ballsign ID 0.5mmを改良する。

折角の見た目の良さを台無しにする改良だ。しかし、個人的には使用感は良くなっていると思う。素敵デザインとは裏腹のスッカスカに軽いプラスチックのボディは唯一の金属パーツであるクリップのせいで重量バランスが後端に寄っているのです。考え抜かれたボディ断面も実際はあんまり効果ないんだよね。発想はとても良いし、こういうのに興味を持つんだけど、理想と現実みたいな感じはすごくある。これはそのまま金属製ボディにしたら効果を発揮するんじゃないかとか思ったり。
思ったところでメーカーじゃないので実現できないから、ストックしておいたボールペンのラバーグリップをつけました。ボールサインIDの設計を台無しにしてしまうが、重心が中心に寄って感覚的には低重心になっている気分。握る部分の太さがブレンと大体同じくらいになって持ちやすくなった。僕はブレンの太さくらいが持ちやすいと思う。持ちやすさが描きやすさに繋がり、とても快適になった。
大きく寝かせて描くことができないのは個人ではどうにもできないが、ラバーグリップを追加するだけで使用感が向上する。追加グリップは情報を控えていないのでどのボールペンのグリップかは不明。

ボールサインIDはジェットストリームのリフィルと互換性がある。メーカー保証外になるけどね。

セブンカフェ グアテマラブレンド。

セブンイレブンのセブンカフェ、グァテマラブレンド。

https://www.sej.co.jp/products/sevencafe.html

年始の最初の外食が自分の口に合わないものを避けるために無理やり飲んでいる。言うほど無理ではないが、青いカップのキリマンジャロに続いて気になっていたのだ。カップの色で差別化を作るのは良いね。次の色はどうするか知らんけど。キリマンジャロ以上に酸味を感じたよ。鼻にキンとくる刺激は無く、丸い酸味。蓋をしたままだと香りが遮断されるので美味しさが半減すると思っている。これは蓋を外して飲んだ方がよくないかな。ファミマは蓋を改良しているのでセブンイレブンもカップや蓋の開発をしたら良いのに。キリマンジャロの時は単純にレギュラーの上位版のような風味だったけど、グァテマラは方向をはっきりさせた特別版のような発想な気がする。特別とは素晴らしいという意味では無く、ただ別の種類程度の意味で。