uniball oneとballsign IDを改良。

気に入っているボディのbaiisign IDの先端をつや消し黒で塗装。シルバーの成形色はやっぱり安っぽいし、この程度のシルバー成形色で反射することはないけど、一応反射防止に塗りました。
ballsign IDはジェットストリームもリフィルと互換性があるので、そのジェットストリーム互換のリフィルも使えると思っていたら太い部分の系が太いのでジェットストリーム以外に互換性がないことを身をもって確認したので、このままオリジナルのリフィルを使うことにして、気に入ったボディとリフィルで使うのはもう一つきにいっているuniball oneで実現しようと思いました。

続きを読む

コンテを描く画材。

絵コンテを描くのはこの二本で落ち着いている。赤鉛筆であたりをとって鉛筆で書き込む。赤鉛筆は芯ホルダーのFIXPENCIL。もうプリントが消えかかっている。鉛筆はシャーペン、PRESS MAN 0.9mm。PRESS MANは安くていいと思ったのに、あんまり売ってないんだね。見つけた時に買っておこう。どちらも適当なラバーグリップをつけている。
下の紙は陶器のタイルみたいだけど自作のコンテ用紙。

uniball one

水性ボールペン、uniball one。これいいね、描きやすい。寝かせすぎると描けないのはボールペンなのでしたかがないが、それでも結構寝かせ気味でも描ける。

ボディの太さはブレン程は無く、一般的なボールペンと同じ。ボールサインIDと同じように別のラバーグリップをつければ太さは解決するが、元々ラバーっぽいグリップは付いているので勿体無い気がする。無視してつければいいか。でもこれはデザインが綺麗なのでこのまま使いたい。
赤鉛筆の上にも描けるので下書きができる。
水性が嫌だ!と思ったらジェットストリームのリフィルも使えるよ。at your own risk.

ballsign ID 0.5mmを改良する。

折角の見た目の良さを台無しにする改良だ。しかし、個人的には使用感は良くなっていると思う。素敵デザインとは裏腹のスッカスカに軽いプラスチックのボディは唯一の金属パーツであるクリップのせいで重量バランスが後端に寄っているのです。考え抜かれたボディ断面も実際はあんまり効果ないんだよね。発想はとても良いし、こういうのに興味を持つんだけど、理想と現実みたいな感じはすごくある。これはそのまま金属製ボディにしたら効果を発揮するんじゃないかとか思ったり。
思ったところでメーカーじゃないので実現できないから、ストックしておいたボールペンのラバーグリップをつけました。ボールサインIDの設計を台無しにしてしまうが、重心が中心に寄って感覚的には低重心になっている気分。握る部分の太さがブレンと大体同じくらいになって持ちやすくなった。僕はブレンの太さくらいが持ちやすいと思う。持ちやすさが描きやすさに繋がり、とても快適になった。
大きく寝かせて描くことができないのは個人ではどうにもできないが、ラバーグリップを追加するだけで使用感が向上する。追加グリップは情報を控えていないのでどのボールペンのグリップかは不明。

ボールサインIDはジェットストリームのリフィルと互換性がある。メーカー保証外になるけどね。

ballsign ID 0.5

絵を描くのにジェットストリームより良いボールペンはないか探す件。
今回はサクラのボールサイン IDの0.5mmピュアブラック。このシリーズは六色のダークグレーを楽しむような、文具好きへのアプローチがあると思うが、全く無視して絵を描く道具としてどうか、気にして描いてみた。

見た目はかっこいい。持った感じはブレンより細い感じ、全体にやや軽く感じるのは印象だけではないと思う。ブレンは振動を極力少なくした設計になっているが、このボールサインIDも思いっきり振らない限りカタカタと振動することはない。ペン先の少しの揺れも許さないならともかく、ボールペンに対して振動をポイントに選ぶならボールサインIDでも良いと思う。でも僕は持った感じはブレンが良いと思った。太さとか重心が低いとかの点です。

じゃ、ボールサインIDはどこが良いと思ったか。インクだ。ゲルインクはシャープに描けて若干の粘りというか軽く走る感じがとても良いと思った、赤鉛筆の下書きの上でも描ける。ブレンのときも同じこと書いてたかな。自分に合っていない点は大きく寝かせて書くと描けなくなる点だ。他のボールペンでは気にならなかった。他というのはジェットストリームなどだ。ペンをかなり寝かせて描く癖があるため気になってしまう。いまのところ、ブレンのボディにボールサインのリフィルが良いと思う。

しかし、ブレンにボールサインIDのリフィルは入らないのでリフィルを優先してボールサインIDが自分には合っているのかと思う。ゲルインクは大昔に気に入って使っていたがいつの間にか使わなくなっていた。あ、ブレンも赤鉛筆の上に乗るし、単純に好み以外ではよいんだけどね。良いと言いつつ、まだ迷っている。

ステッドラ オムニクローム

ロケ先の画材店であり、長年お世話になっている平木屋さんで頂いた。
つるつるの板などにもはっきり描ける。筆圧が低いと若干かすれるものの、下書きには十分だし、水できちんと消えるのも良い。

鉛筆の気になる点は長さが変わることだ。それを解決するために二つに切る。
同じステッドラーの鉛筆ホルダーに入れる。

同じステッドラーでもホルダーは日本製。グリップも良くなり扱いやすい。

反射防止版を作った。

電子メモ帳のスケッチを撮影すると必ず反射するので、それを防止するための板を作成し。とりあえず段ボール製。カメラの窓を開けてスマホを固定する部品を切り出して今回は紙用のノリで接着。今のところ使い勝手は良い。

スケッチ用芯ホルダー

自主的に制作しているアニメ、KUKUIの制作を再開すべく重い腰を上げて登場キャラクターのスケッチを描いています。アイデアを描きだしたいだけなので鉛筆でどんどん描いています。曲を受けて作ったライカリールをもう一度受けて作られた曲が思ってなかった方向性ととても共感できる感覚なので、絵をもっと考えたくなったのですよ。かといってここで考え続けると全然進まないのである程度で落とし所を見つけないといけないです。

使っているのは芯ホルダーですが、咥えているのは鉛筆の芯です。

パレットを試作。

ペンキ用のパレットを考えていまして。多分自分以外は用がないものだろう。
少しずつペンキを出して混色するのに紙皿を使っていました。様々な不具合があるのでどうにかしたくてトレイだけ買って牛乳パックを開いて中に敷いていたのです。やっぱり出したペンキが流れて混ざったり、少しだけしかない調色したペンキがパレットが傾いて流れたり、乾燥が早くて固まったりしています。全部解決するためにペンキを小分けして出せて感想を防ぐように蓋がついていればなんとかなるんじゃないかと思いまして。
開いた場所には牛乳パックを貼ります。まだ実戦投入していないのでどこまで使えるか。

パレットを自作する話。

まあぼんで今回使っている画材は水性ペンキです。僕はあまり好きではないのですが、屋外で壁に描く場合は選択せざるを得ないものです。イベントカラーなどのアクリル絵の具は使い勝手はよくても完成後の堅牢さに欠けるようなので使えないんですよ。描いた後を気にしなければいいんですけどね。ペンキはそもそも絵を描く画材じゃないので扱いはとてもやりにくいです。特に混色が難しい。缶に入ってる状態で完成された色になっているので純色のように見えても他の色が微妙に混ざっているのです。

本来用途ではない使い方をしているのでしかたないんですけども、それでも癖を見抜いてうまいこと使うんです。実際は混植を諦めるか適当に混ぜてるだけですね。結局適当か。

その混植するのにパレットを使わずに紙コップで毎回混色していました。一度に大きな面積を塗るときはこれで良いのです。しかし細かく混色してタッチを入れたいときはあまり向いておらず、本当のパレットのように先に絵の具を出して必要な量だけ筆で救って混ぜる使い方がしたいのです。じゃパレットでいいじゃんとも行かないのはペンキが強力に固着するからです。だから外壁に描くときはペンキを選んでいるので、どうしたものかと、でやっと本題の牛乳パックをパレットにするのです。牛乳パックだけだと持ちづらいので100円均一で買ってきた深めのトレイにガムテープで止めて使っています。持ちやすいし、深いせいか量が少なくても乾きづらく、やりたかった少しずつ混色が出来ます。使い終わったら固まったのを確認して捨てます。トレイからはみ出た部分はカットしないのかと問うならば、この様になっていると筆を整えるのにちょうどよいのです。普段描くものが小さいので普通のアクリル用のパレットで十分ですし、なんとなく色もわかるので、牛乳パックパレットはペンキ専用だろうね。
しかしこれ、僕以外必要としていないな。