LEDVIPER 191002

同じ大きさの髪があったので描いているシリーズ。先に描いたときは寝ながら描いたので思ったように出来ませんでした。今度は寝ずに描けました。

紙に油性ペンのドローイングにProcreateで彩色。

ヘッダー用に描いてみたらあんまりよくなかった。線が太かったね。太いペンでも描き様なあるのでもうちょっと練習。

眠って描いたLEDVIPER

描いているうちに眠くなり、腕や腰はなんとなく覚えているが、脚は全く覚えておらず、気がついてたらこのように描かれていた。なんでこうなったか全くわからないが、一応なりにかけたので塗った。上にある1も謎だ。製造中の失敗作か自我のないクローンかそういう体裁で少し考えてみよう。

紙に油性ペンのドローイングにProcreateで彩色。

CLOUD SPIDER

CLOUD SPIDER 《クラウドスパイダー》は蜘蛛の怪人。スキズマに所属し、守備型リキッドメタルとオレンジ色のエナジーバルブも持つ。人型に変身できるベルトの存在を知り、第三課の試作型ベルトを盗んで一度は人型に変身して脱走するが、もともと変身する構造を持っていないためにすぐに怪人態へ戻り、一般社会で無理やり生きようとする。しかし、徐々に自我が喪失し、生存本能だけで人を襲うようになる。
深夜に人を襲撃するところをレッドヴァイパーに発見され一刀両断される。

紙にシャープペンシル(0,9mm)にprocreateで彩色。

knife starfish 190921

ヒトデの怪人。ヒトデナイフ。攻撃型のリキッドメタル、オレンジ色のエナジーバルブ。背中の棘から毒を出す。腕のナイフでの格闘も得意。シーヴァイパーの暗殺に登場し、苦しめるが返り討ちに合う。

紙にシャープペンシル(0.9mm)のドローイングにprocreateで彩色。

GILA LIZARD

GILA LIZARD《ギラ リザード》、ドクトカゲの怪人。ノコギリ状の刃を付けている。実際のドクトカゲはピンクのようなベージュのような色で斑になっていまして、そのままやると健康的に見えるので、できるだけ毒々しい感じに刷るために緑にしました。,
GENEXTLAB開発、リキッドメタルは攻撃型三角、エナジーバルブはオレンジ。ジェネクストの中では後半に開発され、全体のバランスも良いため複数体稼働している。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

ARMOR RHINO black

ARMOR RHINO black《アーマーライノ ブラック》 GENEXTLAB開発。リキッドメタルは全身、エナジーバルブはオレンジ。変身ベルトは第三課開発。ARMOR RHINO whiteの後継モデルで、攻撃力を優先した設計に変更されている。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

ARMOR RHINO white

ARMOR RHINO white《アーマーライノ ホワイト》 GENEXTLAB開発、リキッドメタルは全身、エナジーバルブはオレンジ。
初期に開発されたジェネクスト。リキッドメタルの研究開発の試作怪人で後にレッドヴァイパーにリキッドメタルを強制的に移植させられる。変身機能は人の自我を持っている。
以前描いたものが気に入っているが黒サイ怪人を作ってしまったので要素を分けたいと思って新たに描いた。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

LEDVIPER GREN ARM

LED VIPER GREN ARM《レッドヴァイパー グレンアーム》はスキズマ戦で最後に戦った敵によって腕が赤く染まった状態。これ以降通常変身でも腕が赤いままになっている。能力は特別変化はない。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

red newt

イモリ怪人。ずいぶん間が空いているので自分ですら作品設定を忘れているのでおさらいだ。

理由はわからないが日本は大きな災害なのか社会問題からか荒廃し、各地の都市部にしか人が住んでいない状態になり、アメリカ的な国の工場かカジノで経済が回っている状態になった。この二つは関連があり、工場とは様々な動植物と人を合成し、過酷な環境でも生存確率を上げる研究と、その成果物を作っていた。これにもう一つの目的があり、漫画的には大変わかりやすい兵器としての活用だ。この工場や研究所へ被験者などの供給源としてカジノが存在していたのだ。カジノに負けた客が工場へ送られる。大変子供じみているが実際あったら怖い状況だ。元々は研究所の支配力が強かったものの、次第にカジノの力が強くなり、気がついたときにはほぼすべてのこうじょうや研究所はカジノの支配者によって管理されてしまっていた。これに対抗する組織がアズールリングで、工場や研究所から脱走した被験者たちが集まって抵抗活動を展開している。それとは全く別に行動しているのがレッドヴァイパーやシーヴァイパー、スカルホッパーたちだ。彼らはそれぞれの理由でカジノや工場と戦っている。その彼らもアズールリングに知られるときが来る。

続きを読む