iPod touchケースを改造する。3

これで一応の完成。

iPod touchケースと言っているものの、iPhoneでもAndroidでも同じことができるので適当に読み替えてください。
なんでケースにステップダウンリングをつけたかと問うならば、在庫のビデオ用ワイコンを付けたかったからです。あれは3年前らしいです。このあたりに書いていました。

続きを読む

iPod touchケースを改造する。2

蓋をしたPP板をカッターで削って整形。フェルトは思ったように切れず、切り口が毛羽立っている。ここは何らかの方法で改善したい。実用的には問題ないけどね。力がかかる部分なのでもう少し硬化まで待つ。

iPod touchケースを改造する。

使っているのがiPod touchだからこのケースであって、スマホなら何でも同じ。

ケースが透明でなんだかわからんね。大切なのはステップアップリングをレンズの位置に接着しているところです。これはゼリー状瞬間接着剤を使っています。量が多かったのであちこち白濁しました。拭けばいいので作業を進めます。
ただ接着しただけではケースからはみ出た部分が筒抜けなので蓋をします。できればスチロール樹脂とかアクリル板が良かったのですが、見当たらない価格が高すぎるなど今回の条件に合わないどころか買いに行ったら在庫がないんだよ。仕方なくセリアに行ったらPP樹脂板しかなく、不透明なものはベージュで黒が良かったので、店内を回ったらかばんを作る素材でかばんの底に置く板として黒色のPP板があったので購入。改めて考えると、加工のしやすいスチロール樹脂といえばプラバンじゃないか。白いけど黒いフェルトを貼るので黒じゃなくても良かったじゃんなんだけどすでに接着は終わっていた。

ケースからはみ出た部分はPP板で塞いでいるが、おおよそあたりをつけてクラフトチョキで切り出し、接着後不要な部分を切り落としている。まだ乾燥中なのでもうしばらく待ってから更に整形する。
スマホケースの反射があるので化粧以外の意味でもステップアップリング内に黒いフェルトを貼る。形は現物合わせで上手いこと入った。乾燥を待ちながら白濁した部分や接着剤が不用意についた部分をシンナーなどで拭き取る。この辺りは慎重に作業する。
クラフトチョキはデットプールカラーだ。

ジンバルはセッティングに時間がかかる。

気持ちの余裕ができたのでWEEBILL Sのセッティングをする。グリップ部分にはほぼ同時期に購入したSMOOTH 4の三脚を取り付けている。これは暫定処置。少し使ってみてこれで良ければこのままにする予定だった。
セッティングは開封直後にとりあえずカメラを載せたときはトップヘビーでやっぱりこのレンズでは使えないのかとしょんぼりしていた。改めてバランスを取ってみるときちんと出来ました。カメラが古いのでジンバルからカメラをコントロールする機能はほぼ使えない。それは予めわかっていたのでいいんだけど、カメラを乗せるとかなり重い。僕には片手で持ち続けるのは難しい。(出来ないことはない)せっかくなのでモーターでズームリングを操作するオプションパーツも同時に手に入れてセッティング。これをつけると当然バランスは取り直し、ホイールでコントロールできるので使い勝手が向上する。戻るがセッティングにすごく気を使う。カメラ側につけるゴム製のギア。これをきちんと真円になるようにつけないと当然コントローラー側のギアと噛み合わない。しかしここは物理的な機械かつ、エラーに対応してくれないので、噛んでなくてもモーターは動いてるんですよ。ブーブーいいながらカメラ側のギアを舐めていくので物理的にも精神的にもよくない。かなり強めに歪まないように丁寧に巻き、ガッチリモーター側のギアと密着するように調整する。これさえできればホイールでスカッとズームできる。とは言えフォーカスはリングを手で回さないといけないので撮影中にズームするのはやや難しい。

続きを読む

ライブドローイング用のイーゼル的なものの改良1

養生シートを養生テープで固定したが固定できずに脱落が人いので養生シートに穴を開けてハトメをつけてビニル紐で縛って固定した。

今の所固定できている。壁に立てかけるのならこのままでも完成でいいかな。自立するにはかなり足りない。

ライブドローイング用のイーゼル。

もう外で描いていないから作り意味あんのかと自らに問いたいが、これからやるんだよw!ってことで、塩ビパイプを組み合わせてフレームを作りました。これまでは単に壁に養生シートやプラダン(プラスチックでできたダンボール構造のもの)などを直接養生テープで貼っていました。この方法は壁をそれなりに傷めますし、平面がないときなど結構困るんです。壁がないときは描けないです。これらを解消するためにイーゼルを用立てたいと思っていたんですよ、しかし、あ、ちょっと長いよ。イーゼルは高いし、そこまでの描かないし、マーカーで描くときに以外に力をかけてしまうので倒れやすいし。ということで自作を考えたものの、結構面倒。そしてもう一つ考えなければならないのが移動。このは高さが2m位あるのです。一般的な車では運べないのです。運ぶためには組み立て式か変形しないといけないのです。これが面倒。面倒ばっかり。
他所で塩ビパイプを使って工作しているのを見かけまして、これならコストと、組み立てやすさを両立できると思い、材料を揃えました。

続きを読む

カメラの撮影練習200818

仕事のカメラ、QooCam 8Kの練習。三脚を借りてくるのを忘れたので自前のDJI OSMO Pocet用の自撮り棒とZHIYUN SMOOTH 4 のミニ三脚を組みわせて代用しています。高さがないので人の視点から遠く、目的とは違う感じになっている。
未だ練習中なので作例すら見せられないが、撮影自体は簡単で、難しいのはどうやって撮るか。WiFiなのに遮蔽物があったり、5m位の距離でも全く通信しなかったり、かと言って何度か撮影すると先に書いた条件でも通信できたり、反応にむらがある。
もう一つ問題は隠れる場所だ。360度写ってしまうのでカメラに見えない場所に隠れなければならない。室内ならその場所はあっても屋外は難しい。今回は隠れられる木のある場所を見つけて撮ったけど、何もなく広がる芝生などは隠れられないので未だ解決策が見つからない。なんとなく偶然写り込んだ人を装っても限度がある。何にしろカメラから近い位置なので不自然なのだ。青いシートなどかぶって位置を開けて二枚撮って合成するとか。できるだけ手数は少なくしたいのでシャッター押すだけにしたいね。

筆置きを作った。

スーパーなどに併設されているwats(?名前は忘れちゃった)100円均一ショップで見つけた珪藻土製の棒、四個入りを削って作りました。吸水性が高いのでいいんじゃないかと思ったり、柔らかいので削りやすいです。ヤスリは鉄の丸棒ヤスリ。目詰まりがひどいので作業後はワイヤーブラシで掃除が必須。模型用の筆以外も置くのです。