廃材をもらう。

直接交渉してもらったものではなく、製材屋さんの軒先にご自由にお持ちください的な箱にあったものです。当然玉石混交だけど意外にきれいなものもあり、小さなプラモのベースにいいんじゃないかと。

行くべきかなぜか迷った。そして行かなかった。

10年前、選挙のビデオ撮ってた(自主的に撮ってたのであって、仕事ではない。)ときに震災があり、行くべきかなぜか迷った。そして行かなかった。なぜならば僕もこの選挙も震災には関係ないからだ。震災として撮りに行くなら良かったかもしれない。それでも行かなかった。やはり僕は関係がないからだ。関心はある。大きな天災で、痛ましい災害だ。でも関係がない。何度でも言いますよ。僕には関係がないのだ。あえて行く必要あるか?カネもないのに?物理的な支援も出来ないのに?行ってどうする?お前はあえて渦中の人となり、自分のことのように震災を語るのか?それはいいことなのか?そして全然関係のない地方で復興をテーマに演奏会とか、それ自分が目の前にある大きな出来事に無関係であることに孤独を感じたり、あえて自分に関係があるかのように振る舞うことで精神的な均衡を保とうとしているだけじゃないか?(これは心理学で名前がついているはずなんだが忘れた。)
ということで関心はあるので今日は気になっているが、それ以上はない。

今日で東北大震災から10年が経ちました

今日は雪。

積もりました。これは今日の午前中。夕方にはやんでいたので明日は積もることはないでしょう。昨日の夜は静かに吹雪いていて、窓にも雪がついていた。

ケイタイ解約した。

ずーっと使っていたケイタイを解約しました!電話なしです。連絡はSNSのメッセージかメールでお願いします。
あー、スッキリした。もう全然電話として使っていないし、端末もついに壊れたし、早めに真の意味でのミニマム生活に切り替えるのだ。

ということで、比較的重要なお知らせをしました。みんな!見てね!

ファンヒーターは足下温め専用機。

足がすごく冷える。冬は暖をとりたいのが生き物だ。僕もそうだ。その中でも足下と手が冷えているととても辛い。手が冷たいのは辛くても仕事中は動かしていることが多いので意外と耐えられる。問題は足下だ。靴下の重ねばきなどを勧める方がいらっしゃるがまったく効果がない暖かくならないのだ。最適なのは足湯だが常にお湯に足をつけられないので、これは使えない。そこでファンヒーターだ。これは低い位置から温風を出すので大変効果が高いのだ。他は重ね着でも問題ない。多分冷気に晒されなければ内側からの冷えがないからだろう。足はとにかく冷たい。重ね着もできればしたくないのは全く動けなくなるからだ。それとホームレス感が出てしまう。腕まわりも坐りぱなしだからと言ってもこもこしているのも嫌なので、すっきり動きやすい服装でだらだら座って仕事をしたいのですよ。