WHITE OX 190823

後半の主人公が載るロボット。しかし、コックピットを作るのを忘れた。腰のあたりに乗る予定。肩のキャノン砲をどうしたものか考えるために描いたので他は以前描いたものとぜんぜん違う。

ヒマなくせに全く進められていないので自分に発破かけないとね。

knifegun190623

早急に必要でもないもののほうが進めやすい好例になってしまった。今、これはいらんのだよね。前回からナイフが使えない状態だったので前方まで移動させて、銃身に見える部分を短くしている。形はかなりいいかげんだけど必要な部品はとりあえずつけた。なんとなく出来ているように見えてしまう全然出来ていないものが今の状態。多分グリップとか短すぎて握れないんじゃないかとか、全体に薄いとか、心意気以外は全く出来上がっていない。

ムーミンスーツ190617

OCTA ORCAの一部の形式のものをコントロールするために着る服。見た目がムーミンのようなので現場の関係者からムーミンスーツと呼ばれている。ことにしようと思ったが、せっかくなのでシュッとしたかっこいい体型が良かろうとおもって変更。

続きを読む

戦え正義の

なんとなくV3を描こうとして、わーってなったやつ。わーってなんだよ。
腕にパイプを三本つけたい、目をできるだけトンボみたいにしたい、ベルトのVと3を格好つけたい、胸のかたちは忘れたので自分で考えたのであって独自なものにしたかったわけじゃない。とかそんな感じで腕のパイプがこの位置だと二本しか見えないことに描いてから気が付きました。本物のトンボのように体を細くしようとしたら、気持ち悪かったので普通にしました。とか休憩に描いたのでした。

鉛筆にProcreateで彩色。