Gフレーム版ドムを塗装している。3

久しぶりにGフレーム版のドムの塗装の続き。水色の部分を全面に延長してモノアイの枠を黄色、マークを書き込みました。黄色が全然乗らなくて困りました。そもそも黄色が固くて水に溶けづらいところから困っていました。画材はアクリル絵の具です。全部アクリル絵の具でもなくて、広い面積はアクリル塗料も使っています。苦戦した黄色の乾燥を待って、ゲルググも塗っています。こちらはまだ全体の迷彩です。とりあえず緑を塗る場所だけじゃんじゃん塗っています。エッジなどの仕上げは後日。

Gフレーム版ドムを塗装している。2

日曜日は休みにするために休んでいる感じは何かと考えてプラモだ、プラモを作れば休んでいる感じが出るんじゃないかと、途中だったGフレーム版のドムを塗装する。
先に塗ったアクリル塗料のベージュをアクリル絵の具で再現できずに試行錯誤で時間食ってしまった。基本色だけで色を作るのはコツがいる。
広がっているパーツはGフレーム版のゲルググ。そう言えばガンプラ1/100はザクを先行してドムとゲルググがリリースされたんだよね。足の裏のオリジナルディティールが謎だった。謎なのはなぜディティールを入れたのかで、デザイン自体は良いと思った。

Gフレーム版ドムを塗装している。1

ザクやガンダムの失敗を糧に一旦ばらして外装だけ塗装しています。可動フレームは塗装しないです。カリカリに乾いた感じのつや消しなので見えていなかったディティールが浮き彫りになりました。慌てず乾燥させてから塗装を進めます。次は明細の茶色か緑を塗ります。隣はアニマギアのGALEO STRIKER。青色が余っていると思いこんでいたのでメタリックブルーとかロイヤルブルーで塗り始めたのにすでに固まり始めていたのでもたもたの硬さのまま塗ってしまってあまりいい感じじゃない。ロイヤルブルーで一応塗りきりました。ここからアクリル絵の具でタッチをつけようかと思っています。

台座の切り出し。

市販の台座を使うことばかり考えていたが、最近は完成品に合わせて木の板を切ればいいことを思いついて、板もあることだし地道にカットしている。仕上げが若干微妙ではある。それよりも完成品に自分で合わせた大きさで作ることができることが満足感を上げてくれると思っている。今回はとりあえず切り出しただけで仕上げは後日。
写真は作業台。たまたま自宅にあったものだが古いことと、DIY用なので使い勝手としては複雑な形の作業台以上の機能に期待できない。地べたに座り込んで作業するよりはうんとマシなのでよいことにする。

昔のガレキのザクを塗ってる。3

バンダイ製ガレージキット、ザクを塗装しつつ、食玩アニマギアのデュアライズカブトも塗装。設定どおりに塗るもの癪なので本当の兜みたいに黒っぽい茶色で塗ろうとしたがそれだと形が殆どわからなくなるのでこの前モゲラを塗った時にカッパーがいい味出していたのでカッパーで塗った。設定を見ずに塗ったので光る設定部分もカッパーで塗っている。内部フレームは無塗装。これはGフレームで可動部分を塗って樹脂が弱くなってもげる失敗をしたのでそのままにしている。
あ、ザクはまだ途中。パイプとモノアイ、四肢を接着するのに手間がかかってしまった。この時代のガレージキットはメーカー製でもまだ精度が低く、隙間もずれも多い。武器も塗ったのだけど、手は開きになっているので持てない。あと少しで完成だ。