缶に下地を塗る。

絵を描けそうなものに描いてみようと思って、缶にジェッソを塗る。

思ったより大きかったので一日で塗りきれず。向かって左の缶はほぼ眠った状態で描いていたので書き直すために上からジェッソを塗る。コーヒーの缶はジェッソを塗るとアルミにペラペラの厚さが実感できるようになる。まるで紙のようだ。急いでいないので乾燥は自然の任せている。

缶に描いた。

缶に描いた。トマト缶が結構出るのでどうにかならんかと思って描いてみた。すごく描きづらい。前に書いたね、リブが細かく深いので水の多い絵の具は本当に大変。ドライヤーで強制乾燥させながら進めました。厚めに塗ったほうが良かったね。

続きを読む