iOS端末のケーブルの補修

IMG_20160903_103458
未だに古いiPod touchを使っておるのです。ケーブルは30ピンのものです。このケーブルはどういうことか外装のビニル部分が裂けてくるのです。裂けたところはビニルテープを巻いておりました。すると巻いた端からまた裂けるのです。このいたちごっこを続けるとケーブル全部をビニルテープでぐるぐる巻きにすることになります。かっこ悪いです。格好だけでなく、安全を考えると怖いです。夏には粘着剤でねちょねちょになります。というか、なってる。

そういえば昔模型用に買ったガラス繊維のチューブがあったなと、探したらありまして、当然のように白色もあったのですが、それは模型用に確保して、赤いのにしました。結果としてダサいままですが、安全は確保されました。ちなみに裂けた部分だけでなく、全部覆いました。どうせ全部裂けます。

材料
裂けたケーブル。もしくは裂ける前のケーブル。
カラス繊維チューブ内径6mm 長さ1m

道具
丈夫なハサミ(薄いアルミの板を切っても大丈夫なもの)

やり方。
カラスチューブ内径6mm、長さは1mくらいを購入します。長さが不明な場合は少し長めで購入し、現物合わせで調整します。ほとんどの場合1mで足りるはずです。
大丈夫なハサミで縦に切れ目を入れます。端から端までです。一気に切りたいですが、まっすぐ切ったほうが綺麗なので慎重に切り進めます。
切れたら軽く開いてケーブルをはめ込みます。
完成!

切れ目を入れないとかぶせることができないので、そもそもの時点で不安はありますが、雑に扱わなければ脱落することもないですし、耐熱なのでビニルテープを巻いてるよりは安全かと。
それでも白い方が良かったな。

DIYショップとか電気屋さんなど店頭だと量り売りがあるかもね。
無いときや複数補強したいときは10mくらいあるといいかもしれません。

コメントを残す