敷島珈琲店本店からJR岐阜駅までの道。

本当はJR岐阜駅から敷島珈琲店本店までの道程にしたかった。行きに迷ったからこうなりました。以前に自転車でも徒歩でもあんまり変わらない感覚だと思ったら自転車だと8分くらいで行けるね。道を知っていればもっと早いかもね。それでもなんだか遠いって感じた。10分でも風景がしょんぼりしていると長く感じる。視覚上の情報量が少ないからな。天気が良ければまだ違うかと思いたい。ただ歩くとやっぱり20分くらいかかるんだろうね。これまで20分かかるのか、それなら展覧会やるならせめて20分かけて移動するだけの内容にしなければなと思っていたが、来たからには帰るので往復で40分じゃないか。結構しんどいなw
やっぱりお店に行くまでをイベント化する企画を立てるべきか。しんどいというのは、こちらで展覧会をやる場合に徒歩往復40分の価値、バリューを提供することに関して。敷島珈琲店にはなんの関係もないです。単に敷島珈琲店に行きたいならJR岐阜駅の駅ビルにも敷島珈琲店はあるのでそちらに行ったほうが良いね。今回の状況だとすでにJR岐阜駅にいますからね。

下見を兼ねて行ってきた。

敷島珈琲店。絵や写真の展示は本店でしかやっていないとわれたので本店へ行ってきた。本当はJR岐阜駅店が良かったんだけどな。モーニングサービスの内容はどちらのお店も同じ。サラダが充実している。ヨーグルトにのってるはちみつが美味しいよ。

喫茶店でコーヒーの話をしないとあまり美味しくないように感じてしまうが、コーヒーも美味しいよ。コーヒー専門店にあるような豆を選ぶようなことはなくてブレンドなんだけど、僕はお店のブレンドか今日のおすすめくらいしか頼まないので全然OKなのだ。

続きを読む

今日のコーヒーなど。190118

上の写真はOSMO POCKETで撮りました。機材の意味はないがたまたまOSMO POCKETを手にしていたのでそのまま写真を撮りました。こうやってランドスケープだとそんなに狭くない。YouTubeなどで言われているように接近して広い絵が撮れない、つまり自撮りに向いていないのは、そもそもそういうカメラなのだ。文句言っても仕方がない。普通に撮るには画角は普通です。普通というのは標準レンズの画角という意味ではなく、人の見た目よりやや広い、感覚として普通という意味です。標準レンズは人の見た目とほぼ同じですが、人はその画角の外の部分も認識しているので標準レンズで見える範囲だけでは狭く感じるのです。その辺りは撮影者や被写体などによって考え方は違うと思いますので、臨機応変に何となくってことでいいんじゃないかと思います。

OSMO POCKETに慣れてきたと思って油断したらぼけました。これしかないのは、本体のプレビューだけ見て撮ったからです。
このお店はJR岐阜駅の駅ビル内にある敷島珈琲店で、時間差でモーニングサービスがやってきたために撮るのを忘れてしまった。

http://www.shikishimacoffee.com/

コッペパンみたいな丸いパンとゆで卵、ヨーグルト、サラダが付いてきました。中部地方はモーニングサービスが過剰で茶碗蒸しなどはほぼ定番になっています。これが量だけで質が伴っていないことが多く、量の多さがコーヒーのおいしさに反比例していることもあり、僕はあまり好きではないですが、ここのはバランスの良い量で目覚ましにちょうど良いです。今回は外に一時間ほどいた後なので目覚ましより暖を取りたかったですw。
ここのコーヒーはスッキリしておいしかったですよ、パンはふかふかで朝食べるにはちょうど良い感じだと思います。