金色の龍の練習。

投稿日:

描きたいものの練習に色を付けた。

呉竹のOEMじゃないかと思います。店頭で横に並んでいたのでめっちゃ見比べました。
真っ黒なのは手で触る部分にゴムシートを巻いているからです。そのままでも全く問題ないですが、ゴムシートを巻くとグリップ力が格段に上がります。

一応呉竹の同製品らしきもの。インクは顔料インクです。

下書きします。実際に描くときの位置関係を確認したいので描いています。

筆ペンで描きます。

いつも使っている筆と違い、腰がなく、持ち替えたときは筆に緩さを感じます。こういうものだと思って描けば取り立てて問題はないです。好みとしてはもっと固い感じがいいです。

次第に思った感じではなくています。これでは普通だなあ。

玉は機械的な何かにした。反重力発生装置みたいな。龍は自力で飛べるので奪ったものなのか、自ら作ったものなのかは不明。
本番は筆だけで描く予定なので細かいタッチなども筆ペンで描くつもりだったが、ボールペンも最近は登場機会がないなと思ってボールペンで作画。

で、描いた。これでおしまいにしようと思ったものの、どうせなんで塗っておこうと思ったのが先に挙げた絵。

紙に筆ペンとボールペンでドローイング。Procreateで彩色。

コメント コメントを追加

コメントを残す