SKULL HOPPER 190220

スカルホッパー。だいぶ怪人をバンバンやっつけられる感じに見えるようになったかな。こいつはレッドヴァイパーのと共闘するが仲間ではないとか。腿のエナジーバルブ(これではマゼンタの丸)を描くの忘れた。人に変身するためのベルトをつけていて、レッドヴァイパーと同じ第三課開発の試作機。全身に点在するリキッドメタル(鎧みたいなもの)はレッドヴァイパーのものの前期型。脇にのある腕は切断していて、リキッドメタルで保護されている。武装がなかったので腕にナイフが出るようにしたが、どうやって出すか、刃の方向など全く考えずにいた。とりあえず手前に回転して出ることにする。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

OIL COCKROACH

ゴキブリ怪人。以前描いたときはたまに居眠りしながら描いてしまったり、体のパーツなどを考え無しに描いていたので他との整合性が取れていなかった。毎度の触角の位置がきちんと描けていないなあ。ゴキブリの写真を見て実物を思い出してみると、体表の色は黒ではなく、半透明の茶色が重なって黒く見えているので、結果として黒になるように半透明の茶色のほうを意識して描いた。それと表面が油っぽい感じになることも気にしている。それとゴキブリの顔は小さい。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

PULSE CICADA

蝉怪人。何度か描いてこれで完成にしたい。肩は以前描いたように横より下に向かって落ちているような感じがよかったかもな、これだと強そうに見える。超音波と手の高熱カッターが内蔵武器。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

LIGHTBREAKER 190215

LightBreakerを考えて描いた。このおっさんが変身する。うっかりベルトを描いてしまった。ベルト無しで変身する予定だった。まぁいいか。

おっさんを描きすぎてだれかわからないが、メガネのおっさんである。
とにかく悪いやつということで、軽い説明は以前に書いた。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

RENSANT

アリ怪人、これでFIX。いっぱい出てくる戦闘員。自我が極端に抑えられ、感情も消失している。人型の構造は維持しているがほぼ蟻の能力を拡大したもの。
目は機械化され、様々な波長の光を見ることができる。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

SLUSHMAN 190208

増えすぎた怪人を鎮圧するために自衛隊に組織された部隊の装備、SLUSH MAN。
以前描いたのはあんまりだったので描きなおした。鈍器にもなるサブマシンガンと超電撃棒を装備。若干のパワーアシスト機能とヘルメットには通信機能が満載している。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。