タイトルコールを作る


作っていたのは映像ではなく音。声も自分でRECも自分。自分が良いからではなく依頼する金も無いし、依頼するのも面倒で大変だからだ。今欲しい。どうせ出来上がりは何か月もあとだから今なくてもいいが、これから発注してディレクションしてバック貰って修正してOKテイクを貰ってエフェクトかけては誰かに頼めば最低でも三日はかかる。自分ならもうできている。声質は全く良くないし、話すノウハウも全く知らん。ただ自分が欲しい雰囲気は分かっているので、それに合うように許容範囲を広く持って甘ちゃんな感じで数テイク重ねて継ぎはぎでOKテイクを作りエフェクトをかけてごまかすのだ。ダメだからエフェクトをかけているのではなく、そもそもエフェクトがかかった声が欲しかったのだ。何もしなくてもリバーブくらいはかけるからね。無いとあまりに生の声なのだ。
トラックが二つあるのは和洋の二つのタイトルコールがあるのでタイミングを大体同じにしたかったのだ。

OCTA ORCA OST03


これはOCTA ORCAの本編の後ろにつけた機澤重工業(という架空の企業)のCM用音楽で、映像としてはピカピカのOCTA ORCAの出てくる冒頭のCM映像と対になるようにボロボロの機体と背後にプロトタイプがひっそり置かれています。曲は軽快且つまだ続きそうな感じがするようにしています。作曲どころか音楽の才能が全くなっくてもこのくらいは気を付けていますよw
これも15秒の映像なので音源も15秒しか作っていないです。

映像がないと物足りない感じが物凄くする三曲ですが、今回に限った話じゃなく、毎回絵があって成立するように作っております。これだけ切り取っても意味は無いものとはいえ、ナレーションや効果音など他の要素が入っていない状態もそれなりにアーカイブしときたかったので。

OCTA ORCA OST02


これはOCTA ORCAの本編(と言っても60秒以内)のサントラ。KIZAWA HAVY INDUSTREISって書いてあるけど、これは機澤重工業(という架空の企業)のCMじゃなかったな。そもそも単なる名古屋市名駅の風景をブレードランナー並みの死んだ未来の街にするのはどうしたらいいかと考えて、どんよりピカピカな音があったらいいんじゃないかと思って作ったのです。

これも映像が60秒弱なので60秒くらいしか作っていません。映像が最後まで尺と最後のシーンを決めかねていたのでフェードで終わることを前提にしています。

OCTA ORCA OST01


OCTA ORCAに使ったサウンドトラック。映像が15秒なので15秒しか作っていないです。メイキングについては以前の書き込みを参照してもらうとして
なんで三味線かというと、これがフィクションだからです。

これはフィクションで実在の人物、場所などは関係ありませんとかエクスキューズを表示するあれをなんかやたらひねって作ってるのを見ることがあり、 続きを読む

トラックできた。


取りあえずトラックができたのでレンダリングしてMA。MAは音楽の用語ではなく映像方面の用語でマルチオーディオの略。映像に音楽に限らず音をいい感じにくっつける作業のことだ。MAはMAじゃない。ちゃんと正式名がある。
最近はあたりをつけて作って映像に合わせてストレッチしている。数フレならいいが結構詰めてしまうので仕事や他人の音源では出来ないなあ。ストレッチしているがピッチが変わらないようにPremireではできるのでそうしている。仕組みを聞かれてもわからんよ。曲をつけるとSEとバランスが悪いので上手いこと合わせる。これをMA(マルチオーディオ)っていうんだよ。上手いことというのは何を言っているのか分かるようにするだけではなく、映像としてどうしたいかによってバランスを決めるのです。聞きづらくすることも選択肢の一つです。まぁその辺りは上手いことやるってことです。僕は見様見真似でやっているので、出来る範囲でそこそこを目指します。 続きを読む

OCTA ORCA making180505


ようやく15秒のサントラができたのでこれからMA。MAってないんだよ、MAはMAだよ。という受け答えがもう懐かしくなってきました。昔映像制作の練習にバンドのビデオを撮ったりしていまして、その時にTV編集をしている三瓶さんを仲間に引き込んで映像編集の初歩を教えてもらいました。その時のやり取りが先に挙げた「MAってなんですか」です。MAはマルチオーディオの略で映像に音をつけて調整することを言いますがなんでマルチオーディオなのかは謎なままです。作業工程としてはMAですが、やってることはパソコンで映像と音をバランスよく配置することですので、たいしてやることは変わっていません。 続きを読む

サウンドトラックを制作中。


絵は出来たので音関連を制作中。60秒(本当は50秒くらい)はもう作ってあり、今は急遽製作した15秒につける曲と効果音だ。すっかり忘れていた。慌てていると映像をレンダリングしたら音までついてくると思っちゃうんだよね。自分でつけなきゃ何もないよw
ということで、毎度の音楽的素養のないままどうしようか不安になりながら、どうせ絵もデザインもアカデミックな教育は受けておらんのだから、音楽も素養がなくても今更どうということはないのだとか適当に思いつつ作業中。
写真の機材はほぼ使わず作っています。iPad Pro以外古すぎるなあw 大事に使ってんだよ。

WavetableなどはSuiteだけ。


Ableton Live 10の新機能、Wavetable、Pedal、Echo エフェクトはIntro、Lite、Standardエディションでは使用できません。使えるのはSuiteだけです。
て、早く言えよw。
演奏した後でRECできるCaptureはStandard以上で使えます。Intro、Liteエディションでは使用できません。
CaptureはLiveを起動直後からMIDIコントローラーなどが起動したら自動的にRECしているようでCaptureボタンをクリックしたらタイムラインに反映される仕組みのようで、一旦タイムラインに反映されるとメモリされたMIDIデータは解放されます。てなことで、ふわっと弾いてみたらよさげなフレーズだったのにRECボタンをクリックしてない!というときに使える仕組みです。

続きを読む