セブンカフェのコーヒーが好き過ぎる。

なんだか凄くセブンイレブンのコーヒーが好きな人みたいになっている。事情があって二つ購入。コンビニコーヒーはその前に業界全体として失敗した感じ時になったドーナツから学んだのか、どこのコンビニでも低価格で美味しく飲める。(価格なりに美味しいのであってコンビニコーヒーこそ至高!じゃないよ。)

2020年12月29日のコーヒー。

ロケ先で初のBLUE BLUEのコーヒー。機械を使ってマニュアルに従って入れてるようだったけど、そのオペレーションが完成されたものだからか、とてもコーヒーの風味が出ていて少し時間が経っても美味しく飲めた。事情があってすぐに飲めなかったのです。

お昼だったのですぐ近くのお好み焼き屋さんマサムラでテイクアウト。サクサクふっくらしてこれも少し時間が経っても美味しくいただけました。その場で食べたかったけど、留守番をしなくてはならなかったのです。

2020年12月26日の昼食。

お絵かきユニットまあぼんのお疲れさん会。会と言っても二人なのでこじんまりカレーを食べる。少食コンビなので少なめでもボリュームを感じる量があり、

まーぼんさんは残すw。比較的シェアするようにはしているが時節柄(COVID-19)控えつつ、食事後少し話してからコーヒーのお店へ移動。割と距離があったw

コーヒーはオリジナルブレンドで説明忘れちゃったけど昭和の喫茶店風味。浅煎りの現代的なのはよそでもあるからね。今の深煎りもいいんじゃないかと。

そろそろ写真を上手に撮るようにしたいとなw。ついつい説明用の撮影をしてしまう。
ハーフサイズケーキの三種盛り。アイスはおまけしていただきました。ありがとうございます!アイスが美味しいのよ。程々のコクが有るのが良かった。先のカレーがボリュームあったのでスッキリ食べられる。じゃぁ深煎コーヒーは何なのかと問うならば飲み物なのでそんなに関係ないのよ。問題は自分にあって、食事中から歯が浮いた感じになってとても食べづらかった。疲れだと思うが、数日後の仕事が思いやられるために気にしすぎたのだ。もう年なのでお金だけじゃなくて作っているものの意義もきちんと考えたい。お金で割り切れるなんで人生は良くないよ。
ということで、食事も美味しく、お店も良い雰囲気で、まあぼんの相談もできて終わってみれば有意義だった。

カレーはモンキースパイス

https://www.monkey-spice.com/

コーヒーとケーキはカフェ&バル ボタニコ

https://foodplace.jp/botanico/

2020年12月14日のコーヒー。

岐阜県岐阜市柳ヶ瀬のヴァンサンク。
器がマイセンかバカラで統一されてんじゃないか?聞いてこればよかった。コーヒーカップはもちろんだけど、水のコップが気になった。岐阜市の水は水道水そのままでも美味しいのだがそれが際立つようなものすごく薄いコップだったんだよね。

ブレンドコーヒーは香りがすっと入ってきてとても心地の良い飲み口。

2020年11月24日の昼食。

岐阜市伊奈波神社近くのカフェレストランボーデンのジンジャーバーグランチ(正しくはジンジャーバーク定食)。

ジンジャーはソースのこと。いつものハンバーグに比べるとふかふかとした柔らかさ。
毎度味噌汁が美味しい。味噌汁とご飯、卵焼きで目玉焼きでモーニングプレートとかあったらいいのに。内容は日本の朝ごはんでも器などの提供方法を洋食的にアレンジしたらコーヒーだって合わせて出せるんじゃないか。

安定した美味しさのブレンドコーヒー。ここまでで880円。

2020年11月12日のコーヒー。

ファミマのスペシャルティコーヒー。高級モカブレンド

https://www.family.co.jp/goods/cafe/0210539.html

これはミルクなしでもいいんじゃないか。いわゆる普通に美味しく飲める。多分コンビニコーヒーは120円くらいの価格帯じゃないと美味しいにたどり着けないと思った。100円の普及帯でももちろん普通に飲めるんだけど、美味しいではないと思う。まずい!じゃなくてね。カップや蓋などコンビニそれぞれに工夫しているのもわかった。多分個人店のコーヒースタンドみたいなところはこのコンビニ120円コーヒーと戦うことになるんじゃないかな。コーヒー通気取りかよw

2020年11月5日のコーヒー。

この日は二箇所に出かけたので疲れてしまった。どちらも近場で大したことやってないけど、出かけるだけが大変。体力ないね。
最初はカーディーラー。フリードリンクだったのでコーヒーの飲み比べ。当たり前のことで香りも味も痩せている。香りについてはローストコーヒーなどははっきり出ていて、それは多分後付なんだろうね。缶コーヒーよりマシな程度だろうか。戸田奈津子の訳でお馴染みのたてたてのコーヒーと比較しても仕方がなく、こういう飲み物として認識すべきだろう。二杯飲んだら胃が心配になった。

もう一箇所は何度か足を運んでいる喫茶店。カフェと呼んでもいいが、同じものなので好きにしたらいいだろう。
きちんと話すのが初めての人だったのでやや緊張しつつ。内容はまぁそういうこともあるねみたいな感じ。カップが空なのは飲んでから撮っていないことに気がついたから。
この時間帯に入ったことがなかったので、おまけのヨーグルトみたいなプリンは初めて頂いた。甘さと酸味がちょうどよく、話をしながらコーヒーを飲むには嬉しかった。利きコーヒー的に飲みたい人には向かないかもね。シナモンクッキーもついていたよ。あ、コーヒーはオリジナルブレンド。スッキリした飲み口としっかりした香りが良いと思います。

2020年10月25日のコーヒー。

カップが少し茶色いのは移動中にこぼれました。蓋の締め方が甘かった。
ファミマのスタンダードブレンドコーヒー。最近続いた酸味の強い(もしかしたらただ酸っぱかっただけ)コーヒーとは全く違い、酸味がないです。コーヒーに詳しくない人でも分るコーヒーの感じのする、わかりやすいコーヒー。
良い点は蓋にあって、飲み口がやたら大きくなった。それなら蓋の写真を出せと僕も思います。撮り忘れました。
コンビニのドリップマシンのコーヒーはそんなに悪くないと思うし、価格を考えればむしろ良いと思う。

イベントの会場確認。

10月31日開催するイベントの会場確認に行ってきた。朝通るので今更ですが。うーん、一週間前からこの看板の前で撮影してね、って話だったのに、これでは撮りたくても撮れない。物理的に壁がなくても心理的に近づけない距離とか場所とかあって、それになっている。

では当日は撮れるかと問うならば、この看板はステージのバックになってしまうのだwそれでもまだ当日までは日にちがあるので、岐阜県岐阜市柳ケ瀬にうっかりいてしまったら、この看板を背景に写真など撮影してSNSで公開してもらえると少し嬉しいです。

現地近くのお団子屋さんでお団子をいただく。味噌の風味がしっかりしていて満足感が高い。

今月11月30日に閉店してしまう会場近くのお店のコーヒー。まぁ、普通。

2020年10月12日の昼食。

日替わりランチ。多分正式には日替わり定食。エビフライの置いてある場所のホワイトスペースのバランスが良くないのでスカスカに見えてしまうが、中身は充実している。

まいどやや濃い目のいわゆるソースが多いので竜田揚げの中画風ソースは大変新鮮に感じる。
キャベツも備え付けのウスターソースじゃなくてそれぞれの残った、もしくはあえて残したソースで食べると美味しいよ。

店としてはマンガ誌、雑誌が充実している。マガジンラックは壮観なのでそのうち取材します。地元の伝統の味噌カツを食べながら最新刊が読めます。(写真は日替わりランチ)バックナンバーも3つ前くらいまで残してあるのも嬉しい配慮。

ランチセットならオリジナルブレンドコーヒーもついてくる。これが謎の旨さ。