後退翼について

何年かぶりにリツイートされたので読み返すとミスタイプがあったので書き直しました。(2019年5月10日)

飛行機は飛んでると翼の表面に衝撃波が発生するのです。これによって機体から気流が剥離して体勢が不安定になります。それを回避するために衝撃波の発生を出来るだけ遅くする。遅くする策として翼を薄くする、翼端を尖らせる、翼の長さを短くして縦横比を小さくする。羽を前後に角度をつける。などがある。羽の前後に角度をつける方法が飛行機の規模が違っても一般的に取られている方法。翼端を尖らせることは昔からやられていて、羽が先端に向かって細くなっている。つまりテーパーがついているのだ。レシプロ戦闘機などでは羽に後退角ではなく、心持ち前進翼のように前に向かって角度がつけられている。前進翼か後退翼のどちらも同じ効果がある模様。

で、後退翼。翼の周囲の空気の流れを飛行速度より遅くする。後退角を付けると同じ厚さの直線翼より翼弦が長くなり翼厚比が薄くなる。翼端の境界層が厚くなり翼端の失速が起こりやすいので失速を抑制するために翼端を曲げたり、太くしたりする。羽自体をそのまま太くすることはなくて、翼端に増槽をつけることで達成している。近年というほど新しくなくなったF-16などの翼端にミサイルを取り付けているあれも似た感じの効果を出している。ミサイルじゃなくてミサイルランチャー部分だと思うけど。旅客機などは翼端を曲げていることが多いね。もう一つ失速を抑えるのは境界層板だ。羽の上面に進行方向に向かって薄い板を取り付けたもの。境界層板は主翼の上以外でもエアインテイクと胴体の間にも取り付けられることがある。F-4などがよく見かける例だ。主翼にきり欠きや前面部分の一部をずらしたりしても似たような効果がある。

てなことで、後退翼が実用化された当時は直線翼の戦闘機を後退翼に変えるだけで性能が上がることもあった。しかし斜めになった板を片持ちで二枚も保持しなければならないのは構造上難しかったようで、後退角にすること事態が大きな仕事だったようだ。この後退翼を突き詰めると延長上にデルタ翼があることが分かる。

F-95J

f95j1_card1600480
F-95J/2を作ったので、その前期型も作った。単なる色替えじゃなく、きちんと形も変更している。主翼が短くなり、境界層版も無くなった。AMR-1のためのパイロンも外している。外すのはただ外せばいいのでたいした作業じゃないけど、主翼を短くするのはテーパーと上反角がついているので面倒くさいのだった。
変えていないのはむしろコーションデータで、F-95J/2のままだ。機体番号と部隊マークは変えましたよ。部隊マークは仕事で作っていた部隊マークデカールの没になったデザインをそのまま引用しています。60年代の航自でこのような部隊名に直接関係しないマークは一般的じゃないのだけど、とりあえず無いと寂しいので貼ってあります。
こういうバリエーションものを作ってみたかったが、ここで出来るとは思わなかった。マーキングや武装の違いなど少しずつ違うものや同じものでも大量にあるだけで、面白さが出てくる。
このF-95Jは、戦え!宇宙キッド 機械恐竜現る!には登場しません。

次、行ってみよう!

予習に宇宙キッドの全話あらすじと敵メカ怪獣を3DCGイラストの載った宇宙キッド 怪獣図鑑をどうぞ。
アマゾンKDPにて全三巻、各巻200円で発売中。

F-95J/2 RAPIER

f95j2_card1600640
架空のTVアニメ、宇宙キッドをせめて架空じゃないアニメにする企画、戦え!宇宙キッド 機械恐竜現る!に登場する、航空自衛隊の迎撃機。当然のように架空戦闘機です。
現存するものを作ることも大切なんだけど、オリジナル戦闘機を作っておくと後々都合がよいのだよ。
面倒くさい設定としてF-95という戦闘機があって、その自衛隊仕様がF-95Jで、さらに後期型がF-95J/2と言いまして、さらに対怪獣仕様に改造したものが今回のF-95J/2です。現地改修なので正式番号はありません。外見上の違いは対怪獣ロケット弾(ミサイルじゃないよ)のAMR-1の装備です。
続きを読む

F95J途中経過

やっと完成間近のF95J。
IMG_9895

AMR-1を装備した。対怪獣仕様。F95が迷彩でロケット弾が青くてバランスが悪いのは、戦時中のな残りの戦闘機と戦争用ではないロケット弾の目的の差を表している。が、劇中では取り立てて説明されない。そもそも台詞が無い予定なので。 続きを読む

F95Jとアイアンエイリアンの途中経過

モデリングと色塗り。アイアンエイリアンは架空のTV版よりデザインをちょっと変更した。塗装はローゼンジーパターンを参考にしてみたが、あんまり効果は無いかな。色をはっきり変えればいいのだろうね。
IMG_9875

F95J。UVマップをちょいちょい失敗しつつ、ぺたぺた迷彩を塗る。
IMG_9874
続きを読む

F-95Jとディーゼル機関車の途中経過。

いつまで作ってんだのF-95Jはコクピットとキャノピー、機銃周りを作り込み。込むまではいってないなあ。特殊なことはなにもなく参考写真と見つつ、見た目で恰好つくくらいに四角ポリゴンを刻んでいます。
IMG_9787

ディーゼル機関車もF-95Jがマンネリになるのをふせぐために作っています。幅が広いかな。台車が分からんので資料収集中。劇中では殆ど見えないので雰囲気が出てればいいのだけど、きちんと知ってていい加減に作りたいんだよね。 続きを読む

F-95J途中経過

IMG_9766
架空のTVアニメの宇宙キッドをせめて架空のTV番組にする企画、「戦え!宇宙キッド 機械恐竜現る!」の映像に登場する戦闘機F-95Jのモデリング中。
全体の形は出来たので細部の作り込みをしています。ポリゴンを割っていくのがなかなか出来なくて進捗状況は大変ゆっくりしたものですな。慣れてくると結構バンバン分割できるようになってきた。つまり、ポリゴンを増やして制御できなくなるのが怖いのだよ。ビビリなんでね。それとブーリアンが嫌いであんまり使いたくない。しかし自分の気分を優先していては作れないので、折り合いをつけてビシビシ、ブーリアンしていく。ここでも3rd PowersのプラグインBoolean Toolを利用している。標準のブーリアンでも同じことが出来るだろうけど、実行スピードが早い気がすること、精度の点で秀でていると思っている。正直、気分の問題があるかもしれない。あ、元のポリゴンを少なめでブーリアンすればいいのか。でもエッジなどだるくなりそうだなあ。ポリゴン多いとアニメーションつけたときとかウチのマシンパワーでは辛いんだよね。

と困りつつ、ちまちま作業中。コクピット周辺と機銃回り、エアブレーキを作るよ。

こつこつ作るF-95J

IMG_9728
フラップなどを分割している。これをやると単純な形でも質感が出てきてる気がする。単純な作業だが思った以上に面倒くさい。車などモデリングしてる人は凄いなと思ったよ。

列車も作ってる。 続きを読む