個展w用スケッチ

実際に展覧するかどうかはともかく、きちんと作品の形態をとったものを作りたいなと思っていて、そのスケッチ。そのへんにあった厚紙に油性のサインペンで描いてProcreateで塗り絵。

ビビリなので下書きしてから描きました。

慣れれば描けるようになると思う。このような感じの絵を描くかどうかは不明。多分面倒なのでこんな感じだろうと思っています。

ムーミンスーツ190617

OCTA ORCAの一部の形式のものをコントロールするために着る服。見た目がムーミンのようなので現場の関係者からムーミンスーツと呼ばれている。ことにしようと思ったが、せっかくなのでシュッとしたかっこいい体型が良かろうとおもって変更。

痩せた。手だけはそのまま。ムーミンみたいじゃなくなってもムーミンスーツと呼ばれている。

やや太っている体型にしたのはこちらの廃棄物処理班の防護服。
肩、肘、膝にスモークカラーのプラスチック製のプロテクターを付けている。背後から誰か識別できるように部隊番号と個人名を書き込んでいる。
ということで、打ち合わせばかりではなく、個展プレイ用のこともやっております。

OCTA ORCA DM polar bear

OCTA ORCA DMのバリエーションpola bear。
詳細は僕が編集している電子フリーペーパー『北極大陸』第54号に載せています。
この絵は実物のイラストでありつつ、架空のプラモデルのボックスアートでもあります。毎度架空のと言わなくても実際に製造できればいいですね。

OCTA ORCAという名のロボットはこの映像に出てきます。

続きを読む

SICKLE LADY BEETLE

クサリガマテントウ。縦に細長くなっちゃったな。腕の鎌は手首に当たるくらいのところから有線で飛び出す。リキッドメタルは攻撃型、エナジーバルブはオレンジ。スキズマの怪人。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

SEA URCHIN MAN

ウニ怪人。あまり考えずに描いてしまったので姿勢が良い。以前描いたときは球体に変形することを気にしていたが、FIX版は変形しない。ウニの中身がうねうね動きながら形を保っている。全身に点在する針の山は毒を出す。
エナジーパブルはオレンジ、リキッドメタルは守備型。変身機能はなく、漁港で人を襲ったり、黒ノ城へ連れ去っていたが、シーヴァイパーにばらばらにされる。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

KNUCKLE SNAPPING TURTLE

ナックルスナッピングタートル。カミツキガメの怪人。
もとの設定はタートルキャノンを改造した青い瓶怪人だった。
今回のきちんと描く版では違う種類のカメ怪人で、こちらは全長2mくらい。で人に返信する機能がある。ベルトは第三課開発。エナジーバルブはオレンジ。リキッドメタルは攻撃型。甲羅は体色に近い色だがリキッドメタルと同様の素材、また全面にも点在している。口から火球を吐く。人の自我があり、人として生きたかったが、組織によって強制的に変身させられレッドヴァイパーを戦う。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

TURTLE CANNON

カメ怪人のタートルキャノンはリクガメの合成人間。甲羅が開いて光弾を発射する。甲羅の素材はリキッドメタルと同じもの。他の怪人とは違いリキッドメタルが全身に点在する。リキッドメタルは守備型。エナジーバルブはオレンジ。
遊園地のぬいぐるみのバイトをしていたレッドヴァイパーと対決。甲羅をバイオエッジで削ぎ落とされて絶命する。全長は4mほどあり、質量を活かした打撃技が得意。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

撮影して録音して。

今週月曜日、2019年5月13日に撮影。予想以上に商店街のBGMが大きく、いくらなんでも使えないレベルだったので別日に録音だけやろうと決めて、

後で気がついたら昭和の映画を上映しているロイヤル劇場の一階だった。主におにぎりと飲み物などを作って売っているティダティダさん

http://tidatida.com/

これはロケハンで行ったときに買ったチャイ。

続きを読む