iPod touchケースを改造する。3

これで一応の完成。

iPod touchケースと言っているものの、iPhoneでもAndroidでも同じことができるので適当に読み替えてください。
なんでケースにステップダウンリングをつけたかと問うならば、在庫のビデオ用ワイコンを付けたかったからです。あれは3年前らしいです。このあたりに書いていました。

続きを読む

iPod touchケースを改造する。2

蓋をしたPP板をカッターで削って整形。フェルトは思ったように切れず、切り口が毛羽立っている。ここは何らかの方法で改善したい。実用的には問題ないけどね。力がかかる部分なのでもう少し硬化まで待つ。

iPod touchケースを改造する。

使っているのがiPod touchだからこのケースであって、スマホなら何でも同じ。

ケースが透明でなんだかわからんね。大切なのはステップアップリングをレンズの位置に接着しているところです。これはゼリー状瞬間接着剤を使っています。量が多かったのであちこち白濁しました。拭けばいいので作業を進めます。
ただ接着しただけではケースからはみ出た部分が筒抜けなので蓋をします。できればスチロール樹脂とかアクリル板が良かったのですが、見当たらない価格が高すぎるなど今回の条件に合わないどころか買いに行ったら在庫がないんだよ。仕方なくセリアに行ったらPP樹脂板しかなく、不透明なものはベージュで黒が良かったので、店内を回ったらかばんを作る素材でかばんの底に置く板として黒色のPP板があったので購入。改めて考えると、加工のしやすいスチロール樹脂といえばプラバンじゃないか。白いけど黒いフェルトを貼るので黒じゃなくても良かったじゃんなんだけどすでに接着は終わっていた。

ケースからはみ出た部分はPP板で塞いでいるが、おおよそあたりをつけてクラフトチョキで切り出し、接着後不要な部分を切り落としている。まだ乾燥中なのでもうしばらく待ってから更に整形する。
スマホケースの反射があるので化粧以外の意味でもステップアップリング内に黒いフェルトを貼る。形は現物合わせで上手いこと入った。乾燥を待ちながら白濁した部分や接着剤が不用意についた部分をシンナーなどで拭き取る。この辺りは慎重に作業する。
クラフトチョキはデットプールカラーだ。

カメラの撮影練習200818

仕事のカメラ、QooCam 8Kの練習。三脚を借りてくるのを忘れたので自前のDJI OSMO Pocet用の自撮り棒とZHIYUN SMOOTH 4 のミニ三脚を組みわせて代用しています。高さがないので人の視点から遠く、目的とは違う感じになっている。
未だ練習中なので作例すら見せられないが、撮影自体は簡単で、難しいのはどうやって撮るか。WiFiなのに遮蔽物があったり、5m位の距離でも全く通信しなかったり、かと言って何度か撮影すると先に書いた条件でも通信できたり、反応にむらがある。
もう一つ問題は隠れる場所だ。360度写ってしまうのでカメラに見えない場所に隠れなければならない。室内ならその場所はあっても屋外は難しい。今回は隠れられる木のある場所を見つけて撮ったけど、何もなく広がる芝生などは隠れられないので未だ解決策が見つからない。なんとなく偶然写り込んだ人を装っても限度がある。何にしろカメラから近い位置なので不自然なのだ。青いシートなどかぶって位置を開けて二枚撮って合成するとか。できるだけ手数は少なくしたいのでシャッター押すだけにしたいね。

筆置きを作った。

スーパーなどに併設されているwats(?名前は忘れちゃった)100円均一ショップで見つけた珪藻土製の棒、四個入りを削って作りました。吸水性が高いのでいいんじゃないかと思ったり、柔らかいので削りやすいです。ヤスリは鉄の丸棒ヤスリ。目詰まりがひどいので作業後はワイヤーブラシで掃除が必須。模型用の筆以外も置くのです。

SMOOTH 4で充電する。

ZHIYUNのSMOOTH4はスマホ用のジンバルなので充電するとは何なのかと問うならば、SMOOTH4から充電しながら撮影できるのです。
当初は充電用のコネクタをSMOOTH4自体の充電用コネクタと間違えていて、全然充電されないからどうしようかと思いました。iPod touchで運用したかったので充電必須なんです。これが全然バッテリー持たないんですよ。
説明書でどうなっているのか調べたらアームの一部にありました.。Micro USB Type-BなのでLightningからMicro USB Type Bのケーブルが必要です。しかしそういうのは無いのです。もう一つ問題はLightning側は直線型だとアームに当たって負担が大きいのでL型にしたい。世の中はMicro USB tyope BからUSB type Cへ移行期であり、ケーブルは出回るようになった代わりに変換が店頭から消えているのです。Micro USB tyope BからUSB type C、またその逆の変換が100円均一ショップでもそれなりに並んでいました。自分では使わないと思ったんですよ。
めっちゃ使いますね。今必要です。

続きを読む

自撮り棒。

自撮り棒を買いました。ついでにではなく、同時にDJI OSMO POCKETに三脚穴をつけるためのカバーというとOSMO POCKETを知らない人は意味がわからないだろうが、OSMO POCKETには三脚穴がない。自作しようと思ったが安定が悪いし、これより安いのはアイアンクローが如く本体を締め付ける固定方法で、あれ、好きじゃないんだよね。筐体に負荷がかかりすぎるから。これは本体をケースに入れてプラスチックのロックで閉じるようなやり方なので本体に対して負荷が少ないんじゃないかと思う。思ってるだけでですけどね。今度は録する部分のプラスチックが繊細なのでこちらのほうが負荷は大きいかもしれない。破損してもケースが壊れるだけだからね。こちらのケースにはDSLRに取り付けられるコールドシューやGoPro準拠の三脚穴アダプターや大型クリップなども付属します。
で、自撮り棒。本来は360度カメラのinsta360 one Xに使うものらしいが、OSMO POCKETでもだいたい同じように使えるのでいいのですよ。
こちらにもGoPro準拠のアダプターがついてきました。世の中のカメラは全部GoProのアダプターでつながる気がします。僕は普通の三脚穴でいいです。
流石に全長約3mは長いです。これでハイアングルも対応できます。

油性ペンケース。190920

油性ペンを入れている箱は元ウェットティッシュのケース。たまたまあったことと、高さがちょうど油性ペンを入れるのにあっていた。その程度の理由だったがウェットティッシュが入っていたくらいなのでそれなりに密閉性があるようでインクが薄くなってきた油性ペンもこのケースに入れておくとインクが若干復活して油性ペンを入れておくのに大変都合が良かったのだった。