昨日2020年3月5日のランチ

あわせ味噌カツ定食。なにのどこが合わせかと問うならば、味噌が合わせ味噌です。本来味噌カツの味噌は赤味噌ですが、このお店のある岐阜、愛知県以外の方は赤味噌が苦手な方もいらっしゃいます。苦手なのに味噌をソースにしてカツにかける、あえて好きというほどではないが積極的に嫌いというものでもないカツだったのに単に嫌なものに早変わりです。目も当てられません。それを多少でも和らげ、地元の名物でもある味噌カツを楽しんでもらえないかという工夫がこのあわせ味噌かつなのです。赤味噌のときもこの店は味噌を緩く溶いたものがカツにかかっていることはなく、味噌を使ったソースがかけられている。あわせ味噌も同様だ。僕は赤味噌でも美味しくいただけるので感想は的確ではないと思うが、美味しい。お店の料理だから美味しいのは当たり前なのだけど、とんかつを美味しく食べるためのソースになっているんじゃないかなあ。僕はキャベツに少しつけるものも好きです。甘い味が苦手でもそれがいいと思える、食材に馴染んでいる感じがするよ。ドーン!てくる雑な強さがないソフトランディングする味。キャベツにつけるのは、いわゆるソースの量を適切にできないことがままあるからだ。少し足りないと思って足したら多かったとか。少しづつつければそういった失敗がないんだよ。味噌でありながら新たに作られたソースでもあって、味噌カツを食べ慣れている人にもいいんじゃないかなあ。

続きを読む

昨日、2020年3月2日のランチ

みそかつ定食。味噌汁のネギが別だったことに最後に気づいた。
ここはキャベツの切り方が独特で若干太め。あの、カツなどの定食はキャベツが山盛りに多い店があるよね、あれ食欲落ちるんだよ。残せばいいんだろうけど、慣習と気持ちの問題で食事を残すのは自分でも他人でもすごく嫌な気分になるので残したくないんだよ。この量だと全然平気。むしろ物足りなく感じる。そもそも食が細いこともあってきれいに食べ切れる量が良いと思っている。それが叶っているのがこの味噌カツ定食。

メインのお皿以外はハンバーグ定食と同じなので割愛して、味噌カツについて。この肉も脂より肉の旨味を楽しむような肉です。脂身がないわけじゃないよ、端の方は脂身ばっかりのこととかあるやんか、特にランチ出すタイプの店だと。それがないんだよ。ずっと肉。味噌もきちんとソースになっていてデミグラスと合わせたような旨味からくる甘さのような味があって美味しい。しかし優しい味にパンチがないと思う方は少し乗っている辛子を足すとちょうどよい刺激になると思う。

キャベツは何もかかっていないが、味噌だったりデミグラスなり、メインに乗っているソースをつけてちょうどよい量になっている。僕はこのように上手に食べればお皿がきれいになるようなちょうどよい量が好きです。
毎度おなじみ、これはどこで食べられるかは教えない。