バイトメンの赤と青

毎回形を忘れて適当に描いているのできちんと定まった形を描いておこうと思って最初は赤い奴でだけのつもりでしたが、隙間を埋めたいと思い、青い奴も描きました。まぁ、描いてもその後バイトメンのイラストとか漫画とか描くわけでもないので無駄作業なのです。だがしかし、ネタで戦隊を使いたいときなど、東映の本物が使えない、かといってクソダサい戦隊ヒーローをバカにしたようなデザインにもなっていないようなのを使わなければならない時などに活用出来たらと鼻毛ほども無いチャンスのためでもあります。

バイトメンは3.5インチフロッピーディスクと同じ形のメモリーカードに格納されたデータを左腕のガントレットみたいなフロッピードライブみたいな形のドライブで読み込んで変身します。他に黄色と緑、ピンクがいます。それぞれの個人武器はプラグガントンファー。五人の合体武器はプラズマプラグキャノン。五人のプラグガントンファーの差し方で能力が変化するのです。そうすると物語やアクションにバリエーションがつけやすいのです。おもちゃのプレイバリューも多くなります。そんなのどうでもよくないのです。たかが手すさびでもできるだけ手際よく手癖でマーチャンダイジングまで考えるトレーニングをしておくのです。敵が巨大化したり巨大な要塞などと対決するときは五人合体して巨人になります。トレーニングなどと言いながらここまでしか思いつかなかったのでありました。

コメントを残す