なんでもキャンバス

トイレットパーパーの芯を捨てようとしたものの、なんとなく気になって部屋まで持って来てしまったので描いた。なんでもキャンバスだね。描き出すと止まらないのに肝心の描くべきものは描いていないなあ。

後先考えずに描いたので左右で詰まってしまい、背中は描けなかった。
後ろのベージュの象っぽいものは大昔に紙粘土作ってシリコンゴムとプラキャストで量産したものの残り。これ一つしか残っていない。鼻のパーツが紛失しているのが恥ずかしいので隠している。これも鼻を新造して仕上げないとな。

コメントを残す