木190911

木のキャラクターの描き直し。昔のスケッチブックに描いたものを描き直したものだが、山と同様に昭和とあまりキャラクターに興味はないが仕事で描いているだけの風味が強かったので、せめての平成調を心がけて描き直した。
なかなか難しいが、誰にでも描けるようなデザインをこういったキャラクターでは心がけている。こういったキャラクターとはイベントなどのイメージキャラクターだ。超絶技巧を披露するのが仕事ではなく、それはそういうときもあるだろう。しかしイメージキャラクターなどはお客さんが覚えやすく、見なくてもある程度描けるものが良い。描けるということはぼんやり知っている以上に意識して記憶しているのだよ。キャラクターを通じてイベントを前向きに記憶してもらえたらキャラクターのやるべき使命は達成される。だから、こんなの誰でも描けるじゃん。が出来たら誰しもが出来ない事ができているのだ。

Procerateでドローイングとペイント。

山190911

昔のスケッチブックにあった山のキャラクターを描いたはいいが、そのまま書き写しただけであまりに昭和で古臭さ過ぎたので再び描き直した。
大した差はないなあ。しかし平成程度にはなった。それとキャラクター性を考えた。昔のスケッチでは山でも木でも同じキャラクターが違う被り物をかぶっている状態だった。山ならどういう山なのか考えていない。画風が古くても可愛らしいという記号しか無い。何も解説しなくてもキャラクター性を気にして描くことで性格やドラマやこの後何をするかなど想像しやすくなる。一回のイベントの殆ど活用されることのないキャラクターにそこまで必要なのかと問われると無駄かもしれない。誰も気にしていないだろう。しかし、この山が何者なのかなど考えておくと決定稿までの漠然としたテイクを減らせるし、手数のバリエーションではなく、キャラクターの性格や設定などからビジュアルを作る事がきちんとできる。なんだかわからんがたくさん描いて見た目が良さそうなのを選ぶという、本当に何も考えていない状態から抜け出せるのだ。
また、見てもらうお客さんにも単にポンチ絵が貼り付けられているだけから、このキャラクターについて想像してもらえる幅やキッカケを作れるのだ。
一応それなりのお金を頂いてい作っているので金額に見合うバリューがつけたいと思うんだよね。

Procerateでドローイングとペイント。

山と木190910

ハイキング的な企画と木の豊富な場所のマラソン大会的なもののバッジだったかステッカーだったかのデザインのスケッチが残っていたので見て描いた。

当時はタッチも先輩と同じでなければならず、イベント内容もはっきりわからず、本当に自由にかけなくてしんどかった。

Procerateでドローイングとペイント。

3DCGの可能性ってなんだよ。

3DCGの可能性ってなんだよ。僕はわかりません。言った本人たちもわからないでしょうし、理解のないまま言っただけのことだと思います。ただね、3DCGに明るくない人に3DCGを説明するときは必要になることなんだよ。可能性があるって言っとけば納得すると思ったんでしょう、無いんだよ。偉そうにパーティクル散らかしてるだけではもうだまされないです。この件に関してはしつこいよw
ほんと、わからんし、言った人たちが土下座するまで言い続けるよwなんか隣の国の人みたいだw

何度も描いていますが、3DCGは作業効率を上げる以上のことができていないんです。時間と費用を無視すれば他に代替えがあるんです。これでなければできないわけじゃないんですよ、そこは謙虚にならないといけないなと思うんです。
この絵のように同じものを複数並べたり、バリエーションを作ることは容易であるのは3DCGの特性かなと思わないではないですが、手書きでも立体物でもできますよね。あなたはできないかもしれないができる人はいます。僕は画力不足で描けませんがこれと同じように寸分違わず描ける人もいます。ただし、時間はかかりますし、かかった分だけ費用も掛かります。このかかる分をシュリンクできるのが3DCGです。ってこれ可能性か?と思っちゃうんですよ。

そういうことはともかくとしても自分でデザインして立体データが作れてバリエーションを作って並べられると楽しいですよ。自分でデザインできてよかったなあ。

地救戦隊バイトメン

いくつかのダジャレで構成されている地球戦隊(じきゅうせんたい)バイトメン。
一時間で変身状態が解除されるので定時になっても敵を沈黙させられない場合は変身アイテムのフロッピーディスクを差し替える。
敵は……まだ考えていない。

to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】

異星人Q

特撮ヒーロードラマに登場する異星人のフィギュアをリペイントしようかと思いつつ、ずいぶんと放置してあり、異星人でも知性があれば全裸じゃなく服着てるよなとか知性があるのに両手が巨大なハサミなのはやっぱり変だよとか、一々考えていると更に放置することになり、考えているだけでは進まないし、絵にすることで考えをまとめようとしたら唯一フィギュアを利用できる顔の部分も全く違う形になってしまった。
左手の周りの部品は巨大なハサミ型の銃を転送、再構成しているところ。
という設定でライブドローイングのための練習をした。
油性ペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。

メカギドリ対ドテドン特報

mxd15sec01_fix180804 from murbozero on Vimeo.

多分、予告(という体裁の本編)は完成しないので、イベントの時に何もないことを防ぐための保険に作った。面倒くさいので全部自分です。却って面倒くさいんですけど、依頼するための説明が何より面倒なのでそれ以外の面倒は無かったこととして作っております。でも面倒だったな。

ドテ丼+焼き鳥の名前はまだ決まっていません。決まったら保険ムービーも修正する予定。