龍の練習に彩色。

投稿日:

絵馬がアトリエに転がっていたので捨てるのもどうかと思ったので再利用する前に紙に練習で描きました。色はProcreateでつけました。彩色はタイムラプスでどぞ。

ドローイングは紙に筆ペンとボールペンで描いています。

そろそろ作画方法を定形化したいなと思い、鉛筆下書き、筆ペン入れ、ボールペンで細部書き込み。の順で。筆ペンもボールペンも顔料インクで統一しています。

筆ペンはお試しで買ったのでカートリッジのインクが切れるまで使い切って、その後は筆に変える予定。全体には描きやすいんだけど穂先のへろへした毛が気になる。

ボールペンはしょうもない画材でうまいこと描いている俺を演出したいからではなく、ボールペンが良いからです。安くてどこでも手に入り、描きやすい。グリップあたりは他のボールペンから流用したラバーグリップをつけています。

ジェッソを塗った画面や様々な壁の素材でそれなりに描けるのがボールペンでした。筆ペンも顔料インクであれば比較的材質を選ばないし、筆を洗わなくても良い点も外で描くことも考慮すると良いのではと思います。

とはいえ、常に外で描いているわけではないので、適材適所や臨機応変な部分はあります。

コメント コメントを追加

コメントを残す