシューティングを書くくらい。それでもたまにProceretaで検索してくれる人もいるようなので、何か質問があれば答えてみたい。

アルファロックとマスクをクリップが今描いている怪人には便利くらいですかねぇ、独自の使い方としては。
前面のキャラクターだけ切り抜いているのでより重要な仕組みなのです。
みんなさらさら使いこなして絵を描いていて凄いなと思います。めっちゃしょんぼりしてる。

Procreate
https://itunes.apple.com/jp/app/procreate/id425073498?mt=8

https://procreate.art/