まあぼんの買い物。

今年最初のまあぼんの活動は買い物!毎度おなじみの30分押しのスケジュールでスタート、
買ったのはキャンバス一点ですけど、平木屋さんでなければこれを買えませんでした。キャンバスといえば Fサイズだけだと思っていましたからね。描きたいサイズそのままはないので、できるだけ近いものを選んでもらって、僕がケチくさいことを言って決定。今日は一枚でも今後は大量に必要なのです。

そのあとは食事。カレーの予定だったが、食後のコーヒーの店を下見しに行ったらランチもやっていたのでそのまま食事しました。
大昔に行ったことがあり、その時は本がいっぱいあって喫茶だけでできるだけ静かにしている感じの緊張感の高いお店だったと記憶していたのでコーヒーだけの予定だったのです。

それなのにやたらフレンドリーでむしろランチが中心。本は健在だった。まるで古書店のような趣。大きめのテレビがあったのは印象が違ったね。表示していたのは映画ではなく地上波でした。

注文したのはコロッケランチ。惣菜が満載でコロッケにたどりつくまえに割と満足していまいそう。ここもお味噌汁が美味しいです。

コーヒーを飲みつつ、少しまあぼんの相談をして次の場所へ。
まだ、まあぼんではお参りに行っていなかったので金神社《こがねじんじゃ》へ
今年も絵が描けますように。

セブンカフェのコーヒーが好き過ぎる。

なんだか凄くセブンイレブンのコーヒーが好きな人みたいになっている。事情があって二つ購入。コンビニコーヒーはその前に業界全体として失敗した感じ時になったドーナツから学んだのか、どこのコンビニでも低価格で美味しく飲める。(価格なりに美味しいのであってコンビニコーヒーこそ至高!じゃないよ。)

池田さんの展覧会を見に行ったよ!

岐阜県岐阜市にある、飲食店のキャラバンサライにて開催の池田朱美さんの作品展を見たよ。先にお店について言っておこう。個人的にはあんまり美味しくないお店と思っていました。た、です。過去形。かといって超絶に美味しいとか、極端なことでなく、誰かと話したり今回のように作品展を見たり、何気なく過ごすには良いのではないかと思いました。若い頃はとかく先鋭的になりがちで特殊かつ究極を目指しがちですが、普通を続けることを忘れてはいけないんだよね。岐阜のスタンダードなモーニングサービスを体験するにもいいんじゃないかな。コーヒーはおかわりが付いている。遠方の方は桜の咲く頃に行くと良いよ。

ということで池田さんの作品展。日中友好新聞に連載されていた干支をテーマにした漫画が12年で一周した記念のようで。漫画は掲載誌より大きなサイズで読めます。これは原画サイズなのかな。大凡A4版。漫画はこのくらいの大きさが満足度が高いね。絵も漫画もネットで見れるんですよ、でもオリジナルサイズで実際に見れるのは良いかな。絵としては意外と小さい。連載か12年かかっているのでレイアウトやタッチの変遷も見えて興味深い。物語としても充実していて、その場で読みふけってしまう。池田さんは絵も文字、レイアウトもとても上手い。漫画の人はレイアウトが弱く、イラストの人は年齢や喜怒哀楽を描写出来ていないことがたまにある。そういうのがなく、技巧を誇示するようにも描かずに絵が楽しいのだ。空間を使えるから、キャラクターが一人いるだけでもドラマがある。見ていて楽しくなる絵は本当に素晴らしいと思う。

個人的には絵を描く人は全員敵だと思っている心の狭さなのでムカついていますw。ミリペンで描くな!安くて簡単な画材で描かれたら、本当に上手い人じゃないか!とかね。期間が短いし、コロナ禍なので気軽には難しいけどお近くの方、うっかり近くに来てしまった方は見たら良いじゃないの。(1月17日まで)

セブンカフェ グアテマラブレンド。

セブンイレブンのセブンカフェ、グァテマラブレンド。

https://www.sej.co.jp/products/sevencafe.html

年始の最初の外食が自分の口に合わないものを避けるために無理やり飲んでいる。言うほど無理ではないが、青いカップのキリマンジャロに続いて気になっていたのだ。カップの色で差別化を作るのは良いね。次の色はどうするか知らんけど。キリマンジャロ以上に酸味を感じたよ。鼻にキンとくる刺激は無く、丸い酸味。蓋をしたままだと香りが遮断されるので美味しさが半減すると思っている。これは蓋を外して飲んだ方がよくないかな。ファミマは蓋を改良しているのでセブンイレブンもカップや蓋の開発をしたら良いのに。キリマンジャロの時は単純にレギュラーの上位版のような風味だったけど、グァテマラは方向をはっきりさせた特別版のような発想な気がする。特別とは素晴らしいという意味では無く、ただ別の種類程度の意味で。

2020年12月29日のコーヒー。

ロケ先で初のBLUE BLUEのコーヒー。機械を使ってマニュアルに従って入れてるようだったけど、そのオペレーションが完成されたものだからか、とてもコーヒーの風味が出ていて少し時間が経っても美味しく飲めた。事情があってすぐに飲めなかったのです。

お昼だったのですぐ近くのお好み焼き屋さんマサムラでテイクアウト。サクサクふっくらしてこれも少し時間が経っても美味しくいただけました。その場で食べたかったけど、留守番をしなくてはならなかったのです。

2020年12月26日の昼食。

お絵かきユニットまあぼんのお疲れさん会。会と言っても二人なのでこじんまりカレーを食べる。少食コンビなので少なめでもボリュームを感じる量があり、

まーぼんさんは残すw。比較的シェアするようにはしているが時節柄(COVID-19)控えつつ、食事後少し話してからコーヒーのお店へ移動。割と距離があったw

コーヒーはオリジナルブレンドで説明忘れちゃったけど昭和の喫茶店風味。浅煎りの現代的なのはよそでもあるからね。今の深煎りもいいんじゃないかと。

そろそろ写真を上手に撮るようにしたいとなw。ついつい説明用の撮影をしてしまう。
ハーフサイズケーキの三種盛り。アイスはおまけしていただきました。ありがとうございます!アイスが美味しいのよ。程々のコクが有るのが良かった。先のカレーがボリュームあったのでスッキリ食べられる。じゃぁ深煎コーヒーは何なのかと問うならば飲み物なのでそんなに関係ないのよ。問題は自分にあって、食事中から歯が浮いた感じになってとても食べづらかった。疲れだと思うが、数日後の仕事が思いやられるために気にしすぎたのだ。もう年なのでお金だけじゃなくて作っているものの意義もきちんと考えたい。お金で割り切れるなんで人生は良くないよ。
ということで、食事も美味しく、お店も良い雰囲気で、まあぼんの相談もできて終わってみれば有意義だった。

カレーはモンキースパイス

https://www.monkey-spice.com/

コーヒーとケーキはカフェ&バル ボタニコ

https://foodplace.jp/botanico/

2020年12月14日のコーヒー。

岐阜県岐阜市柳ヶ瀬のヴァンサンク。
器がマイセンかバカラで統一されてんじゃないか?聞いてこればよかった。コーヒーカップはもちろんだけど、水のコップが気になった。岐阜市の水は水道水そのままでも美味しいのだがそれが際立つようなものすごく薄いコップだったんだよね。

ブレンドコーヒーは香りがすっと入ってきてとても心地の良い飲み口。

マクドナルドのプレミアムローストコーヒー

朝っぱらから出かけたのでマックでコーヒー買った。
近くにマックがあったからなんだけど、意外と初めてでもないか、それでも意識して飲んだのは初めてだね。100円はコスパ良すぎると思う。きちんとコーヒーの香りも味もするし、選択肢にファミマがなくてマックがあればマック。
蓋は中身が熱いときはより熱く感じるタイプ。ファミマみたいに飲み口を大きくしてほしい。

2020年11月26日のコーヒー。

寂光院に行った帰りに寄った、百万弗。何年も前から知ってはいたが、店に行く機会はないまま通り過ぎていた。

あ、先にコーヒーについて書きます。薄いです。サラッとしたのみ口で風味がきちんとでている最近のコーヒーとかそういうんじゃないです。ただ薄いですw。しかしここでコーヒーのうんちく的な感じは違うと思いました。500円と高いし。そもそもメニューの殆どが500円。

続きを読む