ライブドローイング用のドテドンなどのスケッチ

確か以前にアップしていた気がするが何描こうかしらんとその場で考えるのは時間も無駄なので先にA3程度の紙に描いていました。大きな絵や絵を描くための全体や部分を描いたりするのは特別なことではありません。普通です。
そのまま捨てちゃうのも何なので塗りました。

メカギドリも描いています。こちらこそ描き慣れていないのでこのようなミニスケッチが必要でした。機械部分など描くたびに形が違っています。

実際に描いた絵に色付けたのは北極大陸に掲載予定です。

油性ペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で着色。

DOTEDON Tシャツ売ってます。

ドテドンのTシャツ販売します。ボディカラーは白です。他の色も選べますが白が良いですよ。

背景を白でデザインしているので白いボディが合うと思う。サイズは豊富に揃っていてXXXLもあります。公式のタグだと表示されないので下記のURLからお買い求めください。

https://suzuri.jp/murbo/1423845/t-shirt/s/white

以下は貼ってみて馴染みがよさそうだったのでラインナップしてます。

続きを読む

ライブドローイングで感想

2018年11月3日に岐阜県各務原市の学びの森で開催のマーケット日和にドテ丼と焼き鳥のブースで参加してきましたよ。僕は絵になってる部分を担当しました。
上のバナーとか下のバナーとか、ライブドローイングです。
上のバナーは背景になっている文章も考えたよ。電子フリーペーパー北極大陸第48号に全文載せました。

下は今回ドテドンに肩書みたいなガンダムだと機動戦士みたいなものを考えました。THE WICKED EATER DOTEDONです。悪党を喰うドテドンです。最初は下のバナーを忘れられていました。

続きを読む

丁シャツが届いていた。

11/3のイベントに用立てていたのに住所の記述ミスなどでイベントの次の日に到着するずっこけぶりにしょんぼりして昨日は開封しなかったのです。そのままにするのも何だし、寝間着でいいかと思って開けて見ると、思ったより出来ているんじゃないかと自画自賛。どこにも出さずに自分用なのもしょんぼりを増幅させるので販売しようと思います。絵の大きさや位置がほんの少し変わるかもしれませんが、販売方法など決まったらお知らせします。

ドテドン冷マ

主に水道修理サービスの広告マグネット(通称冷マ)を水に漬けると印刷部分がはがれます。その後、インクジェットプリンターでプリントした絵を貼りました。水に漬けるのは3日くらいです。気長に待ちましょう。
貼るのは一般的な汎用接着材です。これで一応やりたいことはできているのですけど、表面が普通の紙なので触っているうちに手あかなどで汚れます。水がついてもインクが流れてしまいます。そこで表面処理です。木工ボンドを塗っています。向かって右のドテドンは塗るのを失敗しています。マグネットシートが他より薄かったことと、木工ボンドを厚く塗りすぎてしまったことが原因です。木工ボンドは薄めずにそのまま塗ります。道具は幅の広いへらとかペイントナイフなど使うと比較的綺麗に塗れます。塗ったら触らずに一日放置です。乾燥するまで白濁したり何となくインクが溶けているような色になっても気にせず触らずです。透明になっても触ってべたつく場合はまだ乾燥していません。さらに放置しましょう。多分クリアスプレーを吹いても同じ効果は得られます。なのに木工ボンドはなのは奇をてらっていることと、マグネットをボードからはがしたりなど変形させるときに一緒に曲がってくれるのです。失敗が続いたり、そのせいで素材にしている冷マが無くなったこともあり、暫く作ることはありませんが、また冷マがたまったら作成しようと思ってます。

あ、下のドテドンは去年作ったものです。これも冷マが貼り付けてあるので鉄板にくっつきます。

ドテドン対ガストパンプキン

やる気が出ないので描いてしまったドテドン対ガストパンプキン。
こういう話が見たい人はリクエストください。500くらいあれば何かすると思います。

このようにざっくり描いていたものを描き直しています。

Ghost Pumpkin

ハロウィン的なものが一切ないので考えた。ハロウィンてお化けとカボチャ(ランタンなのは知ってますが、見た目の比率で多いのはカボチャなので)くらいしかキャラクターはいないし、色もオレンジ、紫、黒と白があれば大体何とかなるが、何とかなってしまうためにバリエーションが作れない。作ると普通になってしまうし、意味がずれてしまう、そしてどこでも誰でも同じになってしまうのだ。もちろんハロウィンというものを忍視させるためには誰が作っても何を作っても同じに見えることは最も強まる正義であるが、面倒なのでくっつけました。
くっつけるには要素が少なかったw
幽霊は足をつけると幽霊に見えずらいので足がないデザインにすると移動が難しいので羽を付けた。
巨大には見えないが20mくらいの大型怪獣なのですよ。ハロウィンで大人はいつまでたっても子供にお菓子を上げるし、大人は子供でもないのに仮装して楽しんでいるので、ハロウィンの幽霊(ってなんだよw)の怒りが頂点に達して巨大な実体になって出現したのがこいつ。と言う設定。
これに対して地球の悪霊や怒りに反応するドテドンが復活し討伐に向かう、ドテドン対ゴーストパンプキン。
まぁ、適当にそのうちに。

ドテドン制作中

忘れていませんよ、ドテドン。顔だけ見ると完成しているように見えますね。全然ですけど。

making18081602

口の中も作っています。

making18081501

メカギドリも進行中。ややこしくて何をしているか分からなくなる形。

mxd15sec01_fix180804 from murbozero on Vimeo.