ライブドローイング用のドテドンなどのスケッチ

確か以前にアップしていた気がするが何描こうかしらんとその場で考えるのは時間も無駄なので先にA3程度の紙に描いていました。大きな絵や絵を描くための全体や部分を描いたりするのは特別なことではありません。普通です。
そのまま捨てちゃうのも何なので塗りました。

メカギドリも描いています。こちらこそ描き慣れていないのでこのようなミニスケッチが必要でした。機械部分など描くたびに形が違っています。

実際に描いた絵に色付けたのは北極大陸に掲載予定です。

油性ペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で着色。

LEDVIPER raika 181113

レッドヴァイパー雷火を記憶スケッチ。全身を描いていなかったので描いた。
腕の刀が後方に伸びている実剣を持つ場合に逆手持ちのような格好になっているのは相手に高速で接近して切りつけるのに都合が良いから。もうちょっと短くても良かったな。緑なのはスカルホッパー(という怪人も考えたのだよ)のコアと融合したフォームだからだよ。という設定。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

ミミズ怪人

ミミズを記憶スケッチ。ミミズは大体空で描けるがどういうことかミミズは画像だけでなく改めて解説などを読んでいる。で、こうなった。股間の金属パーツがやたら目立つのはいつも付けている腕や腿の金属パーツを忘れているからだ。で、こいつは大量にいて、地下で人を喰らって土に変換する作業をさせられている。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

ふくろう怪人

ふくろうを記憶スケッチ。今回はちょっと写真見た。見たというときはどのように見ているかというと、画像検索して画面に一覧される状態でスクロールしてざっくり見ています。全然見たことがないとか、想像と大きく形が違う場合は形が分かりやすい写真をいくつか見ています。大体怪人にする動植物や昆虫はかつて見たことのあるものが殆どなので大体は想像で描いています。虎やシマウマなどの模様が複雑なものはそれなりにきちんと描きたいと思うので模様の形が分かる写真を見ていますね。そのうちProcreateで色塗りする前のドローイングのメイキングも履歴として書こうかな。羽を描くのが面倒なので鳥怪人は描きたくないなあ。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

Zenizler

ゼニズラーはバイトメンの敵組織の創設者。宇宙からやってきた凶悪生命体。この世に未練のある侍や商人の霊を廃棄された人形などに入れて復活させた。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

ライブドローイングで感想

2018年11月3日に岐阜県各務原市の学びの森で開催のマーケット日和にドテ丼と焼き鳥のブースで参加してきましたよ。僕は絵になってる部分を担当しました。
上のバナーとか下のバナーとか、ライブドローイングです。
上のバナーは背景になっている文章も考えたよ。電子フリーペーパー北極大陸第48号に全文載せました。

下は今回ドテドンに肩書みたいなガンダムだと機動戦士みたいなものを考えました。THE WICKED EATER DOTEDONです。悪党を喰うドテドンです。最初は下のバナーを忘れられていました。

続きを読む

light breaker

light breaker

元土日休むマンのlight breaker。名前は何でもいいんですけど、日曜は休むのでライトブレイカーなのです。土曜はどこ行ったかはともかく。今回の連作している怪人は人と動植物や昆虫を融合させています。融合させるための何か薬品なり機械なりが使われていまして、これを人間だけで作ったのがライトブレイカーという設定。土日休むマンの時は手と足首、顔に土星のように輪がついていました。しかしあれでは動きにくいので常時出ているのは肩だけにして、手と足首は必殺技を発動したときに展開する事にしました。顔面に五感のための器官が無く、すべてを赤い丸の部分で得ている設定で人の姿への変身機能は未定。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

蜘蛛怪人

蜘蛛を記憶スケッチ。蜘蛛は何度も描いているように思う。毎度違う形なのはある程度意識している。今回のが一番かっこいいかな。これも先に少し蜘蛛を見てしまっている。見ただけで何も参考にはしていないが。色はカラフルにしたかったのでこうしたが、茶色いほうが良かったかな。
そういえばロックバンドのJUNKY WALTZのマークも蜘蛛だったなあ。あれもリデザインしてキャラクターにしたいなあ。キャラクターって言ってもかわいいデザインにする意味でなくて、立体として成立するデザインにしたいってこと。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

GIGA BYTE ROBO 181106

貧弱だったので描き直した。勢いで肘や膝に刃物を付けたが違う気がしている。とはいえ、これはこの辺りでお開き。リクエストがたくさんあれば再開ってことで。

0.9mmのシャープペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。