2020年2月28日のランチ

昨日のランチ。ハンバーグ定食。美味しさは写真に写らないとはまさにこれ。
不味く見えないにしてもめちゃくちゃ美味しいようには見えないよね。
日替わりランチは殆どの場合の良さは価格だ。ほかはなんとなく不味くなければ問題はない。そうじゃない方もいる気がするが気だけだ。皆コスパ以外気にしていないと思う。だからご飯も味噌汁も、漬物も、キャベツもハンバーグも全部なんとなくあればいいのだ。敢えて欲しいのは見た目の良さだろう。

しかし最初に書くのは価格です。880円(税込)。量は価格なりだろう。もしかしたら安いと感じる方もいるかもしれない。問題は質だ。価格なりと感じたのはご飯と漬物。普通です。普通というのはいちいち味を気にせずに食べすすめることが出来る意味です。味噌汁はどうやって作っているか不明だけど、インスタント風味じゃないです。ちょっと気になる感じの美味しさ。問題はハンバーグだ。あ、上に乗ってる目玉焼きもいい感じ。そのハンバーグはソースの色が強いので写真では大きさが分かりづらいが目玉焼きとだいたい同じ直径です。デミグラスソースの濃度は緩めでハンバーグと一緒に食べると本当にちょうといい具合になっています。
でハンバーグ。これがまたも予想外でめちゃくちゃ肉を感じるギュッとしまった強い弾力のある。雑い言う人なら硬いと表現してしまいそうなくらい、肉を求めている人ならなぜこれがここにあるのか!とびっくりするんじゃないかな。
よく言う肉汁がじゃぶじゃぶ出てくることはないです。もちろん肉汁もあるんですよ。それよりも肉の感じが物凄く強い。割り箸だとさっと割れないw。箸はスッと入るのに弾力が強いのでかんたんに割れないのですよ。大きさからも多分かぶりつくのが正解だと思った。そんなのダメじゃんと思うでしょう。ここのメニューは全部予想を上回ります。この強い肉々しさがないと面白くないし、美味しくないんです。これに自家製デミグラスソースが加わると本当に美味しい。先に挙げた普通のご飯が活きてくるのです。主張のないご飯だからこそ、個性の強いハンバーグとデミグラスソースの美味しさを支えるのです。結果としてご飯が美味しい。
ハンバーグ定食に限らず、ここのソースは料理に対してバランスが良く残すことなく食べることが出来る。それでも余ってしまうならキャベツや、行儀が悪いがご飯に少しかけるかご飯を少しソースに投入するのも美味しい。

で、店はどこかと問うならば、まだ教えなーい。

ホテルの作ったメロンパン

ホテルの作ったアンパンに続き、ホテルの作ったメロンパンだ。大きさはアンパンとだいたい同じ。200円。比較対象を置いていないので価格からくる違和感が見えないが、直径8cmくらいだ。しかし密度が濃い。当然発酵して膨らんでいるのだがパンがぎっしり詰まっているようなのだ。

よくあるメロンパンはクッキー生地が厚く固めに仕上げたり、空に対するパンの湿り気のなさを補強するためにクリームを入れていることがある。あれはあれで駄菓子屋感覚で楽しいが、そういうアプローチはまったくなく、クッキー生地もパンも比較的しっとりしている。もちもちと言い換えたほうが的確か。クッキー部分もむしろ薄い。メロンパン専門やこだわりパン屋さんの方法論の全部逆を行くような、なんでこうしたのか聞いてみたくなる美味しさだ。あ、これ美味しいです。そういえばこだわりメロンパンでたまにある油っぽい感じは皆無だ。まぁとにかくホテルのポテンシャルが垣間見えるメロンパンです。て書いたら後3つくらい貰えませんかねぇw

Lunch 200226

どういうことかしれっとボリュームのあるランチ。全部注目だがエビフライが特にやばい。見た目からは全然わからないボリュームの分厚さ。高級料亭が昼にやってきたくらい。おまけのうどんが全然おまけじゃなくて、讃岐うどんみたいに腰がある。つゆの感じは主張しないあっさりした、まさにおまけ感覚。これのおかげで凄く食べやすい。

kamen rider den-o

ZECTに対し、未来から来たと称する仮面ライダー。実態は不明でZECTライダーと共闘するものの、この状況の将来を知っているからか、決定的な状況になると姿を消す。

設定はクウガから無理やりつなげるための適当です。

kamen rider kabuto

科学警察研究所から強奪された対未確認生物用強化装甲服のデータからなのか同時期に複数の企業から同種の強化装甲服の開発が発表された。しかし、実験段階で頓挫、あるいは企業ごと消滅するなど謎の多い事件でもあった。オランダのIT企業スマートブレインもΦzシステム発表後に突然倒産し、その資産を引き継いだZECTという企業が発足、後にBLADEを開発したBORDも吸収合併した。ZECTの前身である研究機関DELZERは未確認生物を警視庁に確認される以前から存在を認識しており、独自に捕獲した未確認生物の調査研究とそこから得られた知識を人への応用まで実験段階ではあったがコードネームSTRONGERを起動させるまで進んでいた。ZECTはこの時期の研究データも利用し、さらなる強化装甲服の改良と開発によりRIDERシステムを完成させた。
未確認生物を管理できる状態まで調整し、新たな兵器などの使役に利用する目的だったが、自ら大量に保有していた未確認生物が脱走し、その始末のためにRIDERシステムを使わざるを得ない状況に追い込まれてしまった。
設定はクウガから無理やりつなげるための適当です。

紙に油性ペンのドローイングにProcreateで彩色。