スタイラス用アルミなんとか

iPadなど用の自作スタイラスのペン先にあたる部分はアルミホイル的なものが安く調達できてよいです。価格を気にするのはかなり使い捨てることになるからです。価格を気にしなければ全部Apple Pencilでよいです。僕は凄く気になるので自作スタイラスをいろいろ考えています。結局Apple Pancilと併用することにしたので細いペン先のスタイラスは要らなくなりました。自作スタイラスは塗りを担当です。スタイラスはどうやら最小反応面積は0.9mm四方のようです。これ以上接触面積が小さいと反応しません。ですので市販のパッシブスタイラス(電波などで通信しないタイプ。こういうとしょうもないものでもかっこいでしょう。Apple pencilみたいなのはアクティブスタイラスっていうと格好いいんじゃないかなあ。)を自作するなら0.9mm四方あればいいんです。0.9mm角の角材にアルミテープとアルミホイルを巻き付ければ完成です。パイプや丸材じゃないのはテープが貼りずらい事と、使った時の反応が良くないからです。角材に直接ペン先になるアルミホイルを巻くとクッションがまるで無いので描きづらいです。

角材とアルミホイルの間にクッション材を貼ります。スポンジでもいいしゴムでもよいです。僕はやや硬めの方が好みなのでシリコンゴムを貼っています。それはどこに売っているのかと問うならば、貰ったものなので分からないのです。あえて言うならダンスなどの転倒防止シートなどがあります。あれでいいです。ダイソーなどで買えます。そしてアルミホイルと言っていますが、本当はアルミホイルじゃないです。それなら角材とペン先を固定しているアルミテープはどうかというと、一回の使用で擦り切れました、一日持たないのです。そこでポテトチップスなどの袋にしてみました。成功です。しかし薄いので使用感が良くありません。いくつか試したらインスタントコービーの詰め替え用の袋が大変使い勝手が良かったです。ということは液体が入っているアルミの袋なら大体OKです。写真の鍋汁とか、お茶とか。これらの袋はポテチよりもうんと分厚いのですそして表面が滑らか。で、丈夫。破れないし簡単に減らないです。HDDが入っていた静電気防止の透明の袋を使っていた時は一か月くらいで擦れて反応しなくなりました。休憩と食事をコーヒーと鍋にすればスタイラスのペン先がおまけについてくるようなものです。

うしろのスケッチブックはセリアで買いました。マルマンのとどっちがいいかと思いまして、値段で選びました。

to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】

コメントを残す