Gフレーム版のザクを塗る3

はい。Gフレーム版ザク塗った。膝から足首が太いので他より大きく見える。
塗料はタミヤのアクリル塗料で塗ってからアクリル絵の具、アクリラとリキテックスで結局全体を塗っている。汚しも全部アクリル絵の具。

ザクの目はモノアイシールドごと黒で塗りつぶして描き直しています。

続きを読む

Gフレーム版のザクを塗る2

モゲラのベースも塗っているが、乾燥待ちを利用してザクを塗っている。
チッピング的なものはオーバスケールに書き込んでいるのは細かすぎると全く目立たないから。縮尺を考慮するなら軽いウォッシング程度で済ませたほうがいい。
その後、明度を変えながらオレンジ色をウォッシング的に流す。本体の色が単調だったので上から色褪せるように白っぽいグレーを重ねる。ここまで全部アクリル絵の具。塗料の種類の変えないのはこれで出来ているし面倒だからだ。もちろんセオリーは知っているし、その方が模型を作っている感じは出るだろうが、僕は自分で作りやすい、塗りやすい方法であれば何でもいいです。この塗料の上にこちらの塗料を塗って下地を侵しませんか?とかどっちでもいいです。きちんと乾燥していればあんまり関係ないです。それと本当に汚れたり傷ついていなく、これらを意図的に再現しているだけで、その再現ができるならシールでもいいです。僕は嫌だけど。だってかっこ悪いじゃん。ということで、これから取材行ってきます。

Gフレーム版のザクを塗る1

モゲラが全然進まないのはこれを塗っているからでもある。Gフレーム版のザク。
最近発売の量産型ではなく、先行リリースのシャア専用ザクの外装に量産型として販売しているフレームを組み合わせているのはこれまでにも書いた。
色はタミヤアクリルカラーのRLMグレー一色。パイプは黒と茶色のつや消しを適当に混ぜて塗っている。これからウエザリングとエージングの書き込みをします。肩の装備が逆なのはウチではこうすることにしたので、どのザクもできる限り逆にして作ります。自分が使うなら盾は左が良くないかな?
手前の青いのはコンバージ版のナラティブガンダムC装備だったかな?色はこれまでに書いた通りで青が余っていたからです。

Gフレームの外れやすいパーツ。

この前モゲラと並べようとしていたら誤って腕のパーツを飛ばしてしまった。この部分のパーツは総じてゆるい。しかも引っかかる爪も甘いし、引っ掛けられるフレーム側も留めるように溝や出っ張りがあるわけでもない。木工ボンドなどで爪らしき出っ張りをかさ増ししても変化はなかった。
飛んでいくとほぼ見つからないので諦めていたら次の日(今日)にあったり見つかった。

Gフレーム10のザクIIのフレームセット。

塗装の不備で破損したザクのフレームの代わりに購入。マシンガンとヒートホーク、ザクバズーカとミサイルポッド(ミノフスキー粒子散布下では誘導兵器が使えない設定だったのでロケットランチャー、今風ならロケットローンチャーか。)が僕にとってはおまけで付いてきた。フル装備にできるよ。フレームを明るいグレーで塗るのは諦めたので無塗装の黒いまま進行。

https://www.bandai.co.jp/candy/gundam/gframe/10/

Gフレームのガンキャノン、塗った。

やっとこさGフレームのガンキャノンを塗った。とりあえず撮影したのでパレットも新聞紙も片付けず。
無改造で外装だけ塗装。フレームは一部塗っているが可動に問題が出て、以前も書いたが塗装に負けて関節が折れてしまったので新たに類似のGフレームのジムのフレーム(ややこしいなGフレームは今回の食玩の総称)を購入してフレームは無塗装にしている。
他の部分はアクリル塗料で全体を塗ってからアクリル絵の具で塗り重ねている。当初はアクリル塗料で仕上げる予定でしたが、どうにも混色がテキパキ出来ないのでアクリル絵の具に変更して進めた。だから基本塗装もマーキングも汚しもスミ入れも全部アクリル絵の具。外装を外すこともありそうだと思ったので合わせ目は消していない。

続きを読む

Gフレームガンダムとガンキャノンを塗装中。

ガンダムを第二次世界大戦のアメリカの戦車みたいなオリーブドラブに塗りたかったので、オリーブドラブも調色して筆で塗装。塗り残しはまだある。
その前に内部フレームを黒や暗い色で塗るのはもういいかなと思っていて。銃などが黒っぽいのはわかる。しかし、飛行機など着陸脚などの格納している部分は白や明るいグレーだ。タンだったかな?塗ったら塗膜が厚かったからかGフレームの設計がタイトだからか関節の隙間に入った塗料が固着して更になんとなく樹脂がもろくなって関節が破損しました。色味は良かったんだけどな。これら以外にザクも関節を破損しました。
仕方がないので半額250円で投げ売りされていたジムのフレームを2つ買ってきました。
これで万事解決かと思ったら、微妙に機種ごとにカスタム化されていて、ダボ位置が数ミリ違うだけなど、そこは定型化して設計の手数減らしていいのにと思ったり。
脚気としてビームサーベル、シールド、ビームライフル、ビームスプレーガンがそれぞれ2つづつ手に入りました。入りましたって買ったんですけど。
二丁拳銃が出来るようになりました。
塗装についてはまだ途中なのでこれから仕上げですね。

1/100旧キットのゴッグとズゴック。

DCIM\100MEDIA\DJI_0070.JPG

迷ったが結局購入した。忘れていたのはボックスのグラフィックデザインは最初期のドムとゲルググのフォーマットを踏襲しているのだね。機体名だけ毎度オリジナルで書き起こすのもコンセプトとしてはそのまま通している。
上のGフレーム二つは半額で投げ売りされていたのでさっそく回収するように購入。塗装中のGフレーム版ガンダムとガンキャノンのフレームにアクリル塗料を塗ったら関節がもろもろと千切れるように壊れたので買い足したのだ。暗い色の内部構造が納得いかなくてね。明るい色で塗っていたのでした。

G-FLAME ZAK painting

思い立ってGフレームのザク、ガンキャノン、ガンダムを塗装中。フレームは骨みたいに白いといいなと思って塗っていたらガンダム以外の膝の関節がもろもろと折れて破損。二重関節なので固定してもいいかと思っているが、アーマーをつけてどのくらい不具合があるか。ABS樹脂がこんなに脆いとは思わなかった。ガンダム以外が次々と関節がもろく崩れている。もう少し乾燥させてからアーマーの塗装をする。膝関節どうしよう。