油性ペンの練習。

太いペンで描くのは苦手で避けてきていまして、ライブドローイングで周囲などを汚さずに手早く描けて遠くからもはっきり見えるといった要求を満たすものを考えると油性ペンの太いやつかなと思い、ずっと練習していて、結局インクが切れてうやむやになってしまっていたので、改めて本番用に購入していくつか描いている。もっと描くの遅いと思っていたら結構描けてしまって時間の使い方も下手糞だった。ついでに描いたものを利用しようかと思ったりしてあれこれ考えてみたが、本番用の紙の準備とか下書きとかしないと当日完成しなくて困るよなと思い返したのでこれから作業します。

ドテドン対メカギラス 特報

to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】