kamen rider kuga

昨日が仮面ライダークウガの20周年だったようで、一日遅れる間抜けさ。
思い出しスケッチではなくて写真を参考に描きました。参考にしただけでそのまま描くつもりはなく、肩の近くの鎧っぽい部分の幅を狭く正面から見ると台形になるように、肩の鎧は少し尖り気味にして、あ、ガントレットも尖り気味にしていますね。顔面は目が大きいのが未だに違和感があるので小さくタレ目にしました。しかしこれはタレ目ではなく骸骨のアイホールのシルエットを引用しています。
赤鉛筆であたりだけ描いて油性マーカーで描きました。塗らないつもりだったけど、塗らないとわけがわからんと思ってしまって、塗りました。紙は毎度のチラシの裏です。
よそは知らんがうちのチラシの裏は楽しいが詰まってんだよ。

紙に油性ペンのドローイングにProcreateで彩色。

鬼のお面

節分も近いので鬼の顔面を描きました。各絵をクリックするとA4サイズのPDFがDLできます。A4でなくても適当に拡大してお面にしてみてください。塗り絵になるように線画のあります。
角が二本ある方は牙を忘れたな。

2020年の近所の蝋梅

梅をたくさん栽培している公園以外に近所でも蝋梅が咲いている。ほんのり距離があるので寄れるのはこのくらい。
今年は暖冬なので蝋梅がきれいだ。と思っているのにセンターに来るのが傷んだ蝋梅で辛い。

制作は営業をやってみろよ

たまにさ、TLで制作は営業をやってみろよ!みたいな書きこみ見かけるけど、ガチの営業マンは僕みたいな制作に営業なんかやらせないよ。
言う人は営業好きじゃなくて嫌々やってるんだろうなと思います。
いい年して可愛そうだとも思いますね。好きなことを仕事にできなかったのだもの。
好きなことを仕事にするのはよくないっていうのも違うよ、やっぱり好きなことを仕事にできるのが良い。そうじゃないという時は子供の狭い世界で思いついた程度の職業だからだよ。

調子がいい人たち。

普段は信長を持ち上げて、大河ドラマで光秀を取り上げれば光秀に乗っかるような下衆な発想をするやつは信長に真っ先に斬られるんじゃないのか。
ていうか、信長で商売しようとする時点で斬られるよね。
しらんけど。

やっとガンダムに冷めた

フェラーリのトラクターのデザインした人のデザインしたガンダムが出てくるアニメのあれを見て、やっとガンダムから冷めた気がした。
あれなら大友版ガンダムのほうがずっと良い。
良い点は別のガンダムや新しいガンダムのプレゼンテーションがあるから。シド・ミードのガンダムとかもそう。
既存のものとは違う、しかし、全く否定するものではないさじ加減がガンダム。
フェラーリとトラクターのデザインした人のガンダムの出てくるアニメのあれはかつての名場面を上手に描いただけ。
もちろん、僕には上手にガンダムを描くことすら出来ないが、40年目のプレゼンテーションがあれは無いと思う。
ガンダムのデザインは多少あるように感じるが、それでも高度なつじつま合わせでしか無いとも思った。
僕らはかつて見た、もっと可愛かったものかっこよかったものの美的修正だけを望んでいるのだろうか。

ペラペラ文章。

去年に引き続いて辛い気持ちになったのは、重要なことをお話ししますと難しそうに前置きだけ長く書いていて、その中身は給食のハムカツよりも薄く味も痩せてることだ。尚且つ文章が工業高校のあんまり偏差値高くない土木科感覚なこと。これで三十路で会社経営者では読んでいる方が地獄を感じる。誠実であるための厳しさが社会で経験することだと思っていたら、自ら進んでヤクザ化するようなものだ。端的に言って馬鹿か?ではあるが、その前に人の上に立つ立場でこの文章力、悲しさが先に立つ。
ばいきんまんの秘密をおっさんになって初めて知った喜びを中二が書いたような文体で披露する。それが自分の上司、社長、親だったら。辛い。「三十年後の自分は何歳か。」と言ってしまった小泉進次郎衆議院議員っていうか、環境大臣も実在してしまうので、まぁ仕方ないっすね。