竜と春の樹

この前ライブドローイングした絵に色塗った。
そのままは塗りづらいので毎度の写真撮ってProcreateで塗っている。紙を繋いでいてその部分の始末が雑だったのであとから修正が面倒だった。

撮影して汚れなどを取った状態。この時点でA4までサイズダウンしている。

続きを読む

アニメオタクが描いたグラフィティ。

今回配布の電子フリーペーパー北極大陸第61号に載せたinktoberのトビラです。

全部色塗って簡単に説明描いたのにトビラを忘れていたのであとから書いたんです。これは油性ペンで描いていないです。全部Procreateじゃなくて、文字は先に油性ペンの四角いペン先の方で描いた。あ、やっぱりインクで描いてるね。紙に一旦描いて、それを修正しながらアウトラインを描き、色を塗ったのだった。
グラフィティにしたのは最近力を入れているふりをしている侍DOGSという企画のロゴタイプをグラフィティのようにしたくて練習していたことと、友人の企画の映画でアニメオタクと思われていた男が実は尖ったグラフィティを描いていたなる設定が出てきて、なんか偏ってるなあ、HIPHOP好きなやつでガンプラ作ってんのは普通じゃん、アニメ好きじゃん。と思ったので、それほどアニメに詳しくないがHIPHOPにも明るくないのでアニメオタクの体裁でサクッと描いてみた。ってこと。トラディショナルな書道より当然のように難しくない。ある意味誰でも完コピ可能。むしろきちんと法則性を文章化して誰でも描けるようなジャンルにしたほうがいいんじゃないかと思った。それはデザインのバリエーションを増やす一つとして。法則はないと言うかもしれない、しかしアルファベットより遥かに文字数の多い漢字ですら法則がある。その数が1万での1億でも法則であることは変わりない。
これに限らず、自分の傾倒する物事を崇高な位置づけにするのは虎の威を借る狐のようで僕は嫌いだ。

mini book template

随分前に手作りしていた未二本のテンプレートを作っていたのだった。
以前お試しで作った手描きミニ本を紛失してしまったのでスキャンした画像はないか探していたが、データ化しておらず、一期一会になってしまったのでせめてテンプレートくらい残していないか探したら出てきたのでこれ以上なくさないためにここからDLできるようにしておく。上の画像をクリックするとPDFフォーマットのテンプレートが表示されるのでDLしたらいいよ。多分イラレで開けられるようにしてあるし、そのままプリントして手書きしても良い。注意点は中央の切れ込みだ。これはカッターナイフで切らないといけない。折りと組方向に関しては下の画像を参考にしてね。

テンプレなど無くても折りさえわかっていれば、適当に紙を折ればいいのだが、写真やコンピューターで描いた絵などを入れたいならテンプレは必要だろうなと思った。

pumpking

鼻を描くのを忘れた。inktoberのお題同様に要素を全部まとめています。コウモリはちぎった紙が魔力で飛んでいる設定。
お菓子とイタズラのトレードは無視され、かぼちゃ頭がボロボロの刀を振り回して殺しに来る。

紙に鉛筆(0.9mmシャープ)のドローイングにProcreateで彩色。

inktober 31 RIPE

inktober 2019の31日目は最後のお題、RIPE。熟したとか。熟女が熟したバナナを持っているといういつもの意味をまとめたものにしようとしたが、熟女には見えないな。ということで、最後はまとめて描いてしまったのはヒマであっても月末は慌ただしいからだ。

紙に油性ペン

inktober 30 CATCH

正確にはキャッチしようとしているところ。30日目のinktober 2019のお題はCATCH。
キャッチを検索するとボールをとるところばかりが登場したのでボールをとるところにした。人は地面に立っていればいいのにボールと一緒に飛んでいる。

紙に油性ペン

inktober 29 INJURED

29日目のinktober 2019はINJUREDがお題。目を撃たれて倒れた兵士を思いついたので描いた。

その前に思いついたのは包帯をした人だったが、あんまり負傷した感じがしないと思ったので撃たれた直後にしたが、やっぱりかてみようと思って描いた。

紙に油性ペン