2020年7月6日のランチ。

今週はものすごい大雨。来週は晴れるといいね。月曜ランチはおなじみの岐阜県岐阜市伊奈波神社の近くのカフェレストラン ボーデン。

日替わりランチ。実はあんまり日替わってないんだけどw ボーデン入門ランチみたいなイメージかな。
3つのフライとそれぞれのオリジナルソースが特徴。

続きを読む

2020年6月29日のランチ。

チーズソースカツランチ。(本当はチーズソースカツ「定食」)以前にも解説はしたのでそちらを探してもらうとして

45年分の旨味が詰まったソースが何より。カツもちょうどよい厚さ。あ、これ、880円。

店はいつもの岐阜県岐阜市の伊奈波神社近くのボーデンだが、ここの味噌汁はインスタントじゃなく、だしを取っている。味噌の風味とサラッとした口当たりでソースカツを邪魔しない。
料理と見解内が割り箸の袋のデザインがなんとかならんだろうか。ここだけ和風なんだよ。味噌汁も和風だけどwこういうのって器を変えればかんたんに雰囲気変えられるし。

2020年6月22日のランチ。

ジンジャーソースのハンバーグランチ。ソースは生姜がピリッと効いている濃度の高いコクがある。

コシが強くて食べごたえがあるうどん。暑いので冷製。

コーヒーは安定の美味しさ。

2020年6月10日の昼食。

岐阜県岐阜市伊奈波神社の鳥居の近くのカフェレストラン・ボーデンのランチ。
エビフライがはち切れるような張りがある。コロッケは外側がパリパリで中身はまさにクリームソースが流れ出る。唐揚げはしっかりジューシーさを衣が閉じ込めている。

アイスコーヒー。

昨日2020年4月20日のランチ

事情があってメニューからは外れているカレーうどんを頂く。
うどんはこれまで定食(ここはリーズナブル且つアットホームなので定食になっているが、そろそろランチで表記を統一してもいいんじゃないかと思っている。)のサブメニューとして馴染んでいたが同様に腰のある食べやすいうどん。で、カレー。カレーライスと違うカレーで、それはカレーうどん用のめんつゆが入っているから違うのではなく、うどんに合わせたカレーになっている。ライスよりやや辛く、濃度が絶妙でちょうどよい濃さ。スープカレーほどのスープ状ではない。僕はこのくらいのがいいね。
具に関しては特別に用意してもらった都合で具だくさんになっている。ここまで多彩な具でなくて良いのでメニューに復活してほしい。

あ、食べた感想はすごく美味しいよ!

2020年4月13日のランチ

チーズかつ定食。チーズかつとは豚カツにチーズが載っているものだ。ここの場合は自家製ソースと直前で合わせることで自家製ソースとは違った味になるように作られている。と思う。作った人には聞いたことないんで。
流石に連続して食べているので当初の新鮮な驚きはないが常に安定した美味しさを作り出すのは、当たり前であっても見事だと思う。
本当はいちいち考察しながら食べるのは違うと思ってて出されたら無言で一気に食べ切るのが正解だと思う。かというと、そうでもなくて、誰かとお喋りしながら少し時間がかかっても美味しく食べられるように考えられている。

続きを読む

2020年4月3日のランチ。

定食以外にも丼ものもあります。全然期待していなかったらパーフェクトグレードカツ丼がやってきました。このレベルでドテ丼が作れたらいいね。商品名はカツ丼。

続きを読む

昨日、2020年4月1日のランチ

昨日は唐揚げ定食。セットメニューは味噌汁が続いたのでうどんを選んだ。
味噌汁はしじみらしき出汁が効いていて美味しいのだが、うどんもコシが強くて自分の好みには合っていて美味しく感じる。汁もおまけの域を越えた美味しさ。
お昼の定番中の定番の唐揚げも当然のように美味しい。どこでもついているレモンがないもの嬉しい。あれ本当に困るよねw。胡椒が添えられているものの、これはなくても全く問題なく満足できる。少し味を変えたいときに少しつけるといいね。他のハンバーグやカツと違うのは中身がめっちゃ熱いこと。外見からは全くわからないジューシーさと熱量。油断して食べる小籠包のようだ。衣部分は全く熱くなく、鶏肉の温度をずっと閉じ込めている。どこかで揚げ料理は蒸し料理と聞いたことがあるがそういう感覚だ。

毎度の料理に対してお皿に余裕が大きいので少なめに見えるものの、量も十分ある。

謎の美味しさというのはそろそろ失礼なコーヒー。コーヒー専門店でないのになんか違うレベルの感じ。