ノートパソコンに絵を描く1

ソフビモゲラの下地を塗ったついでに以前から予定していたパソコンにペイントする下地も塗装。描く部分に筆でざざっと描く。もう後戻りできないがもうちょっと塗らないと下地にならないね。

サイトのインデックスページの画像。

多分英語で最近の言い方があるのかもしれないが、もうそういうの面倒なので最初のページの画像ね。どうせそんな言葉は数年で死語になるだろうからね。
この前のWindowsの更新に時間がかかりすぎて作業ができない時間の間にドローイングだけした。今日はそれをレイアウトして格好をつけた。全部チラシの裏にイオンで買った安売りの太い油性マーカーで描いている。絵は道具じゃないとか大した絵でなくてもレイアウト次第とかその間に理屈をあれこれつけてもいいかもしれないし、実際つけている人もいる。その辺りは気にしていない、それよりもどんな状況でもサラサラと描けるようにしたい。
フォントは既製のもの。
あ、これは何かと問うならば、自作のキャラクター。他にもあるが、なんとか格好つけてまとめたい。って緩やかの戒めのつもりでサクサクレイアウト。