スマホのリグの試作2


だらだら作っているのでほとんど進んでません。以前作った試作をもとにレンズ取り付け部周辺とフード部分の面構成を変更して、グリップと三脚穴、コールドシューを取り付けることを想定した形にしました。想定っつってもボールペンで当たりを描いただけ。 続きを読む

リグもしくはケースのケーススタディっていうのか


iPod touchのリグ。ステップダウンリングが届いたので段ボールで試作。

当然このままではなく、とりあえず思いのまま切り貼りしたので、要領を得ていない部分が多々ある。 続きを読む

DSLRとスマホカメラの画質比較


映像の編集ついでに画質の比較。スマホカメラでも撮影しておりまして、画質の違いがどれくらいあるのかたまたま同じ状況で撮っているので比べてみました。
DSLRとか格好つけていますけど、CANON EOS 6Dです。スマホと言っているのはiPod touch(第五世代?)です。
現場の状況はこの絵のようになっています。問題は主に照明ですね。飲食店でのライブであり、まともな照明は下手からのLEDライトのみで、背景にはプロジェクターの映像があります。綺麗に撮る意味では劣悪ですが、ライブハウスも含めた小規模の舞台では普通と言ったところ。いや、ライブハウスはもっとましだという方もいるでしょうが、目の前にある道具を有効利用できていない場合が多いのであんまり変わらないんだよね。今回もどうなんすかねぇ、明かりがあるだけましじゃないっすかねぇと思っていたら、LEDライトが思ったより効率よく照らしてくれるし、プロジェクターからの映像が優しいアンビエントっぽくなって、雰囲気と視認性の両方が獲得できるいい具合の照明になりました。もちろん明るいには程遠いですが、「暗くないけど明るくない」が出来ていて僕が良いと思いました。
それで写真です。どちらも映像からの切り出しです。
6D。画像は縮小しています。

原寸の部分。クリックで拡大します。 続きを読む

iOSデバイスにワイコンをつける問題

他所ではiPhone、うちではiPod touchに手持ちのワイコンをつけたい問題の続き。スマホ用のワイコンはネットなどの評を見ても良いのか悪いのか、そうではなくてあんまり調子よくないのに良いふりをしているような、奥歯にものが挟まったような、本当は使えねーって言いたいのに仕事だから言えないみたいな感じが物凄くするので、昔かったDVカメラ用のワイコンなど使えないかしらんと思って、どうしようか考えているのです。
前回のワイコンは周辺が強烈に流れるので大きさの割には画質に難がありました。
171127016
もう一つ持っているのでそちらも試用してみます。SONYのVCL-HG0737です。何度かモデルチェンジしてVCL-HG0737Cが最終製品だったようです。 続きを読む

iPhone(じゃないけど便宜上)のコンバージョンレンズを考える。


iPod touchに載っているレンズはSONYのDVカメラ用のワイコン(ワイドコンバージョンレンズ)VCL-0637H。2017年11月27日現在だとヤフオクなどで2,000円くらいでおつりがくる模様。
どのようになるかと問うならば、この画角が
171127015
このようになります。 続きを読む

iPod touch買った

今更、第六世代のiPod touchを買った。今更って言っても、iPod touchとしては現行機種だ。


主に撮影用なのでこれが良かったのだ。

何よりの問題はバッテリーが持たないってこと。確かにビデオを連続で撮っちゃうと相当厳しい。買った意味がなくなるくらいだ。
仕方がないのでちびちび節約して使う。 続きを読む

KIndle PaperWhiteスタンドも作った。

IMG_8193

機能の電源のパッケージを利用してiPod touchスタンドとKindle Paperwhiteスタンドを作った。正直作ったうちに入らないくらいだが、手を動かして作ることを最近やっていなかったので準備運動みたいなものだ。

Kindle PWスタンドは簡単な角度調節が出来るようにしているが多分この角度で決め打ちだろう。
iPodスタンドは縦置きでケーブルをつけても使える様に切りかきをつけた。どちらもビニールテープを使わずに木工ボンドとG17で接着している。

IMG_8194