怪人の線画の描き方。

塗り方は書いても線画について書いていなかったので記録です。

これの描き方です。
描くものを決めたら赤色鉛筆でこのように描きます。怪人に関してはほぼ資料を見ません。知らない動物やどうしても気になる部分などがあれば検索して一瞬だけ見ます。動物なら大きくイヌ科とネコ科に分かれることと、筋肉の流れとか目や鼻などの位置関係は大体覚えているから予想は付くんだよ。人の筋肉と骨格は自分見ればいいし、年齢や筋肉、脂肪のつき方などで変化する姿勢なども普段から観察しておけば常に資料を首っ引きでなくてもなんとかなるよ。というか、何とか出来るようにするための練習で怪人を描いています。

さらに細かく描きます。
この怪人の連作だけのことで、怪人の向いている方向はそれなりに考えていて、敵の組織の怪人は向かって右向き、その怪人を殺すレッドヴァイパーとその味方は向かって左向きに描いています。どちらでもなかったり、寝返ったりする場合は正面を向いています。体は向かって右だけど顔は向かって左などもいます。それも寝返ったりどちらでもない第三勢力なことを表現しているのです。

鉛筆で細かく描きます。赤鉛筆は芯ホルダー、鉛筆は0.9mmのシャープペンです。ちまちま調子を描くのが好きなので描いているだけで描いても描かなくても色塗ってしまうとあまり関係ないかもしれないね。
消しゴムは使いたくないので使わないです。消すのが面倒ですからね。
赤色で下書きを描いているのはスキャンしてから消せるからです。こうすると消しゴム要らずで描けます。ペンの感じも好きなんですが鉛筆も好きなのと描きやすいので鉛筆で描いていまして、画像編集ソフトで明度など適当に持ち上げれば描線をBL100%に出来るのでまぁいいんじゃないかと。描いたままが仕上がりだと困りますが、今のところパソコンで仕上げるからね。

色塗りは怪人じゃないけど以前に書いたこちらと同じです。

コメントを残す