iOS版のアクロバットで手書きメモを入れる手順。

iOS版のアクロバットで手書きメモを入れる手順
右下の鉛筆マークをタップする。
注釈を選択
任意の場所を長押しタップ
ノート注釈、テキストを追加、描画、署名が出るので描画を選択。上にメニューが出るのでペンと太さ、色を選択して書き込める。
左上の完了をタップして書いた状態を保存できる。

NDI HX Capture 1.6

https://apps.apple.com/jp/app/ndi-hx-capture/id1501247823

TVやネット配信のTriCaster、何よりも3DCGソフトのLightWaveでおなじみのNewTek製のiOSデバイスのスクリーンキャプチャアプリ。
ライブドローイング配信で使っているものの、自分以外のアプリを起動すると落ちる全く使えない状態だったので、このアップデートはたとえバグフィックスとパフォーマンスの改善であっても嬉しいタイミングです。望みは確かにバグフィックスとパフォーマンスの改善ですし。起動するとiPadに最適化された画面になっていた。スゲー広い。一応落ちないようにはなった模様。期待してるぜNewTekと思っている。

100均でみつけたスタイラス。

スーパーに買い出しに行ったら併設されている100円ショップで見つけたスタイラス。
先端がディスクになっているスタイラスの廉価版。ディスクとの接続は金属のボールではなく、導電性シリコーンゴム。これが柔らかいので柔軟に動きボールと同様の効果がある。
使ってみると普通。普通なので使いやすいです。もう少し時間をかけて使ってみないとヤバい部分は見つからないだろう。キャップを付けると先端のディスクごと伝導性シリコーンゴムまで持っていかれるので、慌てずに先の部分を外して取り付け直せば解決する。引っ張るときはピンセットがあると便利。
先が細くて見えるのは描いているとあんまり意味がない。実際に見ているのはペンの先ではなく描いた直後の筆跡だからだ。Apple Pencilで描いていてもそんなにペン先ばかり見つめてはいない。よほど精密にタップするものがあるならともかく、iOSアプリ自体が指先で操作することを前提にしているのでことさら気にすることもないんじゃないかと思ってるよ。
なのに購入しているのは見かけのハッタリが効くからと自作スタイラスの先端部分の処理について参考にしたかったからだ。ローコストで効率の良いものを作りたく、それはすでに達成できて入るものの、見た目がダサい問題が解決できないままなんだよ。
このスタイラスの製造は100円ショップの食器などでおなじみの山田化学株式会社
http://www.yamadakagaku.co.jp/

ポケットにmini moog

新型コロナウィルスの件で様々なイベント事が自粛、延期、中止され、外出もままならない状況で、ネットでのサービスはその穴を埋めるように何故か一部の有償のサービスを無償配信している。既に無料のものはあるのであえて無料で配布しなくてもいいんじゃないかと思うが、それはそれ、小さな消費者としてはそこにすがってしまうのもの事実。ということでmoogのmini moogアプリをDL。今やこのサイズのシンセなど当たり前だが、moogが掌サイズはオリジナルを知らない僕でも驚く。

iPadOSでのProcreateの画像の読み込みとか

iPad ProのOSがiOS12の次から専用のiPadOSになりました。ほぼこの二つしか使っていないくらいのProcreateとKORG Gadgetは取り立てて不具合はありません。普通です。しかしProcreateでは画像の読み込みと書き出しに変化がありました。なんでめんどくさい方向へ変わるんでしょうか。
いつも紙に描いたドローイングをスキャンしたり撮影してProcreateに読み込んでいます。しばらくiPadで撮影して読み込んでいたのでDropbox経由で読み込んでいませんでした。そこでiPadOSに変わったら、やりたいことは同じなのに操作が全く変わっていました。言えよ。

続きを読む

Procreate 4.3.3について

今更バージョン4.3.3のProcerateについて。気になった機能だけ書きます。ほぼ基本機能しかつかっていないから、機能が増えてもあんまり嬉しい!気持ちはないんだよね。
とりあえず先に貼ってしまったのでアニメーション機能について。

もたもたしているうちに4.3.4へマイナーアプデートしている。こちらも確認したいがまだまだ先になります。
4.3.3からアニメーションの書き出しができるようになりました。できるのは書き出しです。プレビューは出来ませんし、フレームレートも最初に設定できないのであります。

続きを読む

Procreateについて、そんなに書くことがない。

iOSのペイントアプリ、Procerateを使っているが、そんなに書くことがない。自分の利用方法が大体確立しているし、あえて道具の限界を追求しようとも思わないので、不都合があればトラブルシューティングを書くくらい。それでもたまにProceretaで検索してくれる人もいるようなので、何か質問があれば答えてみたい。

アルファロックとマスクをクリップが今描いている怪人には便利くらいですかねぇ、独自の使い方としては。
前面のキャラクターだけ切り抜いているのでより重要な仕組みなのです。
みんなさらさら使いこなして絵を描いていて凄いなと思います。めっちゃしょんぼりしてる。

Procreate
https://itunes.apple.com/jp/app/procreate/id425073498?mt=8

https://procreate.art/

Procreate 4.2.1その他のアップデートなど。

マスクのクリッピング以外にも使えると便利な機能がいくつも追加された。

これは僕が忘れていて設定しなかっただけの設定で。Apple Pencilを使っているときの消しゴム設定だ。
タッチをオンにすると指一本だと常に消しゴムになり、Apple Pencilで描いているときに便利で、右手にペン、左手に消しゴムを持っているようなものだが、ペンを持ったまま右手指で操作しても一緒だね。まぁそういうことなんだけど、僕はApple Pencilでは線画しか描いていない。塗るときは自作のスタイラスだ。これは指と同じなのでタッチをオンにすると自作スタイラスを使ってる時は常に消しゴムになってしまうのだ。一々ここの設定を変えなくてはならない。それで、三つ目の□+タッチにしている。ペンを使っていて一時的に消しゴムを使いたいときは□を押しながら指で操作する。面倒だが慣れるとそうでもない。左手の置く場所を移動するだけでだ。少しでも時間がかかる消しゴム作業の場合はここではなく上のメニューアイコンの消しゴムをタップして消している。
少し前のバージョンだとApple Pencilを使っているときだけ指消しゴム設定ができたんだよね。違ったかなあ。

続きを読む

Procreate4.2.1のマスクをクリップについて

https://itunes.apple.com/jp/app/procreate/id425073498?mt=8

iOSアプリのペイントソフトとしておなじみのProcreateが4.2.1にアップデートして機能が増えたので自分なりのメモ。今回はマスクのクリップについて。

一度聞いただけではわかりづらかったので自分で作業しながら試したらなんてことはない簡易マスクなんだが上ではなく下のレイヤーがマスクになる。以下説明。

続きを読む