何度目かではない、Jokerを見た。

ジョーカー(原題/Joker)監督/トッド・フィリップス 2019年 アメリカ合衆国
JOKERはわかりやすい映画だ。何故ならばサブテキストになる映画がたくさんあるのでそれらを見、解説などを読めば初めて見ても理解出来るからだ。しかし、どのバットマン映画(アニメも含む)を見ていなくても話がわからないということはない。見ておいたほうがいいかもしれないが、そうなると70~80年代のアメリカ(NY)の社会情勢も知っておかないといけない。言い出すときりがない。それよりもほぼこの映画の下敷きになっているタクシードライバーとキング・オブ・コメディを見るだけでいい。それくらいこの二本が元になっている。キング・オブ・コメディに至ってはまるでこの映画のパート1のようだ。もう一本付け加えるならモダン・タイムスだ。キング・オブ・コメディの世界の中にタクシードライバーとして社会を彷徨うチャップリンがJokerだ。Vフォー・ヴェンデッタも見たことがあるなら楽しめるだろう。それくらいこの映画は様々な映画のオマージュを見ることができる。New York Timesではタクシードライバーとキング・オブ・コメディ露骨なマッシュアップとまで言われているね。あまりに端的な言葉だ。
ジョーカーはジョーカーの誕生、ビギンズナイトみたいな話ではあるが、これまでバットマンに出てきたジョーカーを期待するならダークナイトを見よう。こちらも期待するジョーカーとは全く違うがジョーカーらしさを最も表現していると思う。
他にも映画サイトなどで言及されている映画はいくつもあるが、言われていない中では北野武監督作品のソナチネまでの全部か、どれか一つでも見ておくといいのではないか。特に冒頭の子どもに襲撃されるのは、その男、凶暴につきを彷彿とさせる。

続きを読む

inktober 2019 19 SLING

また紙がクシャクシャにシワよってますけど、気にしないでください。僕は気にしていないので。
inktober 2019の19日目はSLINGがお題。スリングです。吊り下げるとか投石機とか吊り包帯とか、吊るす意味が多いです。スリングショット(ゴムカン)とスリングパニア―(銀河漂流バイファムというアニメに登場するラウンドバーニアンを総称とする大型ロボットの補助飛行装置)を思いついたので、そのままスリングパニア―を描くのはよくないのでモヒカンの鷹に吊るされてゴムカン(スリングショット)を撃つところにしました。WILDからの西部劇をイメージしています。
なんでスリングパニア―だったかと言うならば、かっこいいロボットの支援メカなのにパニア―の語感が間抜けだなと思っていたからです。もともとラウンドバーニアン自体がケレン味を重視したかっこよさより実用性を印象づける方向性のデザインだったのでこれでよかったのでしょう。

紙に油性ペン