SHODO-X仮面ライダーとサイクロン。

バイクとアクションフィギュアのシリーズ。第一弾。
仮面ライダー旧一号とサイクロンを買いました。サイクロンは二つに分かれていて完成させるには倍の値段がかかります。他に旧二号と桜島1号

180924003

(何を言っているか分からない人への説明。仮面ライダーは劇中でカラーリングなどが説明なしに変更されます。理由はTV画面での見栄えや撮影中の修繕のしやすさという制作上の理由ですが、それに対して作品世界の裏付けをあとから設定が作られました。カラーリングの変更はすなわちパワーアップしているという設定で、新しいカラーリングを新、かつてのものを旧としています。設定とはいえ新たに特別な名称は与えられず、記号として便宜上のものがそのまま継承されています。これは1号、2号共に同様です。桜島一号とは本郷猛を演じる藤岡弘、が骨折事故から復帰した最初の回に登場した仮面ライダー旧一号のカラーリングが桜島でロケした第40話、41話、51、52話に、これまでややブルーグレーだったあごや胸などが濃緑色で全体も黒くなって登場した。これも制作上の塗料がこれしかなかったという理由で物語としての設定は後付けである。)は、ほぼ色違いでの再現なので(撮影中の劣化などでマスクなどが変形して個体差ができているがそれは再現されていない)旧一号だけ。

サイクロンのA、Bの全パーツ。思ったより組み立てなければならない。いつもの食玩フィギュアを想像していると組み立てるのが億劫な人がいるかもしれない。

180924004

組み立てにはプラスチック用ニッパーがあると便利かもしれない。無くてランナーから手でもぎっても、慎重に作業すれば問題ないと思う。

180924005

組み立てはパッケージ裏の説明を読めば問題なく組み立てられるが、小さなパーツははめ込みづらかったりするときがあるので落ち着いて慎重に作業しよう。エキゾーストパイプなどはめ込みが緩いので気を付けて。

180924007

仮面ライダービルドの食玩アクションフィギュア、創動ビルドと並べる。

180924009

精密感が全く違う。厳密な淑尺で設計されていないので二台並べるにはスケールとしては無理があるね。

180924011

仮面ライダー自体は胸で分割稼働できるのでポーズの表情が豊かだ。残念なのは腕が真下に降ろせないこと。丁度ボディビルダーが腕が斜め下にしか下せない感じ。他は価格とコンセプトからしたら気にならない。全部塗装されているのでこのままでいいんじゃないかと思う。手首は握り、平手、バイクのハンドル持ちの三種がついている。平手はライダージャンプしたときのピンと指を張った形なので自然な開きの手があったらよかったな。
サイクロンも良く出来ている。

180924010

マフラーが凄く目立つ。しかし、ダミー。次のシリーズはファイズだ。多分バイクであるオートバジンは買わないが注目している。

http://www.bandai.co.jp/candy/products/2018/4549660251378000.html

コメントを残す