何度目かのiPad用のスタイラスを制作。

何でスタイラスを自作しているかと問うならば、自分の使う道具を自作したいと幼少のころから思っているからだ。なぜ思うかといえば、祖父が家具職人(だが、ほとんど仕事をしなかった)で墨壺や旋盤、灰皿とタバコをしまっておく割としっかりした箱とか。自分が使う道具を自作していたのだ。
もう一つ実用的な理由があって、思っていた以上にペン先が減るのだ。ダイソーとかで買えばいいじゃんのレベルではない速さなのだ。あのペン先は減るんだよ。経済的な問題でもあるのだ。ならば指でいいじゃんかは、健康上の問題だ。指先で塗ったり描いたりしているととても痛くなるのだ。

それでは毎度の制作工程だ。今回は写真がまとまった感じでお送りする。
材料は10mm各の木材、ここに入れるのを忘れたアルミテープ、地震対策GEL、インスタントコーヒーの詰め替えパックの袋(今回はBlendy)。アルミテープと地震対策GELは100円均一ショップで手に入る。合計するとダイソー製のスタイラスがよさそうですけど、この材料で十本くらい作れます。地震対策GELは一つで5mm四方くらいしか使わないです。本来の地震対策にも使いましょう。
道具はカッターナイフ、はさみかニッパー、へら、カッティングマット、のこぎりなど。

続きを読む

スタイラス用アルミなんとか

iPadなど用の自作スタイラスのペン先にあたる部分はアルミホイル的なものが安く調達できてよいです。価格を気にするのはかなり使い捨てることになるからです。価格を気にしなければ全部Apple Pencilでよいです。僕は凄く気になるので自作スタイラスをいろいろ考えています。結局Apple Pancilと併用することにしたので細いペン先のスタイラスは要らなくなりました。自作スタイラスは塗りを担当です。スタイラスはどうやら最小反応面積は0.9mm四方のようです。これ以上接触面積が小さいと反応しません。ですので市販のパッシブスタイラス(電波などで通信しないタイプ。こういうとしょうもないものでもかっこいでしょう。Apple pencilみたいなのはアクティブスタイラスっていうと格好いいんじゃないかなあ。)を自作するなら0.9mm四方あればいいんです。0.9mm角の角材にアルミテープとアルミホイルを巻き付ければ完成です。パイプや丸材じゃないのはテープが貼りずらい事と、使った時の反応が良くないからです。角材に直接ペン先になるアルミホイルを巻くとクッションがまるで無いので描きづらいです。

続きを読む

スタイラスのペン先について

ポテトチップスの袋だこの前食べたじゃないかと思ったらすでに捨てられていて、ゴミ箱どころかごみ収集で捨てられており、家には跡形も無く、その代わりインスタントコーヒーBlendyの詰め替え袋とマルちゃん正麺五袋セットの一つずつをまとめている袋を見つけました。どちらも内側がアルミ的になっています。試すとどちらも当然使えました。画面をこすった感じも傷を気にしなくてよさそうです。というのはまだ耐久テストとするまで長時間使っていないからです。特にBlendyに関しては厚みがあるので耐久性に期待したいです。
写真の上の四角いのはこれまで使っていたもののペン先を張り替えたもの。下は二つのボールペン軸を分解し必要な部分だけ組み合わせたものにBlendyの袋から切り出してアルミテープで留めたもの。仕事が雑でアルミテープがしわになってしまった。グリップのゴムを外しているので太さが足りず持ちずらい。これは暫定版で改良予定。良い点は画面に垂直に立てても斜めに当たっても使えること。

スポンジスタイラス

クッションに消しゴムを使っていたらクッション性については問題なかったが、摩擦に大変弱く端から粉々になって大変使いづらい。たまたま手元にあったシリコンゴムで何とかならんかとするために、これもたまたま手元にあった両面テープがスポンジ状のもので、シリコンゴム無しでこのテープだけで何とかなるんじゃないのかとスポンジ両面テープだけで作ってみた。一枚と二枚重ねたもの。
結果としてはこれで十分だ。厚さは1.5枚がいいね。一枚では硬いし、二枚では柔らかい。必ず痩せてクッション性が失われることを考慮すると二枚重ねるのはよいかもしれない。

そうそう、アルミテープやアルミホイルを特にくしゃくしゃに丸めたり雑にペンに巻いたりしたものは使わないほうがいい。画面に傷がつく。
僕は試作中にどうやら傷をつけてしまったようで今更薄い傷を発見した。
まだ試作中。出来るだけどこにでもある材料で使いやすいものが作れることを目標にしています。

wistを利用した。

WIST (Wireless Sync-Start Technology) は近くにあるiOSデバイスの音楽アプリを同期させる仕組み。KORG製。といっても単独の製品じゃなくてそういう機能。KORG製のアプリじゃなくても対応していることもある。

かなり昔に発表された機能を今説明しているのは、iOS端末が二台あったから。

繋がるのはマスターとスレーブの二台のみ。英語にしてると分かりづらいが主人(master)と奴隷(slave)だ。
同じアプリでもよいし、違ってもよい。WISTはBluetoothを利用しているが、一度ペアリングしたらずっとそのままのセッティングではなく、その都度接続することになる。

同期できるのはスタートとストップにテンポ。
じゃ、使い方。

今回はiKaossilatorとSyncKontrolを同期させます。
1)まず、二つのiOSデバイスでそれぞれのアプリを起動します。今回はiPod touchでSyncKontrol、iPad ProでiKaossilatorです。性能差が物凄いですが気にするな。
160909wist001

続きを読む

iPad用(でもないが)スタイラス自作。先のところの張り替え

16-09-08-10-07-57
タブレット端末用にスタイラスは自作している。何度か書いてますけど、自分用なので雑な作りで見せるものでもないけど自分の覚えってことで。
普段は適当な長さに切った角材に竹串(竹じゃなくてもよい)アルミテープとビニルで作ったものを使ってまして、これは何故かというと、売ってる安いスタイラスはペン先がめちゃくちゃ太いので、細いペン先にしたいんだね。しかし一定の接地面積がないと反応しないので、それを確保するために透明のビニルを先にかぶせているのだ。そこが重要なのだが、そこの見た目がダサいともいえ、どうしたものかであるが使い勝手は全く問題ない。しかし、ビニルが減るようで徐々に反応が悪くなるのでたまに張り替えが必要なのだ。 続きを読む

iOS端末のケーブルの補修

IMG_20160903_103458
未だに古いiPod touchを使っておるのです。ケーブルは30ピンのものです。このケーブルはどういうことか外装のビニル部分が裂けてくるのです。裂けたところはビニルテープを巻いておりました。すると巻いた端からまた裂けるのです。このいたちごっこを続けるとケーブル全部をビニルテープでぐるぐる巻きにすることになります。かっこ悪いです。格好だけでなく、安全を考えると怖いです。夏には粘着剤でねちょねちょになります。というか、なってる。

そういえば昔模型用に買ったガラス繊維のチューブがあったなと、探したらありまして、当然のように白色もあったのですが、それは模型用に確保して、赤いのにしました。結果としてダサいままですが、安全は確保されました。ちなみに裂けた部分だけでなく、全部覆いました。どうせ全部裂けます。

続きを読む

iPhoneとかの“その他”を削除する。

うちはiPodTouchですけど、データで音楽や写真、アプリなどと並んで“その他”があります。どういうことかこれがやたら場所をとっています。削除したいです。で、その方法。
電源オフして起動しなおす。つまり再起動。しかしうちでは消えませんでした。

もう一つの方法。パソコンに繋いで再起動。
iTunesを起動してからiOSデバイスを繋ぎ、iTunesで認識してから再起動する。
電源ボタンを押しながらホームボタンを押します。同時押しです。
これで半分くらい“その他”が減りました。7GBから4GBくらいになったのです。

望みは全部削除だったので、半分成功でしょうか。すっきりしたようなそうでないような複雑な気分です。

iOS用スタイラスのペン先を張り替える。

IMG_0449
iOSデバイスなどの静電容量タイプのタッチパネル用のスタイラスは対費用効果を考慮すると自作するがベストと思い込んでいる。何故かと問うならば、市販のものは高いのだ。というか、ブルートゥース必須だったり、特定のアプリでしか使えなかったり、結構不便なのだ。自作なら安くてペン先の細いものが手に入る。 続きを読む

自作スタイラスの先端の張替えした。

IMG_8458

iOSデバイス用の自作スタイラスの先端の反応が悪くなってきたので張り替えた。
こすり続けると通電しなくなるみたいですね。ヒノキの角棒に帯電防止剤の入っているビニル(ビニールと書かないところが通ぶってるが、こうやって注釈を書いてしまったので意味が無いな)をアルミテープで固定しているので、このアルミテープを剥がせば簡単にビニルを取り替えることが出来るのだ。
見た目がドンくさいだけにメンテナンスは楽だ。でも見た目を何とかしたいねえ。といいつつ、実用的には全然問題なく。

市販のスタイラスは先端がへたって来たらどうするんでしょうかねえ。先だけ交換できるのか、使い捨てなのか。
作るの簡単なので、みんな作るといいよ。