自撮り棒。

自撮り棒を買いました。ついでにではなく、同時にDJI OSMO POCKETに三脚穴をつけるためのカバーというとOSMO POCKETを知らない人は意味がわからないだろうが、OSMO POCKETには三脚穴がない。自作しようと思ったが安定が悪いし、これより安いのはアイアンクローが如く本体を締め付ける固定方法で、あれ、好きじゃないんだよね。筐体に負荷がかかりすぎるから。これは本体をケースに入れてプラスチックのロックで閉じるようなやり方なので本体に対して負荷が少ないんじゃないかと思う。思ってるだけでですけどね。今度は録する部分のプラスチックが繊細なのでこちらのほうが負荷は大きいかもしれない。破損してもケースが壊れるだけだからね。こちらのケースにはDSLRに取り付けられるコールドシューやGoPro準拠の三脚穴アダプターや大型クリップなども付属します。
で、自撮り棒。本来は360度カメラのinsta360 one Xに使うものらしいが、OSMO POCKETでもだいたい同じように使えるのでいいのですよ。
こちらにもGoPro準拠のアダプターがついてきました。世の中のカメラは全部GoProのアダプターでつながる気がします。僕は普通の三脚穴でいいです。
流石に全長約3mは長いです。これでハイアングルも対応できます。

油性ペンケース。190920

油性ペンを入れている箱は元ウェットティッシュのケース。たまたまあったことと、高さがちょうど油性ペンを入れるのにあっていた。その程度の理由だったがウェットティッシュが入っていたくらいなのでそれなりに密閉性があるようでインクが薄くなってきた油性ペンもこのケースに入れておくとインクが若干復活して油性ペンを入れておくのに大変都合が良かったのだった。

マーカー格納庫

最近描いている絵は大体油性マーカーを使っています。ややカスカスになりインクが減ったように感じるときはこのケースに入れて一晩おくと復活していることがあります。

中はすごくシンナー臭いです。

単なるウェットティッシュの空ケースです。意外と密閉しているようです。そのままではカラカラ言ってうるさいので底と口にそのへんにあったクッション的な素材を切って貼りました。これだけで雑音が収まって扱いやすくなりました。

ホワイトボード

練習で描いた絵はホワイトボードに貼って撮影して色を塗っている。縦横の比率にこだわりは無いので直接ホワイトボードに描いてもいいんじゃないかと思った。暫くまた竹ペンで描くのですぐではないけどホワイトボードも貼る以外の活用方法を考えよう。

プラチナ万年筆 プレスマン

急場しのぎとお試しで買ったプレスマンだが、思いのほか描きやすい。なんというかすいすい描ける。軸が鉛筆と同じ太さで今となってはやや細いと感じたので使い終わったボールペンのラバーグリップをつけているのは以前に書いているけど、これも上手いこと使いやすさに貢献している。こうやって道具のことなどを書いていると多少やる気が出てくるような気がする。

ペンのグリップを移植

ペンの太さが気になっていたので使い終わったボールペンでラバーグリップが外れるものから移植した。PRESS MANにつけたものは径が小さかったようで切り開かないと外すことはできない。
赤い芯ホルダーは半透明の青いグリップしかなかったので凄く気持ち悪い配色になっている。別の色があれば取り換えたい。

スマートチョークを買った。

スマートチョークを買いました。画面が鉄板やコンクリートなどの場合に下書きしたいからだ。本来は建築現場用のマーカーで、芯は硬めのクレヨンだ。太さは5mm。黒と白もあるので下書きではなく、これで絵をきちんと描くこともいいんじゃないかな。
グリップ部分に取り立てて滑り止めは無いが太さもあって持ちやすい。キャップがついてるがこれはペンケースがあればなくてもいいかな。多分本来はポケットなどにさしているから芯が折れることや服などへの汚れ防止だろうね。それくらい芯が柔らかい。ノックして芯を出す、シャープペン方式で芯が太いせいで芯が繰り出すのもガチっ!と重量感がある。見た感じは特殊でも描いてみると普通だ。やや硬いクレヨンだし、凄く柔らかい色鉛筆だ。
ここまでは紙に描いた感じ。紙に描くならコスパは悪いよ。クレヨン買ったほうがいい。クロッキーとかスケッチとか形を捉えることをしたいときはいいかもね。
今回使いたい目的の鉄板に描くのをやってみる。表面がサラサラな処理がしてあるものは描けることがそもそも分かっているので、つるつるな表面の鉄板に描いた。しかし、描いていい鉄板が見つからず、探し出したのがPCケース。今使っているので迷ったが消せるというし、PCケース自体を人に見せるものじゃないのでいったん外して描いてみた。思ったより細い線で描けた。しかし消せなかった。うっすらどころか水をつけて力を入れてこすっても全く消えませんでした。多分コンクリートなどなら水を流しながらブラシでこすれば消えるんだろう。鉄板はダメでした。ならばということで、手元にあったアクリル塗料用シンナーで消えました。これは鉄板の表面処理を荒らす場合があるので注意が必要です。
水溶性だが意外と落ちないことが分かり、ややがっかりですが、描けることには変わりないので外で描く場合などに活用していきます。

続きを読む

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm

数十年間愛用していた0.9mmのシャープペンの芯を送る部分が壊れた(理由は不明)ので急遽PRESSMANを買ってきた。通販サイトなどのレビューでは評判が良いので期待しての購入だが、機能よりも価格で選んだ部分が大きい。これまでのは金属製で2,000円だったが、これはプラスチック製で210円だ。暫く使って問題がなければこれでじゃんじゃん描いていこう。芯はいっぱいあるのだ。
写真を撮ってからクリップとバーコードシールを外しました。

呉竹 ZIG Cartoonist MANGAKA

twitterで知ったんですが、ミリペン的なもの。

使い勝手どうでしょうかね。気になります。今のところつけペンに戻ってしまっているので、こういったカジュアルな感じの画材にしたいなと思ってます。つけペンだと出先などいつでもどこでも描けるわけじゃないし。

赤色は職人専科

IMG_20160515_120024
芯ホルダー用の赤色がなくなったので買い足し。amazonで探してレビューを読むと送料が上回るような感じだったので、普通の色鉛筆より若干安かったし、他を回ったついででもあったのでDIYショップで購入。文具コーナーにはあったものの、パッケージ自体が製図用でもなんでもなく、建築現場で職人が使う感じを想定した商品としてパッケージされていた。中身は普通のuni。芯ホルダーはuniではなく、カランダッシュとコヒノール。コヒノールはちょっと重いので、軽いカランダッシュのFIX PENCHILばかり使っている。
これでマンガが描きやすくなります。