ドテドンTシャツを売っています。

なんで急にドテドンのTシャツを売りだしたかと言うなら、今季はドテドン(丼の方)は登場しないのです。作ってる人の近場でサクッと出店があるかもしれないけど、二年連続のおなじみの場所には現れません。次回があるかどうかも不明ですし、そもそも仕事ではなく同人料理とでも言う状態におまけのようにくっついているのが怪獣の方のドテドンなので本体が危うければおまけも相当危ういのです。ならば自由の効く範囲でお披露目できるものをと思ったのがTシャツです。シャツじゃなくてもいいのにシャツなのは以前に出したり引っ込めたりしていたからです。今度は引っ込めません。もうあれこれ揶揄してこないでくださいねw 気持ちの上では500円くらいでワンシーズンどころか二、三回着れる程度のノリを考えているものの、そこそこ持っちゃう体裁にならざるを得ず。この単価だとフィギュア作れちゃうよなとか余計なことを考えてしまう。そんなこんなでドテドンTシャツを売ってます。

MECHAGIDORI Tshirt typo01

ドテドンのライバル怪獣メカギドリのタイポグラフィTシャツ。ドテドンのディフォルメと対になるようにデザインしたのです。文字の筆の跡はお互いに赤と黒が反転しているデザインになっているのです。

https://suzuri.jp/murbo/2199825/t-shirt/s/white

DOTEDON Tshirt typo 01

タイポグラフィが優先している名称だけど、文字の前にある丸いディフォルメしたフォテドンを活用したく、このデザインにしました。

https://suzuri.jp/murbo/2199817/t-shirt/s/white

DOTEDON Tshirt 01

紆余曲折しましたが今度こそきちんと作ります、ドテドンTシャツ。きちんとしてもオンデマンドショップですけどねw そのあたりはハンドメイドってことで、売れてこればマスプロダクツ的に本当にきちんとしたのになるでしょう。
デザインは変わりませんが三角マークのDANGER DOTEDONです。

上のTシャツ画像から購入できます。が、もしかして表示されないとかリンクが切れる場合があるので文字のリンクも張っておきます。

https://suzuri.jp/murbo/2199813/t-shirt/s/white

Launchpad Mini MK2で作業中。

たまにしか起動していないがAbleton liveを使っています。自作の映像のトラックなどはこれとKORG Gadgetで作っています。これまでAbletonのバージョンが合わなくてGadgetと連携することがなく、もったいない使い方になっており、個人的には清水の舞台から飛び降りるがごとく、アップグレードして連携できるようにしました。それでもGadgetで適当に出来上がったトラックを聴くだけになってしまっていたのでこれは良くないと、きちんと完成させるべくAbletonのフォーマットへエクスポートしました。このエクスポートはちょいちょい失敗するようで、すべてのデータはコピーできてもリンクが切れていることが多く、Abletonで再生できないことがたまにあります。再度エクスポートすれば修正されるので、困りはしないが面倒でありますね。

続きを読む

映像作り進行中。

モザイコ(自然画を独自の解釈でモザイク化した絵画)などで業界内ではおなじみのアーティスト、清水温度さんの曲の映像を制作しています。
コラボレーション的なやつですよ!作家は嫌じゃなかったのかw
主にスケジュール作ったり、香盤考えたりしています。もちろん撮影もしていますけど、手弁当でどこまで作り込めるか、効率よく制作できることも作ることなので、こういう面をきちんとやりたんですよね。仕事じゃないのに仕事みたいに制作進行とかかっちりやりたい。むしろ制作進行プレイなくらいにやりたい。
マネジメントや制作進行みたいなことは言われてやるとムカつくので先に自主的にやったほうが力もつくし、気分も良いです。
ということで、清水さんと映像作りしています。

ビルの名前の地域性

岐阜市に住んでいてもとりたてて中心市街地に思い入れも何にもないが、駅前の問屋街などで雑居ビル名を”なんとかシティ”と命名しているのは面白いと思った。一つの建物を街とかコロニーみたいな感覚でいたのだろうか。
柳ヶ瀬では外に路地があるのに雑居ビルの真ん中に客用の道を作って”なんとか小路”にしている。中には周囲の建物が取り壊されて小路ビルだけのシュールな風景が出来上がっている。
寂れて後継者もおらず、多分このまま廃墟から更地になって住居と高齢者施設だらけになるのだろうが、せめてこのセンスくらいは誰かが継いでやればいいなと思った。

興味がないことは知っている。

ゲームのイベントやるんですよー!と言ったら思考停止される方が結構いて、逐一「私はゲームに興味がない」宣言をされてなかなかの残念ぶり。
僕もイベントのお知らせがあったら一々「興味がない」って言おうかね。というハムラビ法典みたいなことはしないですよ。
ただ、ゲームのイベントと言うと人は、イベントではなくゲームの部分に注目することが分かりました。
例えばお酒のイベントなら”お酒”、”ダンスのイベント”ならダンス、イベントという仕組みには誰も興味がない。ってこと。
”誰も”というのは老いも若きもあなたもです。