イカ怪人

イカを記憶スケッチした。足の数が描いているうちに分からなくなって一本描きたした。手や足など毎度のゆるい感じで描いてしまっているので若干の心残りはあるが、そもそも簡単なスケッチだったからな。

procreate(iOSアプリ)でドローイングと着色。

鎌を持っているOCTA ORCAの制作中。

絵を完成形としているものなので、鎌をデザインするだけでは完成しません。
鎌を持たせます。持たせるOCRA ORCAもデザインをちょっとだけ変えています。色はかなり濃い青です。これ画像では色が分かりませんけど、黒いような青です。マークもつけています。これがやりたかったことでもあります。頭の角みたいなものも今回用に変えています。肩の青いブロックは元はレーザー砲で、小さなアームがついていて自由に動くことになっていましたが、このタイプのOCTA ORCAを機澤重工業(OCRA ORCAは架空の会社、機澤重工業製という設定です。)広報用のデモンストレーション用モデルということにして、アームを外しました。これがあると結構肩の動きに制限が出てしまうこともあります。
絵を描くことが目的なのでスケッチを描きます。鎌を掲げる様に持ったポーズにしたかったのですが、そうすると鎌の刃の部分がカメラから遠くになってしまい、それどころか殆どデザインの要素のない棒の部分ばかりが強調される残念な状態になってしまうので鎌を前に出すようにしました。このように柄の部分に両手を添わせるのはOCTA ORCAの形の都合上難しいので実際は現物合わせで調整しています。

そのうち北極大陸でメイキングなど載せる予定です。というか、実物を見れるように調整中。
下の映像は2018年6月に参加したグループ展で公開したOCTA ORCAの映像です。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

鎌を作っている。

OCTA ORCAの任意のバージョン用の武器、大鎌を作っています。リクエストには出来るだけ応えるために参考資料をさらっと見てデザインし、モデリングしつつ煮え切らない部分があったので細部をデザインし直し、これまでの傘や斧のパーツを流用しつつこんな調子。流用パーツは作業の省力化と同じような雰囲気を作ることに役立ちます。

手に持たせるとこんな具合。OCTA ORCAの色も調整してぼほ黒になりました。それでも青く感じるのは実際青いことと、おなかの明るい青色の印象が強い事に視覚が引っ張られてより青く見えているんだと思います。
ポーズをつけてイラストようにレンダリングしましょうかね。
下の映像は今年の六月ころに開催したグループ展で公開した映像。これに登場するOCTA ORCAの別バージョンを作っています。

続きを読む

thunder cross 181205

サンダークロス。子どもの頃から、何故世の中にはサンタクロースをもじったサンダークロスというヒーローとか怪人を作らないのか不思議だったので描いたのは去年だと思ったら、トナカイとサンタを分けて怪人化しており、その後合成していたが思ていたのとは違うすっきりした感じか無かったので改めて描いた。しかし、サンタの怪人(なぜヒーローにしなかったのかはサンタの行動による)であってもトナカイの怪人である必要は全く無かったな。紅白の服を着ておっさんが利己主義的な正義で暴力を振るうだけでいいのだ。子供の欲しいと願うものを勝手に想像して他人の家に玄関以外の場所から侵入するのだ。こんなの悪党だよw
そういうことなのでなぜかゾンビのおっさんとサンタにこき使われたトナカイの合成怪人になったのだ。ついでにそりも合体してしまったので足にはそりがついている。斧は景気づけだが角はサンダークロスなので雷のような形になっている。体の模様は光の国のおっさんに似ているが紅白の体の模様と言えばやはりあのおっさんに敬意を表しようと思ってこうしている。頭頂部の角はサンタの帽子だ。
年末に子どものいる家に深夜に侵入し、悪いことをした子どもの首をはねます。子どもがいない家だった場合は悪いことをした人の首をはねます。
多分、サンダークロスという名前にしたロボットを描いてた気がする。割と去年やったことをすっかり忘れているなあ。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

LED VIPER 181205

レッドヴァイパーを記憶スケッチ。怪人を描くときにレッドヴァイパーもポーズを変えて描くようにしているのは、描かないと形を忘れてしまうからだ。上半身はそこそこ、腕と脚は分かっているようで全く忘れているし形自体を確定していない。そこは自由というものでもなく、ただ忘れているだけだ。
他の怪人にはない制御コアがあることで改造手術による拒絶反応や過剰な変異の抑制ができている。制御コアを複数内蔵して変異させることもできるようだ。という設定は今考えた。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

カブト怪人

カブトムシを記憶スケッチ。カブトはかなり馴染んでいるので描きやすい。虫より人に近い骨格や見た目なのは自我が殆ど普通の人と同じに調整してあるから。そして、こいつは所謂悪い組織である黒ノ城に対抗する組織に属している。サイ怪人の実験を踏まえて製造されたリキッドアーマーやレッドヴァイパーと同じ制御コアも組み込まれている。運動、思考能力共に発達しており、怪人の中では最強の部類に入る。制御コアに関してはバージョンが古いために一年程度で交換しなくてはならない。という設定。書きながら新たな設定ができてしまった。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

カミキリ怪人

カミキリムシを記憶スケッチ。今回は結構顔を見た。触覚をはっきり覚えていなかったので。あんまり見ると他とのバランスが悪くなるからね。
表向きにはカジノなどの擁するレジャー施設で通称黒ノ城と呼ばれる怪人の開発と製造を行う組織とそれに反抗する組織、それぞれに所属する怪人を一掃するために新たに作られた怪人。自我が極端に小さく、一定の命令によって行動する。人型への変身機能は無い。という設定。集団で行動するが、特定の命令がない限り戦闘は個別に行う。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

大鎌のデザイン。

OCTA ORCAのための大鎌を考えています。リクエストもあったので改めて鎌と参考にしたいアニメのロボットの武装などを調べました。
日常生活で馴染みのあるものではなく、主にフィクションで見ることが殆どなので武器の印象が強いのですが、むしろ農機具としての草刈り用途が主なんですね。伸びきった雑草などをザクザク刈り進む感じです。
神話の登場人物が武器として持っているのは、農機具として実存しているものが別の用途として与えられているようですね。wikipediaによると神は大鎌で魂の収穫をするようです。人は神の生産物という発想なのでしょうか。この辺りは今探求することじゃないので追々。
僕はこういうのをデザインするときは思いのまま描きだすことができなくて、実際あった場合の使い勝手などを考えてまとめています。大きな特徴の二枚刃はリクエストで参考に挙げられたキャラクターの鎌が二枚刃だったからです。引用したのは二枚であることだけで大きさや角度などは自分で考えました。手前の幅広で小型の鎌で対象を引き裂き、後ろの長くて幅の狭い鎌で刈り取る仕組みです。刃が波打っているのは切りやすさです。刃が内側に反っているのも同様です。柄の部分は実物はS字に湾曲していることが多いようなのでそのように考えていましたが、機械的な雰囲気がいいかなと思ったので曲線を描いてからそれを単純化するように直線で結び、全体として湾曲しているようにしました。これも切りやすいように考えたからです。柄の部分がこのままだと短いのでOCTA ORCAと並べたバランスで延長することにしました。
緑の部分は電気か熱を刃に供給するパイプです。先にガンダムに登場するザクの武器、ヒートホークと同じ発想で駆動する設定なのです。どうやったら本当に切れるように見えるのか考えている割にはこの辺りの設定はなんだか凄そう見えるだけの完全なはったりです。
さて、モデリングしましょうか。

LED VIPER 181126

レッドヴァイパーを記憶スケッチ。はしていなくて、結構以前描いた絵を見ている。腕と脚の謎のパイプを描きたい意識が強すぎて妙なディフォルメが強くなっている。怪人だけ描いていると主人公のはずのレッドヴァイパーを忘れてしまうので備忘録みたいなものです。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。