何度目かではない、Jokerを見た。

ジョーカー(原題/Joker)監督/トッド・フィリップス 2019年 アメリカ合衆国
JOKERはわかりやすい映画だ。何故ならばサブテキストになる映画がたくさんあるのでそれらを見、解説などを読めば初めて見ても理解出来るからだ。しかし、どのバットマン映画(アニメも含む)を見ていなくても話がわからないということはない。見ておいたほうがいいかもしれないが、そうなると70~80年代のアメリカ(NY)の社会情勢も知っておかないといけない。言い出すときりがない。それよりもほぼこの映画の下敷きになっているタクシードライバーとキング・オブ・コメディを見るだけでいい。それくらいこの二本が元になっている。キング・オブ・コメディに至ってはまるでこの映画のパート1のようだ。もう一本付け加えるならモダン・タイムスだ。キング・オブ・コメディの世界の中にタクシードライバーとして社会を彷徨うチャップリンがJokerだ。Vフォー・ヴェンデッタも見たことがあるなら楽しめるだろう。それくらいこの映画は様々な映画のオマージュを見ることができる。New York Timesではタクシードライバーとキング・オブ・コメディ露骨なマッシュアップとまで言われているね。あまりに端的な言葉だ。
ジョーカーはジョーカーの誕生、ビギンズナイトみたいな話ではあるが、これまでバットマンに出てきたジョーカーを期待するならダークナイトを見よう。こちらも期待するジョーカーとは全く違うがジョーカーらしさを最も表現していると思う。
他にも映画サイトなどで言及されている映画はいくつもあるが、言われていない中では北野武監督作品のソナチネまでの全部か、どれか一つでも見ておくといいのではないか。特に冒頭の子どもに襲撃されるのは、その男、凶暴につきを彷彿とさせる。

続きを読む

inktober 2019 19 SLING

また紙がクシャクシャにシワよってますけど、気にしないでください。僕は気にしていないので。
inktober 2019の19日目はSLINGがお題。スリングです。吊り下げるとか投石機とか吊り包帯とか、吊るす意味が多いです。スリングショット(ゴムカン)とスリングパニア―(銀河漂流バイファムというアニメに登場するラウンドバーニアンを総称とする大型ロボットの補助飛行装置)を思いついたので、そのままスリングパニア―を描くのはよくないのでモヒカンの鷹に吊るされてゴムカン(スリングショット)を撃つところにしました。WILDからの西部劇をイメージしています。
なんでスリングパニア―だったかと言うならば、かっこいいロボットの支援メカなのにパニア―の語感が間抜けだなと思っていたからです。もともとラウンドバーニアン自体がケレン味を重視したかっこよさより実用性を印象づける方向性のデザインだったのでこれでよかったのでしょう。

紙に油性ペン

inktober 2019 18 MISFIT

18日目のinktoberのお題はMISFIT。大文字で書いてあるので意味がわからなかったがミスフィットなので合っていないってことだろうな。改めて調べると環境に上手く順応出来ない人という意味もあるようだ。この環境を改造されたが順応できずに失敗した人が合わない服を着てずっこける瞬間にして描いた。

紙に油性ペン。

物語にとって都合の良い出来事について。

科捜研の女  File17 妻と愛人の事件簿
物語として出色とかではなくて、物語にとって都合の良い出来事というのは常にあります。むしろ都合が良くないと困るのです。しかしそれが読者、視聴者に丸出しではよくないのです。読者も困るでしょう。そんなときはたった一つの都合の良い要素が次々と不都合な条件を生み出していくと、都合が良かったことが目立たなくなります。それでは不都合なことばっかりになったり反対に嘘くさくならないか?と疑問になりますね。しかし、そうは思わないのです。実際の生活の中で都合の良いことと悪いことなら圧倒的に都合の悪いことが多いからです。実生活の中でありがちな状況に近いと不自然に感じることは少なくなります。科捜研の女のこの回は物語にとって都合の良いこととそれによっておこる不都合な条件がわかりやすく描かれていて参考になります。んー、わかりやすく見えてしまったらじつはよくないんだよなあ。

科捜研の女  File17 妻と愛人の事件簿 (期間限定の配信)
https://tver.jp/episode/63911237?fbclid=IwAR0_0TWxVEqd6lT336klK6XI4-3-QB1w3Nh-sLNgaHPI_r3KXejViC2Hi5Q

inktober用に描いた絵は色塗ってます。

どう思われているかは聞いていないので全くわからんが、以前仕事で絵を描いているときにミスコピーの裏などを使って描いていた時期があった。鉛筆で描いているときは内輪にしか見せないし、仕上げるのはスキャンしてパソコンなどのソフトで線だけ抽出して色を塗ったりするので何に描いても勝手なのだが、できれば新品の上質紙(所詮コピー用紙だよ)に描いてほしいと言われたことがあった。無視していましたけど。もったいないし、どうせ何に描いても同じじゃん。裏は見えないんだし。描いてるやつが不満に思っていないんだからなんだっていいじゃん。お前は一生ミスコピーの裏に描けって強要してたらダメだよ。

続きを読む

inktober 2019 17 ORNAMENT

17日目のinktoberのお題はORMANENT.。飾りとか装飾とかそういうもの。クリスマスツリーの飾りが思いついたのでクリスマスツリーのオーナメントだけ描きました。
くしゃくしゃの紙は毎度のわざとです。

紙に油性ペン。

プロが作ればそりゃ上手いです。

togetterで素人が作ったチラシをプロが作ったらこうなる、というのがありまして。たまに他所さんで見せてもらうチラシで僕がずーっと思ってることです。
でも言わないのは、お金かかるよ。と、他人の自尊心を傷つけて優位に立って仕事をするのは、よくないに決まってんじゃないか!と思うからです。
素人が作ったチラシだって、その人にとっては必死だし、上手く作ったと思ってるからね。ダメだと思ってるのなら仕方ないが、殆どの場合はダメだと思っていない。だからプロが作るんですよ!はその素人には通じない。

続きを読む

inktober 2019 16 WILD

WILDはinktober 2019の16日目のお題。野生とか荒々しいとか荒れ果てたとか云う意味。思いついたのが西部劇と頭山。適当に足しました。ガンマンが脳内から飛び出たようにも見える。
ずっとドローイングしか公開していませんけど、全部色は塗っています。そのうちまとめて公開予定。まずはinktoberを完走しないとね。

紙に油性ペン

inktober 2019 15 LEGEND

LEGENDは伝説、偉大な人という意味も日本で馴染んできましたね。だがしかし、伝説といえば巨神。銀河を切り裂く力のイデオンです。そのままはダメなので巨人と赤と肩が尖っているところを採用しました。岩にめり込んでいるのは太陽の王子 ホルスの大冒険の巨人です。頭は木がいっぱい生えていてアプリみたいになっていればよかったね。というのがinktober 2019の15日目のお題です。

紙に油性ペン。