11/3のイベントの下見

気になったので会場の下見に行ってきました。行ったらお気に入りの帽子を紛失しました。モチベーションがダダ下がりです。さらに当日着ようとデザインしたTシャツが間に合わないことが分かり、がっかりが連続してしまいました。もうしょんぼりするしかありません。
それではどんな場所か説明しましょう。住所は岐阜県各務原市の学びの森です。11/3は10:00から16:00までこの場所、ブースナンバーはA-12で怪獣ドテドンなどを描いています。ブースのメインはドテ丼と焼き鳥なので是非食べに来てもらえるとよいなと思っています。
時計とこれではわかりづらいですが木があります。木ばかりが写っているように見えるものの、ほとんどは竹林です。木は手前の一本だけです。この辺りにドテ丼と焼き鳥の店を出します。

181030006

背後は崖です。落ちても怪我はしませんが実際見ると奈落の感じが凄くします。

続きを読む

活け花展へ行ってきた。

貰ったチケットの期限が間近だから今すぐ行こうと母に言われて同行した。これだと単なる親について行っているだけなので説明すると、一応池坊の師範でかつては活け花を教えていたのです。僕もちょっとだけ教えてもらいました。という前提で地元の活け花組合みたいな感じの集まりの活け花展覧会へ行ったのですね。活け花組合というとダサいにも程がありますが、地元にある活け花の流派が殆ど集まっているようでした。
写真は受付で聞いたら撮ってよいと言われたのでメモとして撮りました。

181029007
続きを読む

蝶怪人

蛾の怪人は描いていた気がするのでそのままではなく、羽根の位置をちょっと考えた。
青色は調べたら青色の羽根の蝶が多かったからだ。共通パーツのリキッドメタルとエナジーバルブを殆ど入れないままだった。
英語ではbutterfly manになってますが、manは単に人という意味で使っています。特定の性を指して云々とか言うんじゃないです。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

ゴキブリ怪人

久しぶりの昆虫怪人なのでどうやって良いかわからなくなっていました。とりあえず腕4本は気にしていたのですが、リキッドメタル(と言う名前の金属パーツ)とエナジーバルブ(という名称にしたオレンジの丸いやつ)の配置がもやっとしたままだ。その上、寝ぼけて描いていたのであちこち書損じがある。ヌルっとした艶も出すべきだったなあ。ゴキブリが嫌いな人が無言でウィンドウを閉じる。そこまで描かないとな。そのうち描き直すのでその時にちゃんとしようと思います。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

GIGA BYTE ROBO

バイトメン五人が合体して巨大化したスーパーロボ。としてふわっと描いてみたら全くロボ感が無いのでそのうちロボ感を出したのを描くんじゃないかな。
当初、ギガバイトマンとしようとしていたが、そんなことだからメカニックな感じを出せていないんだね。そしてギガバイトなんとかだとマザーボードなどのメーカーと同じ名前になってしまうのでそもそも考え直さないといけないな。

procreate(iOSアプリ)でドローイングと着色。

SEA VIPER 181027

シーヴァイパーを記憶スケッチ。先にウミヘビ怪人を描いて屁理屈の設定を考えていまして、レッドヴァイパーの水中戦闘版ということにして、もうちょっと変身機能とか自我があって、なんでか知らんけど組織から離れた位置にいて、組織や國などの騒動からも遠く、漁村とか離れ島とかで漁場の守り神みたいに悪い奴を人知れず粛清している。陸上ではレッドヴァイパーと同等の戦闘能力を持ち水中では圧倒的に秀でている。フォームチェンジしなくてもレッドヴァイパーよりは遅いが高速移動もできる。あとどうしましょうか、全体的にはレッドヴァイパーより強いのですが、色々あって戦意が希薄なので負けるってことでしょうか。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

三人のバイトメン

残りの三人も描いてしまいました。一応五人集合できるように合わせたポーズなどにしていますが、感で描いているのでぴったり合わないだろうな。

procreate(iOSアプリ)でドローイングと着色。

バイトメンの赤と青

毎回形を忘れて適当に描いているのできちんと定まった形を描いておこうと思って最初は赤い奴でだけのつもりでしたが、隙間を埋めたいと思い、青い奴も描きました。まぁ、描いてもその後バイトメンのイラストとか漫画とか描くわけでもないので無駄作業なのです。だがしかし、ネタで戦隊を使いたいときなど、東映の本物が使えない、かといってクソダサい戦隊ヒーローをバカにしたようなデザインにもなっていないようなのを使わなければならない時などに活用出来たらと鼻毛ほども無いチャンスのためでもあります。

続きを読む