2019年12月6日のコーヒー。

12月6日は打ち合わせの日でした。ヒマなくせに二箇所。最初のコーヒーは打ち合わせじゃなくてランチ。次の打ち合わせの時間が迫っていたので申し訳なくカレーライスで素早く手早く。今回は所謂こだわりの珈琲店ではなかったが、意外と侮れない感じだった。ランチメインの時はいい感じかもしれないな。場所は教えないけど。

飲み終わったら急いで次の打ち合わせへ。地方でも中心市街地は自転車が便利だ。しかし駐輪場の場所からの移動を忘れていたので、そこからはもたもた走る。
場所はエクセルシオール。エクセルシオールというとスタトレっぽいのでビジュアル的には全くSF要素がないが、ホロデッキだと思えば何でもありだ。
打ち合わせはまだまだブレスト以前の粋を出ないがそれなりに状況の洗い出しは出来た。
コーヒーは普通のブレンド。普段は何も入れないが連続二杯目なので気をつかってフレッシュ入れる。当然気休めだ。味は普通。打ち合わせの時は普通が最高です。

ドテドン191202

描くたびに形が変わるドテドン。これも竜と春の樹と同じ日にライブドローイングしたものにProcreateで塗った。

このように画面を掃除して線画だけにして塗ります。
油性ペンで描いた時はA0かな?それくらいを撮影してA4で仕上げています。仕上げって言っても塗ってるだけです。

続きを読む

竜と春の樹

この前ライブドローイングした絵に色塗った。
そのままは塗りづらいので毎度の写真撮ってProcreateで塗っている。紙を繋いでいてその部分の始末が雑だったのであとから修正が面倒だった。

撮影して汚れなどを取った状態。この時点でA4までサイズダウンしている。

続きを読む

アニメオタクが描いたグラフィティ。

今回配布の電子フリーペーパー北極大陸第61号に載せたinktoberのトビラです。

全部色塗って簡単に説明描いたのにトビラを忘れていたのであとから書いたんです。これは油性ペンで描いていないです。全部Procreateじゃなくて、文字は先に油性ペンの四角いペン先の方で描いた。あ、やっぱりインクで描いてるね。紙に一旦描いて、それを修正しながらアウトラインを描き、色を塗ったのだった。
グラフィティにしたのは最近力を入れているふりをしている侍DOGSという企画のロゴタイプをグラフィティのようにしたくて練習していたことと、友人の企画の映画でアニメオタクと思われていた男が実は尖ったグラフィティを描いていたなる設定が出てきて、なんか偏ってるなあ、HIPHOP好きなやつでガンプラ作ってんのは普通じゃん、アニメ好きじゃん。と思ったので、それほどアニメに詳しくないがHIPHOPにも明るくないのでアニメオタクの体裁でサクッと描いてみた。ってこと。トラディショナルな書道より当然のように難しくない。ある意味誰でも完コピ可能。むしろきちんと法則性を文章化して誰でも描けるようなジャンルにしたほうがいいんじゃないかと思った。それはデザインのバリエーションを増やす一つとして。法則はないと言うかもしれない、しかしアルファベットより遥かに文字数の多い漢字ですら法則がある。その数が1万での1億でも法則であることは変わりない。
これに限らず、自分の傾倒する物事を崇高な位置づけにするのは虎の威を借る狐のようで僕は嫌いだ。

ライブドローイング191202とドテ丼

岐阜県坂祝町にあるロザリエッタで行われたマルシェロザリエッタ自由市場でドテドンともう一枚描いてきました。

真上のライトも手伝って何描いてあるかわからないですね。あかいろであたりが取ってあります。これはイベント中に完成できるようにするための作戦です。僕はクオリティよりも納期。納期を過ぎた超絶技巧は無意味。と思っています。超絶技巧が許される状況は知名度が高いことでしょうが、それは技工より知名度がほしい人々がいるのです。って時点で超絶技巧は期待されていないのだと思います。

続きを読む

北極大陸 第61号

電子フリーペーパーの北極大陸は第61号です。笛地静恵さんは短編、一千一渺物語の四回目。渡邊利道さんは主人の蝋燭を節約するためにすべてを暗闇の中で行うことの9回目です。弾射音さんはリビングデッド・シスターは34回目。僕は先月の一ヶ月間毎日絵を描くインクトーバーで描いた絵に色を塗ったもの全部です。古川モトイさんとドラゴンさん、渡辺哲也さんはお休みです。表紙は近所の建設中のビルです。こっそりカラコレしています。
という事でDLして読んでね!

北極大陸のダウンロード

北極大陸第61号は下記のリンクからDL出来ます。

北極大陸EPUB版ダウンロード 北極大陸mobi版ダウンロード

スマホでの北極大陸のDLは下記を参考にしてください。

バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
北極大陸バックナンバー

続きを読む