ROWGUNは清水さんの曲の映像。

独自のモザイクパターンで絵を作るモザイコでおなじみの清水温度さんの曲の映像を作る。というのに参加しました。参加も何も清水さん以外は僕だけですが。
何かイメージある?的なことを聞かれましても、曲に対する感想はあっても何ってこともなく、予算もないですし、ないというのは少ないという意味ではありません。無いのです。0円です。動いたら赤字です。そんなですので、どうしようか考えあぐねてもで仕方がないので毎度おなじみの、撮っていたら何か思いつくんじゃないか方式です。それではいくらなんでも困るので、清水さんの誰かにギターも持って立ってもらう。というのを採用しました。採用という言葉の圧ほどに偉そうではありませんよ、言われたことを踏襲するという意味です。とはいえ予算はありませんので、これまでの経験則などからこの前のイベントなどでお世話になった商店街のお店の方々にお願いして回って撮りました。清水さんは思いがあるので色々ディレクションしていましたが、演技経験のない人に突然演技を付けても対した結果にならないことはわかっていたので、ギターを持ってただ立ってと言った最初だったり、撮っていないふりをしているときに撮ったものを使いました。撮っている間は清水さんはああでもないこうでもないと悩み続けています。それなら現場でここに書いたことを言えばよかったかというと、そうではありません。突然ギターを持っているところを撮らせてほしいとやってきたオッサン二人組がコンセンサスの取れていない会話をしたら被写体は不安になります。そういう状況に気づいたほうが合わせるのです。そんなんだからいいえが撮れないじゃん。そうです、撮れません。だから最初に相談することが大切なのです。しかし、そう言っても当日普段の癖が出たりします。そういうものです。ですので、違う演出で複数テイク撮ります。とか、練習中を撮ったりします。僕はだいたい写っていればいいのでどのように撮られても全然構わないのです。勿論、きちんと演出されたものを撮るときは違いますよ。ギターを持って立っているだけでは尺が足りないので清水さん本人も被写体になりました。

続きを読む