Polamatic

PolamaticはiOSデバイス用のカメラと画像エフェクト用アプリケーション。

iOSデバイスのカメラロールの画像をポラロイドカメラで撮った風にしてくれる。直接撮影もできる。
このように撮影する。画面の比率は一方が長い。撮影、保存が完了すると向かって左下にサムネイルがポラロイドカメラのように出てくる。同時に向かって右下のカウンターが回る。これは撮影枚数を表している。

IMG_7853

撮ると独自のカメラロールの保存される。
ここの保存した画像をポラロイド風に加工するのです。
IMG_7855
アイコンの順番に説明しよう。
クロップだ。長方形の比率で撮影されているので、どのあたりを使うかを指定するのだよ。新規で撮影するならここでクロップすることを考えたほうがいいね。あくまでも長方形を正方形にクロップするだけなので、任意の場所をトリミングできるわけじゃない。
IMG_7856
次に枠を選ぶ。
本来はこの印画紙にプリントされるので作業順序は逆だ。いろんな枠が用意されているので適当に選ぼう。
注意点はこの画面のサイズがオリジナルではないことだ。ブログなどで気軽に使うには大きすぎて毎度すぐにリサイズしてしまっているのでサイズが不明だが、長辺で1000ピクセル程度ある。例えばプリントアウトするなど解像度を必要とする場合以外はやや強めの効果がかかっているのを選んだほうがいいと思う。
IMG_7857
画像に対してのエフェクトを選ぶ。
IMG_7858
更に色などをオーバレイする。これはあんまりやらないほうがいいかと思った。絵を見せるよりも効果だけを見せるようになってしまうからだ。
IMG_7859
キャプションを入れる。
指定できるのは見えている項目だけだ。そして1バイトしかフォントは選べない。2バイトはゴシックであえて言うなら細ゴだけだ。文字指定のときに細ゴとは言わない無いけどな。
IMG_7860
完成したら保存しよう。これまでのエフェクトも毎回保存しておこう。
IMG_7861
このアプリはinstagramのバリエーションなので、各種SNSなどで共有することが出来るが一旦カメラロールに保存したほうがいいと思うので、Save to Photosを選ぶ。理由は保険が欲しいからだ。ビビリだからね。
IMG_7862
出来上がった画像を見てみよう。カメラロールに保存すると拡大表示が出来るので細部の確認も簡単だ。
IMG_7863

コメントを残す