Procreateで色塗りの下準備

適当に手描きしたものにProcreateで色を塗ります。

‎Procreate
‎Procreate
Price: ¥1,220+

やり方。

まず、紙に絵を描きます。今回は赤いボールペンであたりをとって黒いボールペンで描きました。黒はjetstreamです。赤はsignoですが、とりあえず使い切りたかった以外の理由はありません。
それを撮影します。ホワイトボードにマグネットで固定しています。
それをProcreateに読み込みます。解像度などはお好きな数値で。僕はA4印刷サイズにしています。 続きを読む

calibreでEPUBを編集する理由の一つ


電子本の管理ソフトcalibreでEPUBを編集しているのは表紙画像を入れ替えるためでもある。AozoraEpub3で先にEPUBを作っているため、表紙画像が縮小されてしまうのだ。仕様でこのようになっているのですね。


エラーが出ることもなく、表示されるので問題は無いが、本文より表紙が小さいのはやっぱり寂しい感じがする。そこで、calibreで表紙画像をオリジナルサイズに入れ替えているのです。他にも本の情報を編集したり、本文そのものも編集しています。完全に日本語が通ってはいないけど、横組みなら問題なしです。

月曜マルシェのポストカードサイズフライヤー

gestu_postdard_layout03800
月曜マルシェというフリーマーケット的なもののお知らせカードのイラストとデザインをしました。ポストカードサイズです。
getsumaru09getsumaru10
取り敢えず描かないと無いので描くために練習します。いきなり描いてももちろん良いですが、似顔絵は全く描いていないので練習する必要があったのです。 続きを読む

キャラクターロボットのモデリング初級のおさらい。

キャラクターロボットのモデリングをおさらいしておこうと思ったので、ブログでもちょいちょい検索されているカキ氷ロボをモチーフにモデリングのおさらいをした。基本は自分の覚えです。
とりあえず8時間以内で余裕を持って完成できる範囲内の作り込みです。仕様アプリケーションはLightWave 3D(以下、LW)です。
03
デザインは絵を見ながら新たにスケッチをしました。というのも斜め前から見た絵だけでは見えない部分や、立体になった場合に具合に悪い部分があるからです。他の人は知りませんが、僕は絵よりも立体になったときの見栄えや破綻が無いことを優先したいので、絵と変わってしまっても立体化した状況を重要視したいです。それとは別に腕と脚を同じデザインにしたかったので絵と変えています。腕と脚は同じ形である必要はないけども、ほぼ同じ動きをするのに全然違う形なのも変なので、近い形を心がけています。 続きを読む

映画的惑星の怪獣動画を作ろう!のタイトルコールver.1.5


ロゴタイプがいくらなんでもあんまりなので治した。ロゴと言っているがここ以外では使うところが無い。
たいした事はしていないので恥ずかしいがどのように作ったか画像で追ってみよう。前回にも書いた事が殆どなので重複が多いです。

l16
多分知りたいのはこの怪獣のカットだと思うのでそれで解説します。 続きを読む

アカン感じになる映画フォーマット

病気や事故、事件など何らかの理由で誰かが死にそうになるか死ぬ。
また、誰かが再会するか別れることで感動させるロジックを作る。やや安易なペシミズム。

複数のシーンで全く同じ台詞回しと音楽が流れる。所謂テンドン。
情報量を強制的に増やす為の俯瞰としての空撮の多様。
密度の無さを埋めるためのカメラ移動。
状況や作品世界を台詞のみで解説する。

ということらしい。でも予算と尺は限られているので、先に上げた手法も上手く使えばよいと思ってはいる。

ビデオを編集してみる

以前書いたものを再掲。

毎度ライブビデオの説明をする時に「撮って、切って、繋いだだけです」と言っていますが、多分意味がわからないと思うので、解説します。
正確には撮影して、パソコンにキャプチャして、(取り込んで)Premireという名前のビデオ編集ソフトで音と映像を切って繋いだ後に、After Effectsという映像加工ソフトで色などを加工して、DVDやweb用にエンコードしています。
普通は複数のカメラで同時に撮影し、使いたい映像をタイミングよく並べれば完成しますが、どういう訳か一人ぼっちなので、ライブを通しで全部撮って、任意の曲に他の曲の一部分をインサート(挟み込んで)行きます。
こうすると一人で撮っても変化のある映像が作れますが、やたらと時間がかかります。音はカメラマイクと音響卓からの音を適当に混ぜています。
ということで、主な作業はインサートを試行錯誤していくことです。例はBONE IDOLのライブよりHit the ENTER keyです。
まずは撮ったままです。諸事情により音は入れていません。 続きを読む

ギターにくもの巣を描いたこと。

昔に書いたギターにペイントした件を再掲。
JUNKY WALTZHASH-ROYALさんの依頼でギターにペイントしました。
見た目だけのオブジェを作ることはあっても、稼働するもの、楽器にペイントするのは初めてなので緊張しました。
DSC00469
下書き。
この前にレスポール(ペイントするギター)の画像にグラフィック系のソフトでパターンを書きました。
具体的にはIllustratorで辺りを付けて、Photoshopでラインを調節してパスを書き出し、Illustratorで仕上げて紙に原寸でプリントして繋げたところです。
DSC00470
これを元にしてカッティングシートで作ろうとしてたのですけど、扱いにくかったので、直接ペイントすることに変更。
写真は下書きの裏に鉛筆で擦ったところ。
DSC00471 続きを読む

パソコンで色の塗り方。二つ目

以前にパソコンで色の塗り方と題して鉛筆で描いた線を取り出してバケツツールで色を塗る説明をしていたので、


今度は筆でぺたぺたと塗るようなというか、塗ってるんだがその方法を説明する。

先にオチを見せるとこのようなものが出来上がる。
koutetsujugure603c13
解像度は紙に印刷した場合のA4サイズだ。 続きを読む

UST番組を作ってたときのこと。

数年前にUSTREAMを使って番組めいたものを作っていました。誰が?俺が。
辞めた話は以前に書いたので今回は作ってた話だ。


ただ作って何も残らず無駄だったとか単なる思い出では精神的に辛いので、やろうとしたことの心意気くらいは記録したい。それがこれだ。

とりとめもなく書いたので全くまとまりに欠けるが、読まれる方は適当に端折って読んでもらえたらと思います。
続きを読む