SDOGS masamune 190921

侍ドッグ、masamune。アイパッチを付けている目は見えないのではなく、赤外線やX線など、人の肉眼では見ることが出来ない波長の電磁波を見ることが出来る。
大型フレームの侍ドッグではあるがnobunagaなどと同じ現行設計である。
描いてから見えてくる事が多いので書き直すと思うが、初期型とは違う大きさの表現にしないとな。見た目で違いがわからないとな。

紙にシャープペンシル(0,9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

SDOGS dousan 190921

dousanの侍ドッグ。shingenと間違えていたのでオレンジで塗ろうとしていた部分を紫で塗っている。
初期型は現行型に対して総じて大型になっていて、これも初期型。shingenは近代化改修を受けているが、このdousanはソフトウェアのアップグレードとバッテリーの回収のみ受けている。もともと高出力のジェネレーターを装備しており、大型のレーザーキャノンや電磁薙刀などを扱えていたが、バッテリーライフが短く、実用的とは言えない状況だったことことを踏まえての措置だった。

紙にシャープペンシル(0,9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

SDOGS nobunaga sword and gun 190921

刀と銃の説明のために描いた。刀はストライクソードと称し、最初はそれぞれに個体差があるように考えていたが、初期型と現行型で分けるくらいがいいかと思い直している。
銃はナックルバレットといい、中折式のリボルバー。火縄銃と折衷型のような見た目をしている。弾丸状のバッテリーで一つに付き一発だけ所謂ビームを発射出来る。リボルバーにしたのは秘話な銃だと連射できないから。まぁそういうものだとして無限に連射してもいいんだけどさ。

紙にシャープペンシル(0.9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

SDOGS hideyoshi 190921

hideyoshi。nobunagaよりも小型の侍ドッグ。ベルトのバックル状の部分を金色のままにしていた。ここは他では青色に塗りつぶしていて、それぞれの家紋が入る予定。

紙にシャープペンシル(0.9mm)のドローイングにProcreateで彩色。

SODGS ieyasu 190921

なんか変な感じになったな、そのうち描き直す。捉えられた主人公の脱出に使われた侍ドッグ。
全身は金色であるが、炭素繊維やアルミなどで作られた外装への金メッキ。

紙にシャープペンシル(0,9mm)のドローイングにprocreateで彩色。

knife starfish 190921

ヒトデの怪人。ヒトデナイフ。攻撃型のリキッドメタル、オレンジ色のエナジーバルブ。背中の棘から毒を出す。腕のナイフでの格闘も得意。シーヴァイパーの暗殺に登場し、苦しめるが返り討ちに合う。

紙にシャープペンシル(0.9mm)のドローイングにprocreateで彩色。

SDOGS shingen 190921

侍ドッグのshingen。初期設計ゆえにフレームが大型。後に近代化改修によって大型筐体を生かした高出力武装を装備できるようになった。dousanと色を間違えてしまったり、もっと大柄な雰囲気がいいので描き直す予定。

紙にシャープペンシル(0,9mm)のドローイングにprocerateで彩色。