昨日、2020年4月1日のランチ

昨日は唐揚げ定食。セットメニューは味噌汁が続いたのでうどんを選んだ。
味噌汁はしじみらしき出汁が効いていて美味しいのだが、うどんもコシが強くて自分の好みには合っていて美味しく感じる。汁もおまけの域を越えた美味しさ。
お昼の定番中の定番の唐揚げも当然のように美味しい。どこでもついているレモンがないもの嬉しい。あれ本当に困るよねw。胡椒が添えられているものの、これはなくても全く問題なく満足できる。少し味を変えたいときに少しつけるといいね。他のハンバーグやカツと違うのは中身がめっちゃ熱いこと。外見からは全くわからないジューシーさと熱量。油断して食べる小籠包のようだ。衣部分は全く熱くなく、鶏肉の温度をずっと閉じ込めている。どこかで揚げ料理は蒸し料理と聞いたことがあるがそういう感覚だ。

毎度の料理に対してお皿に余裕が大きいので少なめに見えるものの、量も十分ある。

謎の美味しさというのはそろそろ失礼なコーヒー。コーヒー専門店でないのになんか違うレベルの感じ。

昨日2020年3月30日のランチ。

何だったっけ?和風ハンバーグ定食。あとで確認したら和風ジンジャーバーグ定食。ちょっとハンバーグに慣れてきているが、それにしても箸が曲がるくらい弾力が強いのは毎度だ。

続きを読む

設営とハンバーグ

先にハンバーグいっとこうか。2020年3月24日のこと。
現場仕事のランチにハンバーグをいただく。事情があって飲食物を見るのも仕事。食べるのはそうでもないが、注文しているし、昼なので食べないわけにも行かない。味も知りたいからね。
そのでてこのハンバーグは日替わりランチが理由なのかわからないが、お店のお試し感が強い。これでガッツリ食べて満足するコンセプトではないと思った。ステーキ専門店って運ばれてくるとものすごく出来たて、焼きたての音させてくるじゃん。今回もそうなんだけど、あれって、いつの間にかシュンとしてるよね。ジュージュー音立てる仕組みってあるのかな?僕はあれはどっちでもいい。美味しさの演出としては効果あるのはわかる。自分でも美味しい感じする。でも本当に美味しいこととは別だ。
雰囲気を楽しむことは食事の一つでも料理自体が美味しい事が前提で、そこ大切にしたくないかなあ。
ハンバーグは普通。飲食店を考えて食べた点では興味深かった。

続きを読む

2020年3月17日のランチ

ソースカツ定食。もう食べてると思ったらハンバーグ定食と勘違いしていた。あっちはデミグラスソース。こっちはソース。よくある醤油と一緒に並べられるあのソースではない。じゃ、何なんでしょうか、ソースとしか言いようがないソースです。ケチャップ的なものも入っているかな?比較的丸い味が多いここのソースの中では刺激がある。刺激とは辛い意味でなく、ケチャップのような酸味です。これがトンカツに合うのです。ハンバーグじゃないなあと思いました。肉の味がしっかりするカツでソースを掬うようにまとわせながら食べると毎度の如くちょうどよい量です。余るようならキャベツでさらえたら美味しいです。で、辛子は?とほぼ食べ終わったあとに気が付きました。飽きることはないけど途中で辛子を足しでアクセントを付けるのもいいね。味噌汁が出しが深くてこれだけでご飯がすすむくらいなのも毎度のこと。

コーヒーもあります。このコーヒー、メニューにはコーヒーとしか書いていなくて謎なんですけど、僕は美味しいと思って飲んでいます。

2020年3月13日のコーヒー

イレギュラーで今回はコーヒーではなく、焙茶珈琲。焙茶を焙煎したものらしい。あれ?焙茶って焙煎しているよね?なんだっけ?製法が違うな。まぁ珈琲っぽくしたもの。隣のサラダとサンドイッチはプラスアスファのセット。お昼はおにぎりを作っていたので食べすぎになってしまった。頼むつもり無かったのにね。うーむ。

2020年3月10日のランチ

おろしバーグ定食は和風ハンバーグの定食。ハンバーグに大根おろしとポン酢醤油のソースが掛かっている。毎回気になるのは各定食の付け合せの微妙な違いだ。さらだがあったりなかったり、と思ったが、このサラダはハンバーグの更に載せられなかったキャベツだな。他の定食も同じようにキャベツを別にしてもいいんじゃないか、単にめんどくさくね?という素人考えだが、それはともかく。
毎度味噌汁が美味しい。なにげに毎回味が違う。今回はしじみのだしが美味しい感じ。あくまでもそうそうだけど。よくある定食はメイン以外が完全におまけで適当なインスタントスープみたいな何となくいる感じなんですが、ここの店は定食部分も気になる美味しさだ。

じゃ、ハンバーグいってみよう。毎度のハリのある肉感の強いハンバーグですが、ソースに合わせてやや柔らかめになっている。食べるまでは、これまでのハンバーグとソースで十分なのであえて和風はいいんじゃないかと思っていました。多分一番予想を裏切るのはこのおろしバーグじゃないかな。おろしよりポン酢ソースが美味しい。味噌もそうだったけど、ポン酢そのものをかけているだけのような安易なものでなくて、ポン酢で作ったソースになっていて、大根おろしもポン酢ソースとうまい具合に合わさってハンバーグの美味しさを引き立てている。

違う相談

今日はいつもと違う相談。駅ビルのエクセルシオール。コーヒーは普通。
WiFiとコンセントが無料。

制作上の戦力増強と侍DOGSの相談。侍DOGSのほうはあんまり出来なかったけどアイデアがちょっと出たので良かった。あとは絵にするだけだ。ほんと、きちんと形にしないとな。

昨日2020年3月5日のランチ

あわせ味噌カツ定食。なにのどこが合わせかと問うならば、味噌が合わせ味噌です。本来味噌カツの味噌は赤味噌ですが、このお店のある岐阜、愛知県以外の方は赤味噌が苦手な方もいらっしゃいます。苦手なのに味噌をソースにしてカツにかける、あえて好きというほどではないが積極的に嫌いというものでもないカツだったのに単に嫌なものに早変わりです。目も当てられません。それを多少でも和らげ、地元の名物でもある味噌カツを楽しんでもらえないかという工夫がこのあわせ味噌かつなのです。赤味噌のときもこの店は味噌を緩く溶いたものがカツにかかっていることはなく、味噌を使ったソースがかけられている。あわせ味噌も同様だ。僕は赤味噌でも美味しくいただけるので感想は的確ではないと思うが、美味しい。お店の料理だから美味しいのは当たり前なのだけど、とんかつを美味しく食べるためのソースになっているんじゃないかなあ。僕はキャベツに少しつけるものも好きです。甘い味が苦手でもそれがいいと思える、食材に馴染んでいる感じがするよ。ドーン!てくる雑な強さがないソフトランディングする味。キャベツにつけるのは、いわゆるソースの量を適切にできないことがままあるからだ。少し足りないと思って足したら多かったとか。少しづつつければそういった失敗がないんだよ。味噌でありながら新たに作られたソースでもあって、味噌カツを食べ慣れている人にもいいんじゃないかなあ。

続きを読む