making of dotedon 200203

トゲをつけると出来ている感じがするが全く完成までは遠い。
円柱状の部分は本体同様にスタイロフォームが入っています。トゲは粘土の無垢です。チネッて作ります。くっつけるのは水を筆で塗って貼り付けます。
腕と脚はまだ作っていないです。

粘土は紙粘土、商品名LaDollです。オシャレ感覚甚だしいですけど紙粘土です。もともと彫塑用で木目が細かい粘土でしたが、年々精度が上がっているように感じるのは気のせいかもしれません。僕は専業ではないのでこの量を使い切れずに半分以上袋のままで硬化させてしまうことが殆どでした。しかし何年か前にブログにも書きましたが、インスタントコーヒーの瓶に入れたら乾燥を塞げるんじゃないかという疑問と予測が当たりまして、多分一年以上、この瓶に入れたまま放置していても硬化していませんでした。インスタントコーヒーの瓶は気密性に超優れています。
もう一つ、石粉粘土を同様にインスタントコーヒー瓶に入れていまして、そちらはちょっと微妙で、口の近くは若干硬化しているんですよ。多分蓋のしめ方が悪いとか中の袋の口が少し空いていったとか簡単に言うと凡ミスが理由だと思います。

ドテドンをつくる。200125

顔面だけのハズが全身あるね。もうひと回り小さくしたい。以前途中まで作った怪獣を作り直しているのでスタイロフォームをツギハギしています。それに使っている木工ボンドがセリアの安物だったからか乾燥がめちゃくちゃ遅く、本当に24時間かかるw
まぁ、ヒマ見てちまちま作ります。やっぱり怪獣は大きさ問わず立体物があったほうが良いからね。

ドテドン191202

描くたびに形が変わるドテドン。これも竜と春の樹と同じ日にライブドローイングしたものにProcreateで塗った。

このように画面を掃除して線画だけにして塗ります。
油性ペンで描いた時はA0かな?それくらいを撮影してA4で仕上げています。仕上げって言っても塗ってるだけです。

続きを読む

ドテドンTシャツを売っています。

なんで急にドテドンのTシャツを売りだしたかと言うなら、今季はドテドン(丼の方)は登場しないのです。作ってる人の近場でサクッと出店があるかもしれないけど、二年連続のおなじみの場所には現れません。次回があるかどうかも不明ですし、そもそも仕事ではなく同人料理とでも言う状態におまけのようにくっついているのが怪獣の方のドテドンなので本体が危うければおまけも相当危ういのです。ならば自由の効く範囲でお披露目できるものをと思ったのがTシャツです。シャツじゃなくてもいいのにシャツなのは以前に出したり引っ込めたりしていたからです。今度は引っ込めません。もうあれこれ揶揄してこないでくださいねw 気持ちの上では500円くらいでワンシーズンどころか二、三回着れる程度のノリを考えているものの、そこそこ持っちゃう体裁にならざるを得ず。この単価だとフィギュア作れちゃうよなとか余計なことを考えてしまう。そんなこんなでドテドンTシャツを売ってます。

MECHAGIDORI Tshirt typo01

ドテドンのライバル怪獣メカギドリのタイポグラフィTシャツ。ドテドンのディフォルメと対になるようにデザインしたのです。文字の筆の跡はお互いに赤と黒が反転しているデザインになっているのです。

https://suzuri.jp/murbo/2199825/t-shirt/s/white

DOTEDON Tshirt typo 01

タイポグラフィが優先している名称だけど、文字の前にある丸いディフォルメしたフォテドンを活用したく、このデザインにしました。

https://suzuri.jp/murbo/2199817/t-shirt/s/white

DOTEDON Tshirt 01

紆余曲折しましたが今度こそきちんと作ります、ドテドンTシャツ。きちんとしてもオンデマンドショップですけどねw そのあたりはハンドメイドってことで、売れてこればマスプロダクツ的に本当にきちんとしたのになるでしょう。
デザインは変わりませんが三角マークのDANGER DOTEDONです。

上のTシャツ画像から購入できます。が、もしかして表示されないとかリンクが切れる場合があるので文字のリンクも張っておきます。

https://suzuri.jp/murbo/2199813/t-shirt/s/white